外部サイトへ移動します
CULTURE TRIP APR 24,2019

【雲のまにまに神を見る 出雲】夏目的・出雲考察

雲の間をすり抜けて、大きな虹の下をくぐって、たどり着いた出雲の地で僕が見たもの。


僕は古事記がけっこう好きなんですけど、なんでかというと人間臭いお話がいっぱいあるからです。
神話といっても出てくる神様たちは人間味に溢れている。
いやむしろ人間よりも人間らしいんです。
中でも僕の好きなお話は、死んじゃったイザナミ(♀)を追ってイザナギ(♂)が黄泉の国へ行くお話。

神様を産む神様であるこの二人、夫婦です。
まず日本列島を産んで、そのあといっぱい色んな神様を産むんだけど、火の神様を産んだ時にイザナミ、アソコを火傷して死んじゃうんです。
痛そ!
イザナギはもう一度でいいから妻に会いたくて、黄泉の国へ出向きます。
神殿の戸口でイザナミに話しかけたところ、「アナタすぐ来てくれないから、もうこっち(黄泉の国)のものを食べてしまって私、こっちの人間になっちゃたよ…。でも帰りたい! 偉い人に相談してくるから待ってて」って言うわけです。
この辺りの、こっちのもの食べたからこっちの人間なのって表現、たまらないっすね。
で、イザナギ、待ってるんですけど、待てど待てど返事が聞けないから痺れを切らして中を覗いてしまいます。
するとおぞましい光景が。
妻だったイザナミが、グロい感じになっちゃってるわけです、蛆わいちゃったりして。
で、「おえー!」っつって逃げ出すイザナギ。
「だから言ったじゃん! 恥かかせやがって!」と追っかけるイザナミ。

命からがらこの世に戻って岩であの世への入り口を塞いだイザナギは、岩を挟んで向こうにいるイザナミに「離婚しよ…」と言い捨てます。
ひどいよね(笑)。

イザナミは「アナタがそんなこと言うなら、私はあなたの国の人間を1日1000人殺します」と答えた。
この発言も結構やばいでしょ(笑)。
イザナギはそれを聞いて「それなら私は1日に1500の産屋を建てるさ」と返す。
おお、そう来たか!
「だから、この世は1日に1000人が死んで1500人が生まれる世界なんだよ」って言う、お話なんです。
めでたしめでたし(?)。

ちなみにこの後、イザナギは体を清めに泉で禊(みそぎ)をするんですけど、その時に有名な天照大神、月読命、須佐之男命がイザナギの体から産まれます。
おいおい、男一人でも産めるのかよってツッコミは無しでお願いします。
神様ですから。

話を戻して。
じゃあ、その黄泉の国とこの世の出入り口って一体どこなのよ?って思いません?
それがですねえ、出雲にあるんです(詳しくは2DAYを参照)。

それだけじゃなくて、須佐之男命のエピソードとか、その義理の息子に当たる大国主命のお話とか、神話のロケ地ってほとんどが出雲に固まってる。
そのことを知ってからずっと、気になっていた出雲に今回行ったってわけなんです。
まさしく聖地巡礼ってわけです。

だからかなりワクワクしながら行ったんです。
言葉を失うような神秘的な風景や出来事が待っているんじゃないかと思いながら。
なんて言うか、でっかいストーリーを、でっかい景色を期待しちゃってた。

けれどそれは間違ってたなって言うのがまずざっくりの僕の感想。
出雲はちょっと、分かりずらいと言うか、ポップな凄みを裏に隠し気味な土地でした。

凄みを感じるにはちょっと時間がかかったりとか、ちょっとコツがいるかも。

その感じがまた、出雲なんだな~って今は思うんですけど、例えば今回の記事や、ガイドマップを見て旅をしたくなった人にまず伝えたいのは、やっぱりとりあえず古事記は読んでおいたほうが楽しめるって事、好きな神様(推し神)がいるとなお良し!

もう一つは、出雲に行ったらその土地の人ととにかく喋る!って事がめちゃ大事だなって。

僕は人と喋っているうちに、出雲に何が住んでいるのかがだんだん感じられました。

名所を巡ってるだけだと、わかんなかった。
人と人とが喋ってる節々に神様がいた。
そうやって、じっくりじっくりでっかいストーリーを感じていく旅でした。

だから、ちょっと長めに古事記のエピソードを一つ、最初に喋ってみました。

こんな感じの魅力的なお話が、いっぱい古事記と出雲にあるから、まずはそっちでビビッときておくといいんじゃないかなって。
なんて言うかなー、古事記をある程度知って出雲に行っていろんなものに触れて、僕は「生きる」って言うか、「生活してくこと」のパワフルさと、神々のパワフルさはそんなに変わんない、おんなじようなエネルギーから生まれてるものなんだなって言う気がした。

「なんでもなさ」と「神々しさ」はそんなに離れてないんだな~近いんだな~って感じが、出雲の魅力だったりするかも。

飛行機乗ればすぐだってわかったし、まだ行けてないとこもあるし、もう一回行きたいとこもあるから、またふらっと行きたいなーと思っています。
ふらっと行くのがいい気がしてます。

ちなみに、もう一回行きたいところは須佐神社。
一番グッときた。

あ、あと、出雲そば最高。
釜揚げそば愛しい。

01.広いキッチン。寮母さんになりたい。
02.おでんマスター。
03.漫才コンビ。
04.佐香神社の鳥居。
05.鏡に映る俺。
06.光が差し込んでいた。
07.蛍光灯の下で働くお二人。
08.重なる文字と文字と建物。
09.カタカナッテイイヨネ。

photo by Tomoyuki Natsume

<シャムキャッツ Live Schedule>

Tour“Virgin Graffiti”

沖縄公演
日程:5月24日(金)
会場:output
OPEN/START:19:00/19:30

ASIA Tour“Virgin Graffiti”

5月17日(金) 香港 MOM livehouse
5月18日(土) クアラルンプール Live Fact
5月19日(日) バンコク De Commune
5月26日(日) 台北 THE WALL

10周年記念ライブ at STUDIO COAST

12月13日(金)新木場STUDIO COAST

PROFILE

夏目 知幸Siamese Cats vocal&guitar

ロックバンド・シャムキャッツのボーカル&ギター。
アルバム『Virgin Graffiti』発売中。

Instagram
natsumetomoyuki
s_catsarehere

FEATUREおすすめしたい記事

page top