外部サイトへ移動します
FASHION OCT 24,2019

LOOPWHEELER × LOWERCASE
「着れば分かる」“素材別注”ウールスウェット

梶原由景氏が手がける「LOOPWHEELER × LOWERCASE」にまたも傑作が登場。URBSが“素材”別注をしたウールスウェットは、大人の肌が喜ぶ極上の1枚。


着心地を追求したら、男前度もさらにUPした「WOOLWHEELER」。

見た目の、そのシンプルすぎる構造とは相反するように、スウェットは“着てこそ”その良し悪しがはっきりするアイテムだ。

ボディとのゆとり感、インに何かを着た時のなじみの良さ、洗濯を重ねた時のヘタリがあるかないか。素材がよさそうに見えても違和感のあるボディもある。逆もまた然り。だからこそおしゃれと言われる人たちは見た目にはさほど差がないように見える様々なスウェットを集め、着て、精査する。

さて、そんなスウェット番長たちを今最も唸らせるものといえば、メイドイン・ジャパンの職人技よる着心地のよさを発信し続けるスウェットウエアブランド「LOOPWHEELER(ループウィラー)」だろう。

「世界一、正統なスウェットシャツ」のテーマは伊達ではない。吊り編みに生み出されるスウェットは形良し、フィット感良し、そして長く愛用してもへたらない強さ良し、の名品揃いだ。
さらに異業種コラボでおなじみの梶原由景氏がクリエイティブディレクターを務める「LOWERCASE(ロウワーケース)」とのスペシャルコラボレーションアイテムは両者のファンのみならず「真の着心地のよさ」を追求する者たちも虜にしてきた。

そのスペシャルコラボに、さらにURBS(アーバンリサーチ バイヤーズセレクト)が素材別注をかけたのが表糸にウール85%の混紡糸、中糸と裏糸にコットン100%の糸を使用したウールクルースウェット、通称「WOOLWHEELER」である。

LOWERCASE × LOOPWHEELER WOOLWHEELER

表地はウールらしいしっとりとした質感。
肌に当たる裏地はコットンのふんわりと柔らかな質感。
チクチクもせず、スウェットらしいシンプルでカジュアルな装いながらも上質なセーターのごとくノーブル感もある。
カラーは今注目を浴びている「ゴマシオブラックとブラック」の2種。

LOOPWHEELER × LOWERCASE

ジーンズやコットンパンツなどのカジュアルパンツから、人気のLOWERCASE×Gramicciなどアウトドア的なパンツとも好相性。

是非この秋冬シーズンは、この「着れば分かる」心地よさを体験してみてほしい。

LOWERCASE(ロウワーケース)
クリエイティブディレクター 梶原由景氏が代表を務めるクリエイティブファーム。 異業種コラボの元祖的存在としてファッション感度の高い人々から支持されている。


LOOPWHEELER(ループウィラー)
日本が誇こるメイドイン・ジャパンのスウェットウェアブランド。
「世界一、正統なスウェットシャツ」をテーマに熟練した技術を持つ職人の手によって生み出される「着心地のよい」吊り編みものだけを世界に発信している。

LOWERCASE別注シリーズ

URBSでは様々なLOWERCASE別注シリーズを扱っている。特に4WAYストレッチ素材を採用したパンツは街にもアウトドアにも最適な1本。

FEATUREおすすめしたい記事

page top