外部サイトへ移動します
FASHION MAY 01,2021

アーバンリサーチとアーバンリサーチ ドアーズの別注スニーカーがなんでスゴイのか?
とことん話してみた


左:ニューバランス×アーバンリサーチ ドアーズ BB480L
右:アディダスオリジナルス フォー アーバンリサーチ スタンスミス

スニーカーブームの今、周りと差がつくシューズが欲しくなりますよね!でも大人っぽく履けるモデルって、そう簡単には見つからない……。いつもの定番でいっか~ってな人は、アーバンリサーチとアーバンリサーチ ドアーズにお任せください。あるんです、格好のモデルが! しかもアディダスのスタンスミス、今をときめくニューバランスのバスケットボールシューズと大人も安心の銘柄で、周りを出し抜ける別注デザインときた!! すると「これは使える!」と、業界きってのスニーカー通であるエディターの小澤匡行さん、スタイリストの武内雅英さんが太鼓判。別注を手掛けたアーバンリサーチとアーバンリサーチ ドアーズのバイヤーを交え、何がいいの? スゴイの!?を識者から見たガチンコトークでとことん掘り下げてみました!

※撮影時のみマスクを外しております。会話中はスタッフ全員がマスクを着用し、一定の距離を空けるなどコロナウイルス感染拡大防止対策を施したうえでインタビューを行っております。

教えてくれたスニーカー通たち

(左から)
アーバンリサーチ ドアーズ バイヤー 陳内寛之
エディター 小澤匡行さん
アーバンリサーチ バイヤー 佐藤祐輔
スタイリスト 武内雅英さん

「注目の’80sバッシュで、あえてのニューバランスを狙いました」
陳内

「スポーティなセットアップと合わせると、鮮度が引き立ちますね」
武内さん

小澤 アーバンリサーチの別注スニーカーといえば、昨年のアディダスのスーパースターが話題になりましたよね。スタンスミスのカラーで作るのはユニークでした。

佐藤 ありがとうございます。それ私が担当した別注なんです。個人的にスタンスミスは一番好きなスニーカーで、スタンスミスのオリジナルカラーでスーパースターを作っちゃいました(笑)。

陳内 では今回のスタンスミスの別注も、かなり力が入った?

佐藤 そうですね。今回の別注は過去のアーカイブにもないスタンスミス、という難題に取り組み、グレーのスタンスミスを狙ってみました。

武内 確かに、ほとんどイメージがないですよね。

佐藤 じつはそうなんです。グレーは少ないんです。ありそうな普遍的な雰囲気もあって、これはいい色だと思いました。またグレーはアーバンリサーチ2021春夏のシーズンカラーで、トレンドにものっていける。ホワイトソールとのモノトーンカラーも大人っぽくクリーンに履けるのがいい。個人的にも手応えのあるカラーチョイスでした。

武内 あと、いつもはあるはずの、アッパーの「STAN SMITH」ロゴがありませんよね?

佐藤 よく気付いてくれました! 個人的にスタンスミスは70年代のフランス製のモデルが大好きで、それにはロゴがないものがあるんです。これをヒントに、グレーでロゴなしだとよりミニマルでモダンなムードが高まって、今の気分にもピッタリだと思ったんです。

武内 なるほど、そんなアレンジもしてるんですね。たしかにグレーは着こなしでも合わせやすい色だな~。今はスニーカーのトレンド的に、定番でも真っ白のコートシューズって少し気恥ずかしいっていう人もいるし、グレーだと白よりも上品で取り入れやすいですよね。

小澤 直球の白よりもグレーは多くの人が取り入れやすそうですね。

武内 でもアーバンリサーチ ドアーズ別注のニューバランスはバスケットボールシューズがベース。今っぽいボリュームがあって、コート系の白でもこっちは問題ないね。

小澤 ところで陣内さん、ニューバランスのBB480って、昔あったPRIDE480がベースですか? ただこんなローカットってあったっけ? と思って。

陳内 そうです。ハイカットだったPRIDE480をベースに、ローカットにアレンジしたものなんです。

小澤 そうなんですね。私は90年代の学生時代にバスケットボール部だったのですが、当時すごく人気があったので懐かしいです。

武内 え、そうなんだ。コンバースとかと同じくらい?

小澤 私の周りではコンバースに迫る人気だったイメージがありますね。ニューバランスは80年代にNBAのレイカーズの黄金期を支えた、ジェームズ・ウォージーとNBA史上初の100万ドルを超える大型契約を結んだり、NBA選手の着用率が増えていたんです。

武内 へ~、そうだったんだ。ちなみにニューバランスといえばランニングシューズってイメージがあると思うんですが、陣内さんはバイヤーの目線としてバスケットボールシューズが気になってたんですか?

陳内 はい、最近はエア・フォース1など、80年代のレトロなバスケットボールシューズに勢いを感じていました。ニューバランスのバッシュという選択は、王道のランニングから差別化できるのもよかった。また過去のアーカイブに白×グレーの大人っぽく雰囲気のあるモデルがあって、これを参考にしたらカッコいい別注ができるのではないかと思ったんです。ローカットも履きやすく、着こなしに合わせやすいのもいいと思いました。

小澤 最近は’80s顔のバッシュ、レトロなコート感が注目されています。あとアッパーのNロゴの縁やソールなど、さりげなく上品なグレーが使われてますね。こうしたボリューム感のあるバッシュって、ともすると子どもっぽくなりやすいんだけど、ニューバランスらしい品のあるグレーが効いてて、大人でもすんなり履けますね。

武内 スタンスミスと同じで、ニューバランスでもグレーがキーになってるんだね。

陳内 はい、先ほど佐藤も話していたように、今季のトレンドカラーでスタイリングにも使いやすいと思います。

武内 そうですね、ニューバランスも一段と取り入れやすく仕上がってますよね。

陳内 ところで武内さん、今回はスタンスミスとBB480Lを使ってスタイリングしてもらいましたが、どっちもセットアップでキマってますね!

武内 スタンスミスとBB480L、どちらも万能ってくらい使いやすいんだけど、選びの参考になればと思って、今回はどっちも今どきのセットアップでスタイリングしてみました。共に王道のデニムに合うシンプルなモデルですが、セットアップだとより鮮度ある着こなしになると思います。どちらかといえば、ビジネススニーカーにも使えるほど上品なスタンスミスは、キレイめなカジュアルに。BB480Lはスポーティなセットアップで引き立つ気がしますね。

佐藤 たしかにデニムやチノとはまた違った見え方がして、いいですね!

武内 生地もリネンなどの天然素材よりも、サラッと着られる化繊だと年齢を問わずに合わせやすいと思いますよ。ミニマルなコーディネートで年配の人が着ていたらカッコよさそう。

小澤 あとローカットにしてもバッシュ風の直線的なカッティングではなく、ニューバランスのランニングシューズのような履き口の形にアレンジされているので、定番の1300や576を好きな人も、取り入れやすいと思います。品番のタグを隠すとランニングの996みたいな雰囲気もありませんか? でもフラットなアウトソールで今っぽいバッシュらしさがあるのがいいですね。

陳内 さすが小澤さん! 的確なポイント解説ありがとうございます(笑)。

小澤 いえいえ(笑)。ちなみにインソールのデザインって、当時と同じなんですか?

陳内 いえこれはバスケットボールコートをイメージした、ウチの別注デザインです。履き口からバスケットボールがのぞくようにしています。

武内 話は変わりますが、そういえばスタンスミスは意識も現代的というか、サステナブルも一つのテーマだとか。

佐藤 そうですね。地球環境に配慮したアディダスの高性能リサイクル素材、「プライムグリーン」をアッパーに使っています。弊社でもサステナブルな取り組みは欠かせないものになっていて、プライムグリーンを見せてもらったときに、この人工皮革のクオリティなら間違いない。それにインラインのスタンスミスでも、半分以上のモデルがプライムグリーンを使っているそうです。世界的なトップセラーでこうした取り組みをすることは素晴らしいことだと思いましたし、ルックスのクオリティも落ちていない。それなら私達もぜひプライムグリーンを使わせてほしいとお願いしました。

小澤 グレーカラーの用意はあったんですか?

佐藤 いえ、グレーはなかったので色出しから作ったものになります。

武内 へ~、そう聞くとまた素晴らしい仕上がりに感じますね!

小澤 そうですよね。10年ほど前から、スポーツメーカーから環境を意識したモデルが出始めたけど、当時は見た目からいかにも環境プロダクト、みたいにアピールしてるモノが多かった。それだとファッションとして使いにくかったんですよね。でも今はサステナブルの第2世代というか、見た目もナチュラルでカッコよくて、地球環境に配慮したアイテムを使うことができる。それに佐藤さんがお話しされたように、ブランド一の人気モデル、スタンスミスでサステナブルな取り組みを行うのが素晴らしい。たくさん売れることでサステナブルな考えも広まっていくでしょうし、アーバンリサーチの方針もスマートに伝わりやすいですよね。

武内 今日お話しできて、今後のお二人のセレクト、別注企画がますます楽しみになりました!

佐藤 こちらこそありがとうございました! これからも大人のスニーカー好きに響く企画を考えていきます!

陳内 今後のアーバンリサーチとアーバンリサーチ ドアーズのスニーカーラインナップにも、ぜひご期待ください!

ホワイトにグレーを効かせた上品なモノトーンアクセント
ランニングシューズに似た履き口で、NB好きも取り入れやすい
80年代の名品、「PRIDE 480」がベース!
クッションのいいインソールは、コートデザインで特注!

「史上初のグレースタンスミスはサステナブル素材で色出しから別注」
佐藤

「サステナブルな取り組みはスタンスミスでやるからこその意味がありますね」
小澤さん

STAN SMITHロゴのないミニマルデザイン!
上質かつ地球に優しいプライムグリーンアッパー
初のグレースマイルも上品に見える♡
海洋プラスチック廃棄物をアップサイクルしたプライムグリーン

COORDINATE

ブラックのオープンカラーシャツ、スラックスのセットアップを軸にしたクリーンなカジュアルコーデ。スタンスミスと同じグレーのカーディガンを羽織れば、まとまりあるレイヤード感も得られる。白Tのインナーで軽快な抜けを作るのもオススメ。

軽量、撥水、速乾、UVカット機能を備えたサプレックスナイロンのセットアップでコーディネート。BB480Lとスポーティな親和性がありつつ、トップスはカジュアルなカーディガンで街コーデにも馴染みやすい。程よいボリュームのあるBB480Lとワイドパンツの相性もいい。BB480Lとモノトーンのグレーセットアップゆえ、落ち着いた印象で着ることもできる。

アディダスオリジナルス フォー アーバンリサーチ
スタンスミス エクスクルーシブ

¥14,300 (税込)

海洋プラスチック廃棄物をリサイクルして作られた、アディダス独自の人工皮革、プライムグリーンを使用。ほとんど定番のスムースレザーと変わらない高級感ある表情で、ナチュラルにサステナブルな貢献ができるモデルだ。スタンスミス初のグレーカラーは、持ち前のクリーンな表情に落ち着いた品のよさもプラス。デニムからクリーンなスラックスまで、一段とモダンな着こなしが可能になる。白とグレーの2色のシューレースが付属。

ニューバランス×アーバンリサーチ ドアーズ
エクスクルーシブ BB480L

¥11,550 (税込)

スニーカートレンドとして注目を集める、ニューバランスのバスケットボールシューズを別注。1980年代の名作「PRIDE 480」をベースに、当時のバスケットボールシューズとしては珍しい、白×グレーの上品なモデルからインスパイアを受けた色使いがポイント。オール白のように見えて、細部に微妙にトーンの異なる、グレーの大人びたコントラストが効いている。今どきのボリューム感も、旬の着こなしにピッタリの一足だ。

PROFILE

エディター
小澤匡行さん

ファッション誌、ブランドカタログで活躍する傍ら、著書に「東京スニーカー史」をもつスニーカー博士。今夏新著を発売予定。

スタイリスト
武内雅英さん

ファッション誌、広告で活躍する敏腕スタイリスト。上品で大人っぽいスタイリングにファンが多い。学生時代から誰もが羨む激レアモデルを、多数所有していたスニーカー通でもある。

アーバンリサーチ バイヤー 
佐藤祐輔

2008年からアーバンリサーチ 渋谷店のスタッフを務め、2011年にバイヤーに就任。フランス製時代からのスタンスミスを溺愛し、今季ついに念願の別注を実現した!

アーバンリサーチ ドアーズ バイヤー 
陳内寛之

アーバンリサーチ ドアーズ 広島店店長を務めたのち、関東店舗のエリアマネージャー、2018年よりバイヤーへと転身。かねてからスニーカーが大好物だが、一番はやっぱりニューバランス!

FEATUREおすすめしたい記事

page top