JAPAN MADE PROJECT

石川 地図

ISHIKAWA石川県

金沢で自身もクリエイターとして活躍する岩本歩弓さんをキュレーターとして迎え、石川県内にて脈々と受け継がれている技術やクラフトマンシップを体現するクリエイターとともに、石川県の魅力を発信していきます。

取り扱い店舗
アーバンリサーチ 金沢百番街Rinto店 / KYOTO / なんばCITY店
URBAN RESEARCH ONLINE STORE

COMMUNITY

千と世水引

千と世水引

地域
金沢市
作家
岡本 昌子
LINK
http://www.chitosemizuhiki.com/

金沢の伝統工芸、加賀水引。伝統的な絹巻きの水引と手すきの和紙をつかい、金沢、そしていまの感性を取り入れて飾りを結んでいます。

千と世水引
kotohari

kotohari

地域
金沢市
作家
藤丸 枝里子
LINK
Instagram @ ko.to.ha.ri

石川県の陶器として知られる九谷焼。金沢市の伝統工芸品である加賀八幡起上りがモチーフのひめだるまを型どった箸置きや小皿、九谷焼のパーツを使ったアクセサリーを制作しています。

  • kotohari
  • kotohari
  • kotohari
  • kotohari
HUG mitten works

HUG mitten works

地域
金沢市
作家
畑 貴紀
LINK
http://hug-works.com/
Instagram @ hug3310

ベーグルと焼き菓子の専門店。出来るだけ自然な食材で石川県産のものを使っています。だるま型のクッキーは色々な野菜を練りこんでおり沢山の味が楽しめる一品。

HUG mitten works
Be clothed blue

Be clothed blue

地域
金沢市
作家
弘田 朋実
LINK
http://cargocollective.com/461445
Instagram @ be_clothed_blue

手紡ぎで綿の糸をつくり、自然発酵建ての藍で染色して手織りで作品を制作しています。コースターやハンカチサイズの小作品のほか、イヤリングやピアス、ネクタイ、ストールなど幅広く手がけます。

Be clothed blue
ハーブ農園ペザン

ハーブ農園ペザン

地域
河北郡
作家
澤邊 友彦、九里 愛
LINK
http://paysan.co.jp/
Instagram @ paysan0502

石川県の河北潟にある農園。国産、自然栽培のハーブを使った商品を製作しています。
金沢で親しまれる棒茶の製法に倣い作られたハーブの茎のほうじ茶や、日本酒に入れるだけでおしゃれな和風カクテルが楽しめる日本酒サングリアはお土産にも。

  • ペザン農園
  • ペザン農園
たくまポタリー

たくまポタリー

地域
金沢市
作家
宅間 祐子
LINK
Instagram @ takuma_pottery

料理が映えること
毎日気兼ねなくつかえること
佇まいが良いこと
を心がけて制作しています。

目指すは、普通のうつわ。

金沢市大野町で制作。

スズキサト

スズキサト

地域
能美市
作家
鈴木 玲
LINK
https://s-suzuki-house.jimdo.com/
Instagram @ suzuki_sato_

石川県能美市にて作陶活動を行なっています。ユーモラスで楽しいイラストの作風が特徴。
おかっぱやパンダ、いのししなどの動物、はたまたヨガをする人、ごろんと横になる女性など思わずにやりと笑みがこぼれる見て和む、使って和む作品です。

スズキサト
目細八郎兵衛商店

目細八郎兵衛商店

地域
金沢市
作家
目細 勇治
LINK
http://www.meboso.co.jp/
Instagram @ meboso1575

創業1575年、約440年の歴史を誇る針と加賀毛鉤の老舗。金沢表参道、目細通りに店を構えています。
布地にすっと入る刺し心地の良さから、当時の加賀藩主より「目細」という針の名前を名付けられました。
加賀毛針の美しさをもっとたくさんの方々に伝えたい、伝統を守るという思いから新しいものづくりを行なっています。

  • 目細八郎兵衛商店
  • 目細八郎兵衛商店
岩崎晴彦

岩﨑晴彦

地域
金沢市
作家
岩﨑晴彦

美しいフォルムのなかに手のぬくもりあふれる岩崎晴彦さんのうつわ。白、黒、茶など化粧土から生まれる表情には通底する静謐さがあります。石川県の海沿いの町、内灘が拠点。土の魅力を存分に引き出し、カタチにしている作陶は和食器の良さを改めて実感させてくれます。

NorikazuHatta

NorikazuHatta

地域
金沢市
作家
八田 ノリカズ
LINK
http://everydayworks.co/
Instagram @ hatch081

石川県在住のイラストレーター。細い線のタッチで柔らかい雰囲気の絵が特徴。だるま型の起き上がりこぼしに縁起物のダルマやDJ姿のダルマなどポップな絵付けがされている「ミニダルマ」が人気。ひとつひとつ丁寧に色付けされており集めたくなる一品です。

  • NorikazuHatta 作品
  • NorikazuHatta 作品
  • NorikazuHatta 作品
  • NorikazuHatta 作品
今城晶子

今城晶子

作家
今城晶子
LINK
Instagram @ akiko.imajo

金工作家。植物の葉っぱや花びらの型を取って真鍮で作る「PLANTSシリーズ」など、アクセサリーを中心に制作を行なっています。

今城晶子
能登デザイン室

能登デザイン室

地域
七尾市
作家
奈良 雄一、田口 千重
LINK
http://www.notodesign.jp/
Instagram @ notodesign

石川県の県木である“アテ”。能登半島には縄文時代からアテの木があり、その魅力を伝えるために「ateie」というブランドを立ち上げました。家や生活道具など家にまつわるもの、アテの木から採った精油の100%エッセンシャルオイルなどをデザインしています。

山﨑菜穂子

山﨑菜穂子

地域
金沢市
作家
山﨑菜穂子
LINK
Instagram @ nahokoyamazaki

卯辰山工芸工房に入所し、日々の生活を彩る型染め作品を制作。日常の風景、何気ない植物たち、光と影。見逃してしまいがちな何気ない一瞬を切り取り、山崎氏ならではの優れた感性でテキスタイルに落とし込んでいます。

山﨑菜穂子
西川美穂

西川美穂

地域
金沢市
作家
西川美穂
LINK
http://nishikawamiho.yukihotaru.com/
Instagram @ nishikawamihoo

ひとつひとつ、丁寧な手仕事で仕上げられた、カトラリーやアクセサリー。真鍮、洋白、シルバーと様々な素材から作品を生み出しています。

西川美穂
田 聡美

田 聡美

地域
金沢市
作家
田 聡美
LINK
http://www.densatomi.com/
Instagram @ satomi_den

アンティークレースや文様をモチーフにした作品を制作。蝋で原型を作り耐火石膏で型取りをし、「キルンキャスト」という技法を主に用いています。色鮮やかなクリスタルガラスを使用した作品が特徴です。

h collection

h collection

地域
金沢市
作家
廣島 晴弥
LINK
https://h-collection.com/
Instagram @ h_collection_hiroshima

2004年よりh collectionとしてお酒周りの器を中心に制作を開始。
バーウェアの生地にシーン、用途にあったデザインのカットを施しています。
展覧会ではアンティーク、デッドストックのグラスにカットを施した「LIMITED SERIES」も制作。日常の中で寄り添える器を目指しています。

h collection
赤池佳江子

赤池佳江子

地域
金沢市
作家
赤池佳江子
LINK
https://www.akaikekaeko.com/
Instagram @ akaike_kaeko

金沢市在住のイラストレーター。雑誌の挿絵や絵本書籍などの表紙画、広告などのイラストなどで活躍する傍ら、 カードやマスキングテープ、けん玉などを制作しています。

赤池佳江子
今江未央

今江未央

地域
金沢市
作家
今江未央
LINK
http://30imae.wix.com/kutaniyaki30

石川県の陶器として知られる九谷焼。今江さんの九谷焼はりんごやレモン、栗や玉ねぎなど食物を中心に、時にはフライパンに目玉焼きなど現代的でポップな絵付けが施され日常の食卓を楽しくしてくれます。

今江未央
岩本清商店

岩本清商店

地域
金沢市
作家
岩本 清史郎
LINK
https://www.kirikougei.com/
Instagram @ kirikougei

金沢桐工芸は加賀百万石の伝統文化が生んだ独自の伝統工芸。
岩本清商店は1913年創業の金沢桐工芸の老舗です。1988年1月21日、石川県指定伝統工芸品に認定されています。

岩本清商店
すはらゆう子

すはらゆう子

地域
石川県加賀市
作家
すはらゆう子
LINK
Instagram @ suhara_yuko

加賀にて漆を用いてうつわを中心とした雑貨を制作。
すはら氏が住む「山中」に400年伝わる伝統工芸「挽物轆轤 (ひきものろくろ)」。
その技術を漆器以外のプロダクトで身近に感じてもらうため、わぎりのこけしブローチなど新しい作品制作に取り組んでいる。

すはらゆう子
doppo

独歩炎

地域
石川県七尾市
作家
藤井博文
LINK
http://doppo.shop-pro.jp/

愛知県瀬戸市で食器のプロダクトデザインを手がけていた藤井博文は1992年に「陶房 独歩炎」として独立。
2002年に故郷の能登島曲町に陶房を移転しました。自然豊かな能登島の暮らしの中で、四季折々、自身が日々の生活で使いたいものを制作しています。