外部サイトへ移動します
FASHION DEC 03,2021

URBS STAFF STYLING Vol.4
冬の装い。アウター何着て、どこに行こう。


めっきり寒くなりました。
街にはイルミネーションが映えていて、これから迎えるホリデーシーズンへの高揚感を感じることができます。
高揚感といえば、洋服好きの人の中には冬のファッションが一番好き!という方も多いのでは?
レイヤードやマフラーなどの小物でさまざまな変化がつけやすいですし、なにより冬アウターに袖を通して出かけられることが嬉しいですよね。
「寒い、寒い」と言いつつも、むしろそれを言ってることを楽しんでるかのような、あの感覚。

さて、今回でVol.4となるURBS STAFF STYLING。
洋服を愛し、洋服からも愛されている(と信じたい)URBSスタッフたちが、自身のスタイリングをレコメンドとともにお送りさせていただきます。

今回のテーマはズバリ「冬アウター」。
バリエーション豊かなアイテムが揃うURBSならではのスタイリングをお楽しみください。

選ばれたのは「ACRONYM」でした。

URBS EC STORE MANAGER
吉見 幸晟

Instagram @ y443k

寒いです。もう冬です。

今年のアウターは何にしよう…
そう考えて約3ヶ月、悩んだ結果選ばれたのは絶対的信頼の“ACRONYM”でした。

表面の生地はGORE-TEX INFINIUMのWINDSTOPPERを使っていて風を通しません。
それだけでも十分ですが、特にすごいのは中綿に使われているPRIMALOFTのBlack RISEという実際に軍が使用している素材。
その重量と含んでいる空気の体積の比率が最も効率よく、暖かいとされています。

“軍”という言葉だけで信頼感がぐっと増しますよね。

僕自身ダウン系や中綿系のボリューミーなアウターって苦手だったんですが、この十分すぎるスペックを知って一目惚れし、気付いたらお持ち帰りしていました。
こういうアウターって何着も要らないと思うので、正直お高い買い物でしたが買って満足しています。

これで寒い冬も難なく乗り切れます。

BLOUSON: ACRONYM Insulated Jacket ¥207,900 (税込)
PANTS: AUBETT バックサテンギャバジン1タックパンツ ¥40,700 (税込)
その他私物

存在感のあるストールを組み込んだダウンスタイル。

URBS BRAND PR
松沢 葵

Instagram @ a.o.i______

冬ですね~。お鍋がしたくなる季節です。
私は今年、初めて冬キャンに挑戦します!
皆さんはこの冬初めてチャレンジすることはありますか?

さて、今回はURBSがWILD THINGSに別注させていただいたジャケットを主役にコーディネートしてみました。
なんとも暖かい…しかもとっても軽量なのでキャンプに持って行くことに決めました。
ジャケットの中にSTORY mfg.のクロシェ編みのストールをレイヤードして、ポイントでインナーにピンクを差しました。
ジャケットにボリュームがある分、メリハリを出したくて足元はボトムをブーツイン。
ベロアパンツ、ベロアブーツと同素材ではありますが、意外とハマってくれました!

OUTER: WILD THINGS belted puff jacket ¥41,800 (税込)
INNER: WANDERUNG Ex Wool Ribbed Pullover ¥25,300 (税込)
PANTS: AMOMENTO velours pants ¥20,900 (税込)
STOLE: Story MFG Piece Scarf XL ¥55,000 (税込)
BOOTS: WANDERUNG ex velour short boots ¥29,700 (税込)
その他私物

クラシックな要素を感じるコートは優等生然と。

URBS BRAND PR
松本 聖

Instagram @ turedure3616

大好きな季節がやってきました。テンション、フルスロットルでございます。
以前ここのレコメンドでも触れましたが、そのくらい冬好きな松本です。

ここ数年、冬アウターはダウンをチョイスしていたと言う方も多いのではないでしょうか。
私もそうだったのですが、今年気になるのはコートです。
できる限り長くて雰囲気たっぷり、それでいて普遍的でないもの。

今回チョイスしたY.O.N.のコートがまさしくそんな理想を叶えてくれました。
その名の通り、ガバッとオーバーサイズで脛まで長い着丈。
生地にはポリエステルドビーを使用することで独特の膨らみ感と軽さが感じられます。
そして、目を惹く左胸に施されたポケットのディテール。
フラップに蝶番(ドアなどの家具でなく、文房具等に使うもの)を用いることでクラシックな佇まいのコートに良い意味でギャップが生まれています。
チンストラップがついているので、襟を立てて着てもスタイリッシュです。

そんなコートを主役に、小物にはTHE INOUE BROTHERSのブルーのマフラーやMARNIのショッピングバッグといった鮮やかな発色のアイテムを合わせました。

個人的にはロングコートにマフラーを巻くスタイルは凛とした印象が出る気がして好みです。
こういうスタイリングで、ヨーロッパの街並みを歩いてみたいものです。
早く、また気兼ねなく海外に行けるようになってほしいですね。

COAT: Y.O.N. OVER COAT ¥59,400 (税込)
STOLE: THE INOUE BROTHERS Brushed Scarf ¥11,000 (税込)
BAG: MARNI Shopping Bag ¥60,500 (税込)
その他私物

想像力を搔き立てる色味のコートをあえて野暮ったく。

URBS BRAND PR
古橋 知之

Instagram @ furuo.co.jp

ヨーロッパの人は色を「濃い青」ではなく「旅行で見た海の色」のように表現するそうです。
以前とある先輩から聞きました。(本当かどうかは分かりませんが…)
日本人は抽象的に「濃い青」や「薄いオレンジ」と表現する方が多いかと思いますが、ヨーロッパの人は色の詳細を伝えるとき、非常に具体的です。(本当かどうかは分かりませんが…)

当時はただ、「さすが欧州の人は表現がオシャレだな」とだけ感じていましたが、職業柄さまざまな国のブランドの洋服を見てきて、日本と海外の洋服の「色」の違いに気付けるようになりました。

今回着用したコペンハーゲンのブランドmfpenの“JHONSTON COAT”は高密度のコットンツイル、ループ付きのプラケットボタン、高く設定したネック等、見た目からして気になる要素が多いですが、注目したいのが「色」です。
一見、普通にブラウンなのですが、なんとなくインポートのブランドかなと感じさせてくれる色だと思います。
あくまで想像ですが、mfpenのデザイナーはこのコートの色を決めるとき、「今朝食べたチョコレートの色」にしようと決めたのではないか。と勝手に想像が膨らみます。

日本で商品開発をするときは「濃いブラウン」の色スワッチの中からアイテムにマッチするものを選ぶことが多いかと思います。
もし、ヨーロッパのデザイナーたちが「今朝食べたチョコレートの色」にしようと決めていたら、「色」への解釈がやや違うため、日本のブランドが出す「ブラウン」と印象が変わるのは必然です。(人によってそれぞれだと思うので本当のところは分かりません)

ここまで何の確証もない話をしてきましたが、結論、ただただこのコートの色の良さを伝えたいという話です(笑)

一つの洋服でここまで想像が膨らみ楽しませてくれる。やっぱり洋服って楽しいなと感じさせてくれました。そんな素敵なコートです。

そんな洒落たブラウンのコートにはSTORY mfg.のプルオーバーをインナーにして遊び心を。
そして、パンツはどこか懐かしい雰囲気のWillow Pantsをあえて長い裾のまま合わせました。
キレイなコートだからこそ、パンツは野暮ったく裾を引きずりながら歩きたいという自分なりの外しでございます。

COAT: mfpen JOHNSTON COAT ¥59,400 (税込)
BLOUSON: Story MFG Polite Pullover ¥66,000 (税込)
その他私物

とことん鮮やかな、一瞬で目を奪われるライムグリーン。

URBS WOMEN’S BUYER
森口 愛

Instagram @ aiboooon0622

展示会で一目惚れした、IHNNのライムグリーンのコートを主役にスタイリングしました!
ウール素材で丈も長めでボリュームがあるので、スポーティな素材のMM6のバッグを合わせて、色と素材で軽さを出しました。
コートが主役になるこれからの季節は、小物使いがポイントになるかと思います。
ニットワンピースとベロア素材のブーツで、素材の組み合わせも意識しました。

COAT: IHNN SINGLE COAT ¥140,800 (税込)
ONEPIECE: RUS MOMIJI ¥39,600 (税込)
BAG: MM6 x EASTPAK BELT BAG ¥16,500 (税込)
BOOTS: Ex Velour Short Boots ¥29,700 (税込)
その他私物

黒と白、以上。

URBS MEN’S BUYER
阿部 浩

Instagram @ ahr.bf

年齢を重ねてきて、自然と手に取ることが多くなった黒のアイテム。
今回選んだDAIWA PIER39のクルーザージャケット(森で着ることを想定したジャケット)は、無骨な雰囲気は残しつつ、十分なボリューム感とオーバーサイズで現代らしいデザインに。

前回がオールブラックのスタイリングだったので今回はパンツに白を持ってきました。
FARAHのTruroはホップサック生地を使用しドライタッチでリラックス感のある美シルエット。ちなみにホップサックという名前の由来は、ビールの原料を入れる麻袋の生地に似ていることから名づけられたそうです。

そして、アイウェアにはKearnyのサングラスを。
太めのフレームとブラックのレンズがスタイリングをグッと引き締めてくれます。

BLOUSON: DAIWA PIER39 TECH CRUISER DOWN JACKET ¥63,800 (税込)
PANTS: FARAH Truro ¥16,500 (税込)
その他私物

URBS(URBAN RESEARCH BUYERS SELECT)
> ONLINE STORE

Instagram
@ ur_buyersselect
@ ur_buyersselect_ladys

FEATUREおすすめしたい記事

page top