外部サイトへ移動します
粟野 龍亮 MAY 01,2020

暮らしを整える、おうちでキャンプ時間を


こんな時だからこそ、おうちでも丁寧な暮らしを心がけませんか?

在宅勤務で会議もオンラインなので、シャツは着るけど下はスウェットという在宅リラックススタイルを提案するニュースを最近よく見かけますが、個人的には少し違和感を感じてしまいます。

「衣食住」は生活に必要な3要素なので、逆にもっともっと重要なものとして捉える方がいいのではないでしょうか。

というのも自己管理能力に自信がない自分だけかもしれませんが、日常生活にメリハリがつかずだらだらとしてしまい仕事モードに切り替わらないんですよね。ネクタイを締めると気が引き締まるように、こんな時期だからこそ着るものや食べるもの、住まいに気を使わないといけないなというのを感じます。

衣服や食事、住まいは忙しい日常の中ではついつい無意識的になってしまいがちで、また時には娯楽の一つと捉えられるかもしれませんが、常に僕たちの身体や心に寄り添うもの。実は暮らしにさまざまなエネルギーやリズムを与えてくれているインフラ的な役割なんだというのを最近改めて考えています。

そんなことで、衣替えをしながらいつもとちょっと違うコーディネートをしたり、塩麹やベーコンなど普段は買っている調味料や保存食づくりにチャレンジしてみたり、部屋のレイアウトを変えて整理整頓を心がけたり・・とにかく丁寧な暮らしを取り戻そう!と意気込んでいるのですが、最近よく実践していておすすめなのが「キャンプ飯」です。

趣味のキャンプや登山気分を楽しめるのもそうなのですが、日常の中で非日常を取り入れると気分転換にもなるし、“ワンバーナーで、子どもとも一緒にでき、食卓にあるもので完結する”ので始めやすいんですよね。

先日作った料理を一つだけご紹介。
お店でも販売しているDOORS GROCERYのさば缶を使った、「さば缶と季節野菜の炊き込みご飯」です。

▼材料
・ さば缶 1缶
・ お米 2合
・ バター 15g
・ 季節の野菜(今回は菜の花) 適量
・ 水 300ml

▼作り方
① 鍋に洗ったお米と材料を入れます。
② 強火で沸かし、水蒸気が出てきたら弱火にして15分ほど炊きます。
③ 火を止め、5分ほど蒸らして完成です。

その他のキャンプ飯はTINY GARDEN 蓼科のインスタグラムにて紹介しています。
TINY GARDEN (@ur_tinygarden)

料理自体は簡単なのですが、ワンバーナーやスキレット、ナイフなどのギアを取り出して、外を眺めながら家族でご飯を食べて、次のキャンプをイメージしながら道具をメンテナンスする時間はささやかながらキャンプ気分を感じられるいいひととき。

アウトドアシーンで活躍するウェアを身にまとい、テントを立てて、限られた道具と食材で料理を楽しむ。衣食住をその場ですべて作り出すキャンプという行為には、日々の暮らしを見つめ直すという意味でも人々を魅了しているのかなあというのを強く感じています。

今、僕たちの運営している長野県にあるTINY GARDEN 蓼科では宿泊施設として休業しながら、フードのテイクアウトとショップの通販対応のみでぎゅっと縮小しながら営業しています。
(※上記営業形態に関しては5月6日(水)までの予定です。)

キャンプしていただくことはできないのですが、みなさんの高まるキャンプ熱に応えるべく、少しずつオンライン上でキャンプシーンを共有していきたいなと準備を進めています。

もしご興味あればおうちでキャンプ気分を味わい、そして丁寧な暮らしを心がけていいGWをお過ごしください!

▼TINY GARDEN 蓼科 おうちでキャンプ

5月3日(日) 16:00〜 「ご自宅のお庭でチャレンジ!TINY GARDEN 蓼科オススメキャンプ飯」
※施設のある茅野市が企画するYouTubeチャンネルでのライブ配信になります
https://youtu.be/eBzYC8bWNRE

5月6日(水) 10:30〜 TINY GARDEN OPEN DAY インスタライブver.
— 現地からキャンプ場の様子やショップなど施設の情報をお届けします
TINY GARDEN (@ur_tinygarden)

5月9日(土) 18:00〜 焚き火ナイト インスタライブver.
— 毎週土曜日に実施してきた焚き火ナイト。蓼科湖畔で火を囲む景色を現地からお届けします
TINY GARDEN (@ur_tinygarden)

PROFILE

粟野 龍亮 TINY GARDEN 蓼科 企画・地域コーディネーター

東京都大田区育ち。2年前より山の暮らしに憧れて長野県茅野市に移住。
アーバンリサーチの展開する「かぐれ」に所属後、結婚・出産を機に三重県伊勢市へ移住し、旅行業界へ転職。その後、2017年に長野県茅野市へ移住して、地域おこし協力隊として行政と連携しながら地域資源を活かしたツアー企画を行う。2019年夏より古巣アーバンリサーチの運営するキャンプ場「TINY GARDEN 蓼科」の企画・地域コーディネーターに就任。

FEATUREおすすめしたい記事

page top