外部サイトへ移動します
FASHION SEP 15,2022

メンズノンノモデル高橋璃央が好きな秋ファッションと、気になるアイテム選びの話。

メンズファッション誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活躍中の高橋璃央さん、シーズン連載第3回。今回は、秋の注目アイテムを語ったり、服選びで気になることをセンスオブプレイスの人気スタッフ・渡部に突撃質問したりと、読者のみなさんに普段のスタイリングで役に立つ内容になっています。さらに、今回も好きなアイテムを使ったおすすめコーディネートを披露してくれました!


— 前回の記事から、街のファッションはもうすっかり秋仕様になりつつあります。ズバリ、高橋さんが好きな季節は?

秋です! 質問されたからじゃなくて本当に(笑)。夏はTシャツがメインで着こなしがシンプルだし、冬は寒いからダウンとかコートを基本着っぱなしでコーディネートもあまりかわりばえしない。春も好きだけど、明るめの色が多くなっていくイメージで、街の雰囲気と僕が好きな色味にちょっと差があったり・・・。でも、秋は夏の華やかさをちょっと残しながら、落ち着いたトーンになっていく境目なので、個人的にどんな色でもどんな柄でも着ていい季節が秋。

— なるほど。おもしろい考え方ですね。そんななか、この秋気になっているアイテムは?

セットアップが好きなのですが、次はスーツ地以外のセットアップに挑戦したくて、例えばデニムのセットアップ。いつもよりタイトめに着て、80年代、90年代の雰囲気に。あと、軽快で抜けのあるミックススタイルを作りたくて、トラックジャケットやスウェットパンツが気になっています。
タイトなトラックジャケットにワイドスラックスを合わせたり、シャツにスウェットパンツを重ねたり。

— カッコいいですね! 服選びの基準も変わってきましたか?

今はトレンドを追いかけるというより、流行り廃りがなく長く着られるアイテムを選ぶようになってきました。元から人と被りたくないからこの仕事を選んだわけですし、服にも自分らしさを出したいと思っていて、それにはまず自分で服を育てるようになりたいって。その方が自分のスタイルができて、服好きとして魅力的だと思うんです。定番のデニムやアクセサリーも、モデルの先輩たちが身につけているものを見てると、体に馴染んでいてカッコいい。

— なるほど。服を自分らしく育てるってステキですね。前回の撮影で着たものを私服に取り入れていただきました。少しの間ですが高橋さんらしく育てていただいたと思うのですが、いかがでしたか?

どれも着やすくて、着回ししやすくていい感じです! チャコールのタックワイドパンツは、かっちりした白い開襟シャツを合わせて品よく、きれいめにまとめてみました。足元をあえてビーサンで外して、メリハリをつけたバランスが個人的にお気に入り。清潔感や大人っぽさもあるし、どこかいなたさもあります。

色鮮やかな赤いパンツを引き立てるために、他を黒にしてスタイリング。パンツのシャカシャカした質感を生かそうと、キャップを足して大人なストリートスタイルを狙って。開襟シャツとローファーできれいめな要素を入れてバランスをとりました。意外に赤と黒が馴染むとわかったことが収穫でした。

今の気分にぴったりの深いグリーンのポロシャツ。袖も7分袖くらいのワイドシルエットでスタイルのアクセントになります。シルエットがかわいくて、いろいろなパンツを合わせるだけで様になるんです。とろっとした生地が着心地よくてヘビロテしちゃう。シンプルなアイテム使いの中でひとクセ入れるために、ラフに袖を捲ってみました。

— 合わせ方やアレンジ方法が参考になります。そして、今回もまた、今季気になるアイテムを使って3つのスタイルを作ってもらったので、解説をお願いします!

一着目はエスニックな総柄シャツ。無地が好きでよく着ていたので、この秋から柄ものを攻めたくて。落ち着いた配色や古着っぽい柄が今の気分にあっていて、使いやすいと思って手に取りました。スラックスを合わせたらきれいめに着られますし、ジャケットやコートの下に重ねても着こなしのいいアクセントになりそうですね。いつもならデニムパンツを合わせてしまうところを、今回はチャコールグレーのセンタープレスパンツを合わせて、全体的に落ち着いた雰囲気にしました。

コモンペイズリールーズシャツ ¥6,600 (税込)
スフレスウェットセンタープレスストレートパンツ ¥6,050 (税込)
HARUTA レザースポックシューズ ¥9,680 (税込)

気づいたら昔からパープルをよく着ていて、好きみたいなんです(笑)。このカーディガンもピンときました! しっとりした色味とヘリンボーン柄が大人の印象ですよね。こういう羽織があれば、インナーを適当に選んでもカッコよく決まります。前を開けても閉じてもオーケーで、むしろプレーンなTシャツでいいくらい。前向きな手抜き(笑)。パンツは、シックなベージュのフレアタイプで、脚長効果があるのでおすすめ! ベージュとパープルが意外とワントーンっぽくてうまくマッチしました。優しい雰囲気で、モテ感ありますよね?(笑)。

ヘリンボーンVネックカーディガン ¥7,150 (税込)
シシュウポンチロングTシャツ ¥3,300 (税込)
センタープレスストレートパンツ ¥5,500 (税込)

ネイビーのジャケットは持っているけど、金ボタンのブレザーは初めて。シルエットが大きくてゆるさがあるので今っぽく着られます。クラシカルな着こなしが人気ですが、そのままかっちりさせずに、デニムを合わせてちょっとカジュアルに崩すとこなれ感がアップ! インナーにストライプのシャツを入れて、上品さは保ちながら、ブルーでリンクさせることで全体がクリーンにまとまります。おそらく多くの人がデニムパンツを持っていると思うので、すぐに挑戦できて、ツウっぽく見える着こなしではないでしょうか。

ダブルブレストジャケット ¥8,800 (税込)
TeddyBear×SENSE OF PLACEテディベアストライプシャツ ¥6,600 (税込)
デニムパネルワイドパンツ ¥7,700 (税込)

— 丁寧な解説、ありがとうございます。的確なアイテム選びをされてる高橋さんですが、ショッピングで悩むことはあるんでしょうか・・・?

あります! ちょこちょこ失敗もしますよ(笑)。あ、そうだ! アイテム選びで気になることがあって・・・渡部さん、ちょっと聞いていいですか?

— 近くにいるスタッフの渡部に逆インタビュー!?

渡部 璃央くん、お久しぶりです。何か質問があるんですか?

高橋 オンラインショッピングでサイズ感を間違えることがあるんですが、どうすればいいですか?(笑)。

渡部 なるほど。同じLサイズでもブランドごとに違うので、知ってるブランドならお店でサイズ感を知るか、買って慣れるかがよいと思います。初めてのブランドの場合は、当たり前ですが公表している着丈と身幅を確認して、手持ちのアイテムと比較するとイメージしやすいですね。

高橋 ですよね・・・(笑)。モデルの着用画像があると、それを信じちゃうこともありますが、やっぱりサイズ表を要チェックですね! あと、今気分だけど来年は飽きているかもしれない服と、ずっと着られる無難な服はどちらを買った方がいいですか? というのも、同じシャツでも、今年は派手な青を着たいけど、今後のことを考えると黒の方が着慣れているし、無難だし、使えるかなって・・・。

渡部 僕の答えは・・・「そのときに着たい服を買った方がいい」です!

高橋 おおお!

渡部 たしかにこれまで自分がよく着ているものに合わせて黒を買うのもいいけれど、それはたぶんすでに持っているし、あと来年必ずしも着たいとは限らない。だから、そのとき、見るだけでテンションが上がるアイテムを手に入れる方が楽しいし、そこから新しい自分の定番が見つかるかもしれない。10万円や20万円のものは考える必要はあるけど(笑)、そこまで無理しない価格の服であれば、チャレンジすることをおすすめしたいですね。

高橋 なるほど! すごく納得しました。秋冬のアイテム選びでちょっと遊んでみたいと思います!

— 次回、ついに最終回を迎えてしまいますが・・・新鮮なアイテムに挑戦する高橋さんを楽しみにしています!

Model/Rio Takahashi
Photo/Takuro Shizen
Hair & Make-up/Nana Onodera
Text/Hisamoto Chikaraishi[S/T/D/Y]

FEATUREおすすめしたい記事

page top