外部サイトへ移動します
松井 文 JAN 15,2020

私はパラスポーツを知らない Vol.1

パラスポーツと聞いても、ピンとこなかった私。しかし、今は違う。


こんにちは。写真家の松井です。
突然ですが皆様は「パラスポーツ」と聞いて、どのような感情が芽生えるでしょうか?

大変失礼なお話ですが、私は数ヶ月前まで
「パラスポーツ」と聞いても特に何も思う事がありませんでした。
そもそもあまりスポーツを観ないからなのか、テレビが家にないからなのか。

障害者スポーツへの興味は漠然とありましたが、知識は0に等しかったと思います。
知識に関してはむしろマイナスだったかもしれません。

そんな私に「パラ卓球の選手達を撮影してほしい」と依頼があったのは数ヶ月前のことでした。

普段スポーツは撮影しないので、どうして私なんだろうという気持ちはありましたが、
素直に嬉しかったことを覚えています。
障害者スポーツに触れられることも。

私に依頼して下さった方は、その理由として「笑顔をテーマに撮影しているから」とおっしゃっていました。
そしてその方は、「選手達の笑顔をとらえてほしい」という事と
パラスポーツについても色々と話してくださいました。

パラスポーツを観た事がある一般の方は1パーセントくらいと言われている事。
イベントを行ってもネガティヴな感想があった事。
笑顔を切り取ってポジティヴなシーンをもっと出したいという事。

私は少しの時間言葉を発する事が出来ませんでした。
協会の広報の方が話すリアルと熱意。

そのどれもが心を掴んで離さないものでしたが
当時私はそのお話を、やはりお仕事の情報としてとらえておりました。

しかし撮影初日に、それまで抱いていた漠然とした興味と感情が全て覆ることになります。

PROFILE

松井 文 写真家(Leica TL2)

業務提携 : オスカープロモーション

FEATUREおすすめしたい記事

page top