外部サイトへ移動します
FASHION APR 02,2020

春に着たい男のシャツとロンTとパーカー。旬を取り入れる3つの提案

これから初夏に向けて、イン&アウトに活躍する定番トップスといえば、シャツにロンT、そしてパーカー。春から夏への橋渡し役にもなる “三種の神器”は必要不可欠です。


春から初夏にかけて必要なのは、“脱いでもOK”なインナーです

昼と夜の寒暖差が大きいこの時期、朝や夕方以降は着込むものの、日中はアウターを脱いでインナーを着こなしの主役として使う時間が長くなります。ゆえに、「外からあまり見えないから」といって適当にインナーを選ぶのはご法度。インナーの役目を果たしながら、アウターを脱いだときに1枚でもサマになる“両A面”仕様なアイテム選びが肝心です。『アーバンリサーチ』で、今年らしい一品を選びましょう。

2020年春のシャツは、“ゆとり”が必要不可欠

ひとくちにシャツといっても、襟のデザインや裾の形などバリエーションは千差万別。いったいどれを選べば良いのか迷うところですが、今年らしいシャツを選ぶなら、襟型や柄に個性を求めるのではなく、ゆったりしたシルエットに焦点を絞って。風をはらむようなシルエットがリラックス感を生み、上品さを醸しながら気どりのなさを伝えます。タックインしたときに腰周りに表情が生まれる、ブラウジングも楽しめますよ。

アイテム1
URBAN RESEARCH ITEMS ストライプロングスリーブシャツ

旬を巧みに取り入れたアイテムがお手頃な価格で揃うオンライン限定ブランドから届いたシャツは、まさに今年の気分を体現しています。肩周りにストレスを感じないラグランスリーブやワイドな身幅と対比するようにやや短めに設定された着丈など、着たときの見え方が徹底的に考えられた、まさに優等生。袖部分をストライプの同生地で切り替えるなど、さりげない遊び心も効いています。縦縞なので、がっちり体型の男性でもスマートに見せる補正効果も。

アイテム2
URBAN RESEARCH ROSSO ビッグシルエットシャツ

もともとあるものをただ大きくするのは簡単です。しかし、ことシャツとなると美しく見せるために袖の太さや襟の大きさも調整しなければいけないので容易ではありません。それを成功させたのが『アーバンリサーチ ロッソ』のシャツ。定番で展開していたリラックスシルエットのシャツを迫力のあるロング丈にアレンジ。インパクトはありますが、コンパクトな襟や光沢のあるコットンの素材感で品の良さも上乗せされています。

Tシャツは遊んでても、ロンTは大人っぽくが鉄則

ロンTはシャツよりドレス度が劣り、温かさではパーカーに負けるものの、コーデへの汎用性はピカイチ。アウターの個性を生かし、すっきりとした印象になります。かといって、サーファーやスケーターが着ているような袖にロゴが入ったロンTではストリート色が強くなってしまいます。大人っぽく汎用性を求めるなら無地か、ロゴはあってもワンポイントがおすすめです。

アイテム1
carhartt LONG-SLEEVE POCKET T-SHIRTS

アメカジ復権の兆しを見せている今、ワークウェアブランドにも視線が集まっていますが、アメリカの老舗『カーハート』もその1つ。質実剛健な作りで、雑に扱っても長い期間着られるタフネスがあります。同ブランドのロンTもその例外ではありません。さらりとした肌触りの上質なコットン地、風の侵入を防ぐ袖口のリブ、程良くゆるさのあるシルエットと、「ロンTとはかくあるべき」というデザインです。お馴染みのロゴもアクセントとして奏功。

アイテム2
TEATORA A/C BREAKER

“究極の機能服”を掲げる日本ブランド『テアトラ』のシンプルな1枚は、単なるロンTでは終わらない実力を秘めています。夏の暑い野外から室内に入ったとき、クーラーが効きすぎていて体が冷えてしまう経験をした人も多いと思いますが、そんな冷えから守ってくれる画期的な素材「AC:パーソナルバリア」が使われています。しかも、着ていることを忘れるぐらいの軽さ。誰にでも合うベーシックさで機能的。さすがは『テアトラ』です。

パーカーでこなれて見せるなら、ニュアンスカラーを選ぶべし

パーカーと聞くと霜降りグレーの色合いがまず頭に思い浮かびますが、王道すぎていかにもなアメカジ然とした印象から抜け出せません。一歩抜きん出るなら派手なカラーで主張するのもありですが、“半歩”先行くなら中間色を選ぶのがベター。原色やモノトーンより若々しさを抑えられて、大人っぽさを演出します。はっきりしないニュアンスカラーこそ、はっきりとした差別化を図ってくれます。

アイテム1
URBAN RESEARCH DOORS ダブルフェイスフーディ

スニーカーの名作に『ニューバランス』の「1300」があります。圧巻の履き心地と歴史的な背景で伝説の域に達した名品ですが、その特徴は青ともグレーともつかぬ「スティールブルー」と呼ばれる美しい色合いにあります。このパーカーも、青みがかったグレーの淡いトーンがエレガントでやわらかな雰囲気を伝えます。パーカーによくあるフロントポケットや首元のドローコードも排して、スポーティさを払拭しています。

アイテム2
URBAN RESEARCH TECH SWEAT HOODIE

昨年お目見えして以来、ハリのある素材感と絶妙なシルエット、そして1万円を切るコスパの良さが評判を呼び、『アーバンリサーチ』のスタンダードアイテムに仲間入りしたのがこちら。適度に硬さがあり、軽くて型くずれしにくい「ダンボールクロス」(生地の編み方がダンボールのような構造)を使っていて、フードもしっかり立ちます。濃くもなく、かといって薄すぎもしない絶妙なグリーンが春らしさを呼び込みます。

構成、執筆/TASCLAP編集部

FEATUREおすすめしたい記事

page top