外部サイトへ移動します
松井 文 DEC 22,2020

私はパラスポーツを知らない Vol.3

パラ卓球撮影初日、素晴らしい方々との出会い。


こんにちは。写真家の松井です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
ずいぶんお久しぶりとなってしまいました。
今年は本当に、本当に大変な一年でございました。
今回この記事、そして写真展も、オリンピックパラリンピックに合わせ行う予定でした。

いろんなことが延期になり、何も動くことができないもどかしさ
見えないものへの恐怖、本当に怖いです。
まだまだ先が見えませんが、なんとか前に進んでいきます。

みなさまもどうかどうか、お身体には気をつけて。
感染された方は、1日も早い回復をこころよりお祈り申し上げます。

さて、前回は記者会見にて撮影させて頂いたことを書きました。
今回は実際の大会での試合を撮影した時に感じたことを書きたいと思います。

某日、大阪での大会。
会場に入ると、私も緊張して『ふぅ』と短く息をはかずにはいられないような空気が漂っていました。

この空気の中戦っている人たちがいること。
目の前でそれが起きていること。
間近で見られることに対しての感謝の気持ちで臨んだことを覚えています。

会場ではずっとパラ卓球の試合の熱を肌で感じていました。
撮影していく中で、カメラを構える度、この会場で瞬間を切り取れる事の喜びを覚えておきたい。
そう思いながらの撮影でした。
本当に全員がかっこよくて。選手としての闘志というものは、これなんだ。そう感じました。

一息ついていると、2回目にお会いするコーチや選手の方々が、にこやかに話しかけてくださり、緊張がほぐれたこともありました。
素晴らしい方ばかりで、その日もまたたくさん勉強させて頂いたのでした。

大会中でも、選手の緊張がほぐれた瞬間もありました。
全力で集中している中、そんな時にほろっと出る笑顔にすごく魅力を感じました。
この大会で撮影できた事が幸せでなりません。

さて、しばらく更新できませんでしたが、今後はより一層頑張りますので何卒宜しくお願い申し上げます。

次回はパラ卓球の選手が都内でイベントを行った際の記事と、展示会のお知らせを書かせて頂きます。

PROFILE

松井 文 写真家(Leica TL2)

業務提携 : オスカープロモーション

FEATUREおすすめしたい記事

page top