外部サイトへ移動します
FASHION DEC 20,2020

今、仕事に着ていくなら? BIZアウター、2020年冬の新事情

寒さも厳しくなってくると、スーツの上に着るアウターに悩むもの。見た目で選ぶのか、温かさを優先すべきか。仕事着の一部と考え、攻守で使えるアウターを集めました!


上品コートでコンサバに見せるか、今年はダウンでビジカジを気取るか

スーツの上に着る仕事用の冬アウターといえば、これまではウールコートやキルティングジャケットなどドレッシーなモノが是とされてきました。しかし、カジュアル化が進行するBIZシーンにおいては、ダウンジャケットなどのスポーティなアウターも許容範囲に含まれるようになってきています。ただし、派手なカラーや華美なデザインは禁物。大人としては、ブラックやネイビー、グレーといったスーツとも馴染みの良いシックなカラーは最低限押さえておくべきでしょう。色だけでもフォーマルさを纏っていれば、昨今の風潮的にはスポーティなアウターもOK。ディテールも控えめなら、モアベターです。コートやキルティングジャケットで上品さを維持するか、ダウンジャケットでアクティブに演出するか、オケージョンや気分に合わせて選んでみてください。

見た目の上品さで選ぶならウールコート一択!

軽さや機能面はダウンジャケットに譲りますが、見た目の上品さにおいてコートの右に出るアウターはありません。故にスーツとの相性の良さは言わずもがな、カジュアルな服装もエレガントに見せてくれます。天然素材のウールは、もちろんウォーム感も上々。見た目良し、素材良し、のコートを3着厳選してご紹介しましょう。

アイテム 1
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH NewzealandWoolステンカラーコート

「ビジネススタイルは、おしゃれといわれないことがおしゃれ」という紳士のルールがあることはご存じですか? 服装が主役ではなく、あくまでも人が主役。印象には残らないものの、清潔感や人柄の良さが伝わる衣服。それを意識して選び取ることが肝要、ということです。その点、このステンカラーコートはうってつけ。普遍的なデザインで、ブランドもデザインも声高に主張しないアノニマスな表情が売りです。その点素材選びは抜かりなく、ニュージーランド産の上質なウールを使っています。ふっくらと柔らかな質感をご堪能ください。

アイテム 2
URBAN RESEARCH ROSSO MEN メルトンチェスターコート

チェスターコートというとスマートなフォルムのモノが人気ですが、『ロッソメン』では時流を捉えてモダンにアレンジ。シルエットは中に着込んでも窮屈にならないリラックスフィットに調整し、フロントは2ボタンにしてVゾーンを深めに取るなどインナーとのマッチングも考慮されています。そのうえでラペルを細めに設定したり、腕周りをすっきりしたデザインにしたりと、あくまで現代的に着こなすためのこだわりが随所に見られます。品位があり、スーツはもちろんオフのカジュアルスタイルの格上げも叶うでしょう。

アイテム 3
URBAN RESEARCH Sonny Label ウールメルトンラグランステンカラーコート

ここまで紹介したコートは無地でしたが、落ち着いた柄であればチェックという選択もアリです。無地に比べるとカジュアル度は増しますが、クラシカルなパターンなので洒脱な印象を獲得できます。『サニーレーベル』のステンカラーコートはラグランスリーブで腕周りに余裕があり、中にジャケットを着ていても動きを邪魔しません。裾が膝上にくる丈感も良バランス。チェックも落ち着いた配色です。ただし、柄モノのスーツとの合わせは高難易度なので、無地のスーツの上に羽織るのが良いでしょう。

軽さ・暖かさで上回るダウンジャケットはズバリ、黒推し

ダウンジャケットはアウトドア由来のアウターだけに、カジュアルさが強くなる傾向があります。しかし、シックに見えるマットなブラックであればスーツと合わせても問題ありません。スーツとダウンジャケット、両者のテイストのギャップも、無彩色の黒が埋めてくれます。ダークトーンのスラックスとも馴染む、控えめなディテールのダウンアウターをピックアップしました。

アイテム 4
小松マテーレ×URBAN RESEARCH DOORS ダウンパーカー

ダウンジャケットのスポーティさは、表に出ているダウンパックの縫い目によるところが大きいもの。こちらは、裏側だけにステッチを入れることで表側はシンプルな佇まいを維持しています。スーツの上に着ても違和感のない、クリーンな空気がうれしいですね。日本のファブリックメーカー・小松マテーレの機能素材「サイトス」を採用しているのも特筆すべき点。水に強く、透湿性もあり、防風性も高くて強度にも優れる……と、ファンクションは申し分ありません。中綿には約700フィルパワーのホワイトダックダウンを使っており、街使いには十分です。

アイテム 5
Cape HEIGHTS×URBAN RESEARCH 別注LUTAK

1990年に創業したアメリカのアウターウェアブランド、『ケープハイツ』の「ルターク」はスタイリッシュなシルエットに最高品質のダウンを封入した名作です。今回は同作を、『アーバンリサーチ』の斬新なアイデアでブラッシュアップ。頭をすっぽりと覆う着脱式のフードにコヨーテファーを付け、ラグジュアリー感を高めています。前立てはファスナーとスナップボタンの二重構造を取っており、風をしっかり防いでくれるため防寒性も抜かりありません。センターに配したアイコニックなトライアングルロゴも、目を引くアクセントに。

アイテム 6
EKAL Event Cordura 2Lダウンコート

『エカル』のダウンコートは、表地のキルトステッチを減らすことでアウトドア感を軽減した作り。比翼仕立てのフロントも、すっきりとした表情に一役買っています。ミニマムな表情ながら、大小合わせて6つのポケットを配置しているため、ちょっとした手荷物ならバッグ要らず。機能の面でも、優れた防水性・透湿性を持ち合わせるイーベントファブリックを使用しているため、急な雨に降られてもあわてる必要はありません。ちなみに、中に使われているダウンはリサイクルダウン。ユーズドの羽毛を洗浄・精製加工を施すことで新毛よりきれいになった再生羽毛を取り入れているなど、エシカルの面でも申し分ありません。

構成/TASCLAP編集部
執筆/名知正登

FEATUREおすすめしたい記事

page top