外部サイトへ移動します
粟野 龍亮 AUG 21,2021

TINY GARDEN FESTIVALの火は蓼科に灯り続ける


こんにちは、TINY GARDEN 蓼科の粟野です。
まずは本リリースにありますように、9月4、5日に予定しておりましたTINY GARDEN FESTIVAL 2021は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となりました。

今回は自分自身も実行委員会として開催準備を進めており、(実は2020年度も公表前に中止となりましたが開催を検討していて)2年越しの開催を目指していたので大変悔しく、そしてご来場のみなさまへはこのタイミングでの中止の判断となってしまったことを大変申し訳なく感じております。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

ただ一つだけ言わせてください。
“TINY GARDEN FESTIVALの火は絶えず、蓼科にて灯り続けます”

そう、今年度の開催は中止となりましたが、我々にはキャンプ場を含む滞在型の複合施設「TINY GARDEN 蓼科(以下、TG蓼科)」があります。ここは2013年より続けてきたTINY GARDEN FESTIVALで育まれたお客様や取引先とのコミュニティをきっかけに2019年に誕生した空間。

2019年まで開催を続けてきた群馬県嬬恋村の「無印良品 カンパーニャ嬬恋キャンプ場」に比べると規模は小さいのですが、同じく湖のほとりに位置していて、標高1250mの冷涼で澄んだ空気を味わえる環境が広がっています。どこか親和性を感じるロケーションです。そして本館ロッジ、キャンプエリアのキャビンとテントサイトという3種類の客室と温泉、ショップ、カフェ、コワーキングスペースというTG蓼科ならではの新しいコンテンツを揃え、お客様ごとに自然の中で日常と非日常をゆるやかに楽しめる複合施設になっています。

フェスという一種のお祭りとしての賑やかさはありませんが、その裏側にある“自然の中で過ごす豊かさ”、そして“アーバンリサーチの描く衣・食・住・遊の世界観”はこの施設を通じてこれからもみなさまに常にお届けし続けていきます。

『チャンスがあれば2022年の開催を目指していきたい』という実行委員の意向は強いのですが、正直この外的要因がいつ終息するのかを予測するのは難しい状況ですよね。
こんな時代だからこそ、0か100かではなく、フィールドをもっているという強みを活かし、手の届く規模の新たな取り組みを重ねていくことでお客様とのさまざまな時間を共有し、新たな過ごし方や働き方をこの土地から発信していければと思います。そして、また2019年以来の開催としてリベンジできる時が来るのを待ち続けます。

最後に、TINY GARDEN FESTIVAL 実行委員の一員であり、TG蓼科の施設責任者という立場としてこの中止を受けて感じるのは、改めて今回のご参加を楽しみにしてくれていたお客様、そして施設が生まれるきっかけを作ってくれた過去のイベント参加者への感謝です。

TG蓼科もオープンしてから9月で2周年。フェスは中止となってしまいましたが、通常営業は行なっております。
施設が2年間ここ蓼科で新たに積み上げてきた関係性を活かして、施設主導でできるささやかなおもてなしを訪れる方々へ提供できればと思います。もしよろしければ秋の蓼科に流れる時間をご一緒しませんか?


※ 以下のイベント等については、新型コロナ感染拡大防止策の観点から、宿泊者限定かつ収容人数の範囲内でのサービスとなりますことをご了承ください。

焚き火料理+トークセッション|顔の見える食卓(by 旅する料理人 三上奈緒+TINY GARDEN 蓼科)

この土地で、手の届く生産者と共に、ひとつの焚き火料理を。
火を起こし、薪を焚べ、焚き火で調理をする。
火を囲い、土地の恵みを感じながら、料理を味わう。
旅する料理人 三上奈緒さんをコーディネーターに迎え、TINY GARDEN 蓼科がOPENして2年間で出会った生産者たちと一緒に、焚き火で作る特別ディナー会です。併せて、三上さんと生産者を交えたトークセッションを行います。
土地の恵みを共に味わいながら、地域の魅力やこれからの食の未来について、みんなで語りあいませんか?

スケジュール:9月4日(土)
 14:00〜15:00 火おこし体験(参加は任意) 
 18:00 焚き火ディナー提供    
 19:00〜20:00 トークセッション(1ドリンク付き)「この土地の食と暮らし、今とこれから」
メニュー: その日限りの地元野菜と鹿肉のパエリア 限定50食 
料金: ¥2,500 (税込)/名(小学生以下は半額)
会場: TINY GARDEN 蓼科 キャンプエリア

※ 料金に含まれるもの:1プレート+トークセッション参加費
※ 限定50食 事前予約優先
※ お皿やカトラリーは現地にてご用意しております
※ 屋外にテーブルやテントを配置した会場となりますのでウインドブレーカーなど羽織ものをお持ちください (予想最低気温15〜20℃)

コーディネーター:三上奈緒 旅する料理人
https://www.naomikami.com/

東京農業大学卒。日本各地にて「顔の見える食卓作り」をする。
地域の見えないを食を通して見える化する。地域の点を繋いで線にする。
目で見て肌で感じたものが全て。全ては自らの足で歩く。
子どもたちへの食教育として、Edible schoolyard japanのchef teacherも行う。焚き火を囲み、自然の恵みを料理して、一つの食卓を作る喜びを。食卓から未来を想像する Around the fire プロジェクト開始。
旅先にて生産者を訪問し、その場で集まった食材で料理をするのがライフワーク。
海に山に川に、料理のフィールドはどこへでも。石を組み、木でアーチを組み、焚き火で料理する、プリミティブな野外キッチンを作り上げる。生きる力を学んでいる旅の途中。

焚き火ナイト|キャンプファイヤー

星空の下、標高1250メートルのキャンプ場で高原の空気を感じながら焚き火を囲みませんか?
心地良い音楽とワインやクラフトビールを片手に家族や仲間で語らい、白樺の木々に囲まれたキャンプエリアに流れゆく自然なひとときをお楽しみください。

日時:9月4日(土) 20:00〜
料金:宿泊者は無料
※ 予約不要

SUP体験 on 蓼科湖(by 八ヶ岳アドベンチャーツアーズ)

蓼科湖では初、会場目の前の蓼科湖でSUP体験ツアーが開催されます!ガイドがついたアクティビティなので初心者の方でもおすすめです。1周1kmの穏やかな湖での時間をお楽しみください。

日時:9月5日(日) 10:00〜16:00
料金:1回60分 ¥2,000 (税込)/1名 (ガイド料、保険料、道具一式全て込み)

※ 事前予約優先、当日受付もあり
※ 持ち物:水着や濡れてもいい格好、かかとが付いているサンダル、帽子、サングラス(落下防止のストラップなどあれば尚良い)、タオル
※ 小学生のみの参加はできません(保護者同伴にてご予約ください)

テントサウナ体験 (by TINY GARDEN 蓼科)

HYTTERとTINY GARDEN 蓼科、それぞれのサウナが集合!小屋をリノベーションしたアウトドアサウナ「HYTTER SAUNA CLUB」とテントサウナ「mobiba MB15」、水風呂をご利用いただけます。自然に囲まれた開放的な空間でととのう、キャンプ場でのサウナ時間を過ごしませんか?

日時:9月4日(土) 13:00〜18:00 / 9月5日(日) 10:00〜14:00
料金:¥1,500 (税込)/1名

※ 事前予約優先、当日受付もあり
※ 1回60分ごとの交代制
※ 各回定員:2名〜8名まで
※ 水着またはスポーツウエアをご持参ください

シルクスクリーンワークショップ、他(by アーバンリサーチ ドアーズ)

TINY GARDENオリジナルのデザインを含む、たくさんのバリエーションの中から選んだ版のデザインを、お好きな色でオリジナルエコバッグにプリントします。
あなただけのエコバッグを一緒に作りませんか?
お子様も楽しんでいただけるイベントです。

日時:9月4日(土)、9月5日(日) 各日11:00〜
所要時間:15分程度
料金: ¥1,000 (税込)(版のみ・1版 ¥500)
※ 当日会場にて順次受付を行ないます。
※ 混み合っている場合は、順番にご案内いたします。

お箸づくりワークショップ(by アーバンリサーチドアーズ)

URBAN RESEARCH DOORS オリジナルグッズライン「DOORS LIVING PRODUCTS」のお箸の素材を使い、ご自分の手のサイズにぴったりのお箸を作るワークショップです。
お箸が出来上がったら残布の箸袋を作って完成。ぜひ、あなたに合ったオリジナルのお箸を作ってみてはいかがでしょうか?

日時:9月4日(土)、9月5日(日) 各日11:00〜
所要時間:30分程度
料金:¥1,000 (税込)
※ 当日会場にて順次受付を行ないます。
※ 混み合っている場合は、順番にご案内いたします。

▼上記に関するお申し込み・お問合わせ
TINY GARDEN 蓼科
TEL:0266-67-2234
E-mail:contact-tinygarden@urban-research.com

PROFILE

粟野 龍亮 TINY GARDEN 蓼科 企画・地域コーディネーター

東京都大田区育ち。2年前より山の暮らしに憧れて長野県茅野市に移住。
アーバンリサーチの展開する「かぐれ」に所属後、結婚・出産を機に三重県伊勢市へ移住し、旅行業界へ転職。その後、2017年に長野県茅野市へ移住して、地域おこし協力隊として行政と連携しながら地域資源を活かしたツアー企画を行う。2019年夏より古巣アーバンリサーチの運営するキャンプ場「TINY GARDEN 蓼科」の企画・地域コーディネーターに就任。

FEATUREおすすめしたい記事

page top