外部サイトへ移動します
NEWS NOV 24,2021

「eVentメンブレン」を表地に採用し、ハイテクを駆使したNANGAに別注ダウンシュラフが続々登場!


株式会社アーバンリサーチが運営する「TINY GARDEN 蓼科」。長野県茅野市、蓼科湖のほとりにキャンプ場を併設した宿泊施設を運営しています。
そのTINY GARDEN 蓼科を背景に、アウトドアシーン・タウンユース共に使える要素を取り入れたブランド「EKAL (エカル)」と「NANGA (ナンガ)」 とのコラボレーションアイテムが登場。

スリーピングバッグ (寝袋)をベースに、国内最高峰のダウンファクトリーとして名高い「NANGA (ナンガ)」。
今回、特に必見なのがハイテクを駆使したNANGAとコラボレーションしたダウンシュラフ。このダウンシュラフが採用しているのは、高いレベルの防水性と透湿性を併せ持つeVentファブリック。さらに中綿に770フィルパワーのダウンを仕込み、過酷なフィールドでも通用するスペックに仕上がっています。

キャンプシーンにおいて、テント内の「結露」が起きてもまったく心配ありません。素材の特性上空気を通すため、瞬時にコンパクトに収納が可能です。
また、羽毛自体に撥水コーティングを施して、濡れと湿気を吸わないのが特徴です。睡眠中にはコップ一杯程度の汗をかきますが、湿気を吸わず羽毛のふくらみを妨げないことで、空気を多く含み暖かさを維持しやすいことが最大の特徴です。
ダウンシュラフ狙いなら間違いなく購入候補としておすすめしたい一品です。

【別注】NANGA×EKAL eVentダウンシュラフ2
品番:FE13-4HS011
価格:¥74,800 (税込)
カラー:RED-BLK
サイズ:one

NANGAに別注した「eVentメンブレン」を表地に採用し、両脇にマチのある4面構造作りのダウンシュラフ。
素材は、ダウン90%、フェザー10%、フィルパワーは770になります。
NANGAシュラフの最高峰の仕様でもあるボックスキルト製法で生産。「eVentメンブレン」は防水性が高い一方で空気を通すという特性があり、蒸れ感も全く無く、暖かさだけをキープできます。キャンプシーンにおいて、テント内の「結露」が起きてもまったく心配ありません。素材の特性上空気を通すため、瞬時にコンパクトに収納が可能です。

【別注】NANGA×EKAL eVentダウンシュラフ1
品番:FE13-4HS010
価格:¥63,800 (税込)
カラー:RED / BLACK / NVY-BLK / NAVY
サイズ:one

eVent(イーベント)
英国BHA社が開発した延伸PTFEラミネートの技術を駆使し、汗を外に放出しウェアの内側をドライに保つ画期的なファブリック。
従来の防水製品は、メンブレンが吸湿してウェットになった時のみ透湿性を発揮させる事ができます。
しかしeVentはメンブレン内に数百万個の独自開発したマイクロポーラスにより、発汗直後から高い透湿性を発揮することが可能です。

NANGA (ナンガ)
“ジャパンブランド”である“NANGA(ナンガ)”。社名の由来はヒマラヤにある8,000メートル級の高峰“ナンガバルバット”。伊吹山の麓、滋賀県米原市の創業74年の国産「羽毛商品」メーカーです。主にシュラフ(寝袋)やジャケット・パンツ等登山アパレルを国内生産しています。羽毛の安全性と質にこだわり、熟練した縫製職人によってNANGAの製品は完成します。

【発売日】
好評発売中

【販売店舗】
TINY GARDEN 蓼科
EKAL 展開店舗 (一部店舗)
URBAN RESEARCH ONLINE STORE
※ 取り扱い店舗は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

FEATUREおすすめしたい記事

page top