外部サイトへ移動します
吉本 悠佑 OCT 18,2019

#私の履歴書


初めまして。ヨシモトユウスケと申します。飲み屋でこのURBAN RESEARCH MEDIAの編集部の方と出逢った御縁から、今後、コラムニストとして執筆させて頂くことになりました。宜しくお願いします。

第一回の今回は、そんな私自身のことを、初めての方にご興味持っていただけるように、書き記したいと思います。ただ、ひとりの人生ですが、楽しんで接して頂ければ幸いです。

私は現在「何屋か?」と聞かれますと、『流れの水商売』とでもいいますか。世界を放浪しながら、普段は京都で麺打ちをしながら気まぐれに『POP-UPイケ麺バー』なる、歯が浮くような業態をさせてもらっています。実は最近、大阪・東京にも進出が決まったので、また近々、そちらのことも発信できればと。※POP-UP(ポップアップ)=「突然現れる」という意味から、期間限定でのショップや飲食店のことを指す。(ex.ポップアップショップ、ポップアップレストラン等)

あと、今流行りの「LGBT」というものに分類される人種でありまして、Gayというやつですね。自身の性別は男性で、恋愛対象も男性の、ややこしくもなんともない『ただのゲイ』でございます。お見知りおきを。

コラムニストのお仕事は今回が初めてでありますが、今年初めから『note』を書き始めまして、今回のお仕事も、僕の『note』をご覧頂いたことがきっかけで始まりました。よろしければそちらもご一読頂ければと存じます。(PROFILEにリンク有)

その他、ラジオ番組の構成作家をしたり、祇園でスナックをしたり、ニューヨークから来るシェフの調理補助兼へらへら通訳をさせて頂いたり、なんでもやる尻軽女でございます。

使える言語は、英語・ドイツ語・オネェ語。(英語:ビジネスレベル。ドイツ語:日常会話レベル。オネェ語:師範レベル。)

なぜ、こんな“仕上がり”になってしまったのか?まぁ、たかが一人の人生ですが、そら、千差万別十人十色。いろいろありまして・・・

敷かれたレールを走る

一応は『近畿キッズ』として近畿のはしくれで生まれ育ちまして、小→中→高→大、まぁきれいに全て公立で済んだ“エコな息子”でした。新卒ヨーイドン、の号砲にもちゃんと反応して、大学卒業後はリクルートエージェント(現・リクルートキャリア)に入社。約3年間の営業を経て、転職。博報堂入社。ここでも営業として約3年間。社畜をしました。

ここまでは、自分でいうのもなんですが『超好物件』として、「未婚・20代後半・大手企業勤務」と、婚活パーティーの売れっ子のような要素が満載でございました。

が、華麗なる転落人生。

自ら脱線させてみる

博報堂を辞めた時、2カ月くらいかけて人生初めてのバックパッカーをしました。それがよくなかった。世界が広いことを知ってしまった。

自分は当時28歳。浪人も留年もなく大学を出て、既に社会人経験が6年もあり、ヘタすりゃ間もなくマンションまで買ってしまいそうな財力がある中で、「何をそんなに生き急いでいるんだ!?」と世界中の皆々様に叱咤激励をされました。世界には30歳になっても大学生してるやつはゴロゴロいたし、ちょっと働いてはちょっと旅に出て、ユダヤ人のように世界を点々として自分の知見を広げようとしているやつもいた。中には体たらくな奴もいたし、自分の意志と責任でそうしている奴もいた。

僕は日本の新幹線の快適さに慣れ過ぎてしまっていた。インドの鉄道のようにもっとハラハラドキドキしないと、脳みそと筋肉がとろけてしまう。

当時の僕には、“生きている実感”が必要だった。

僕は日本にいることを辞めた。旅先で気に入ったドイツ・ベルリンに家出同然で出て行った。それがよかった。

第一期ベルリン史

ベルリンに越した頃は、毎日のように遊んでいた。奇しくも、当時はギリシャ発端のユーロ危機の時代(2011年頃)。1ユーロが100円を切り、僕の日本円は首尾よく良くユーロに替わり、そしてクラブや酒へと消えていった。

そろそろ何か次の仕事がしたいと思った時、日系企業の現地採用求人に応募した。でも、せっかく欧州にいるのに、またスーツ着て日本人と一緒に仕事するのかよ、と思ったら、日本にいるのと変わんねぇなと思って全然気が乗らなくてやっぱりやめた。なんとなく自分の人生をシフトしたかった。

そんな時に料理の世界と出会った。『自分が料理人になったら・・・』と想像したら三日三晩眠れなかった。30手前のいい大人が、遠足前の小学生のような気持ちになれた。『何を持っていれば、何処に行って、何ができるのか?』という楽しい妄想を忘れないように書き記せば記す程、ノートは夢で溢れた。翌日には辻調理師専門学校の資料請求をドイツからしていた。

Osaka/Kyoto

ちょうどその頃、祖父から生前財産分与を受けた。数年後に祖父は亡くなったが、税金対策をしっかりとした上で、僕たち孫へ、自身が生きているうちから「有効に使いなさい」と伝え、残してくれた。立派な方だった。「死人に口なし」を、生きているうちから分かっていた方だった。

兄はマンションを買った。弟は車を買った。僕は経験を買った。

1年間、辻調に行って日本料理を学んだ。それから、人生二度目の「春の新卒採用ヨーイドン」は意外と楽しかった。京都の割烹屋に入り、修行した。

第二期ベルリン史

もともと世界を夢見て選んだ日本料理の仕事だったので、ベルリンの和食店からオファーが来て、そしてまたベルリンへと越した。しかしこれは失敗に終わった。1年足らずで僕はまた日本に帰国した。当時は塞ぎ込んだ時期もあったけど、今はなにも後悔はしていない。「人に裏切られること」を学んだ。

今/健全なアウトプット

そして今。2年前ほどから京都に戻り、暮らしている。去年から麺打ちにハマり、日本各地に蕎麦やうどんの修行に行った。今でも時間を見つけては修行に行きたいが、今まで学んだことを“ご披露”する場として『POP-UPイケ麺バー』を主宰している。こうしてコラムを書くこともそうだが、そろそろ学びと同時並行に“健全なアウトプット”をしていきたい。その中でまた新しい世界が広がればと思う。

未来

よく「将来どうなってたいの?」と聞かれますが、逆に聞きたい。『将来、どうなってたいの?』

これに明確に答えられる人なんていないと思うし、そんなこと考えているくらいなら、動き続けていたほうが、僕は健全だと思う。老舗企業の社長なら今後のビジョンは描いて然りですが、一個人の将来なんて、曖昧であることの方が自然だと思う。明日大きな事故に遭うかもしれないし、明日運命の人と出逢うかもしれない。そしたら昨日考えていたことなんて馬鹿みたいにコロっと変わる。このコラムを読んでくれた誰かが、明日には海外に飛び出ているかもしれない。Who knows?

ただ、そんな僕にも「来年への想い」というか「目標」ぐらいは、毎年秋頃になると出てくる。

前提として、『来年、どこで何をしているかわからない』という自分自身の可能性の“曖昧さ”が、僕自身のワクワク感、そして原動力につながっているので、その不安定さはむしろ楽しむ気持ちでいたい。

(※写真は今年旅したイラン。とても平和で親日で素晴らしい国だったのに、その後、タンカー事故が起こり米国と関係が悪化。ますます行きにくい国に。世界は今も動いている。)

アラフォーが見えてきた今でも、20代の子とデートをするし、若さを吸い取って魔女のように生きてやろうと思うのに、最近の若い子は「家がいいです」というので、ガッツいている自分のほうが野獣のようである。(笑)

日本に帰ってきて2年間。そろそろ本格的にグーグルアースを広げ、次はどこで何をしてやろうかと思う今日この頃。

振り返ると、第二期ベルリン史では少し無理が祟ったのかもしれない。だから次は、日本をベースにしながら海外への展開ができないかと考えている。いい怯えが、いい守りとなり、そしていい攻めに繋がればと思っています。

最後に「このコラムのテーマはなんでもいいよ」と編集部さんから言われたので、これからも自分の枠の白でも黒でもなく“グレーの可能性”を信じて、そして読者のみなさんと楽しく接点が持てれば幸いです。

どうぞ、よろしゅうおたのもうします。

吉本悠佑

PROFILE

吉本 悠佑 POP-UPイケ麺バー主宰

京都在住『料理しない料理人』 Pop-Upイケ麺Barで自身手打ちの蕎麦や饂飩を出す、枝魯枝魯“若女将”、ライター業、金継ぎワークショップなどをマルチにこなす。旅した国は世界40か国近く。大学卒業後、大手人材会社、大手広告代理店での営業経験や、ドイツ在住経験も。gayデス。

FEATUREおすすめしたい記事

page top