外部サイトへ移動します
FASHION JUL 19,2022

佐々木悠のREAL CLOSET Vol.13
~真夏を乗り切るためのワードローブ3選~

連日真夏日が続くこの頃。何を着たらいいか分からないという方も少なくないはず。
今回は真夏も乗り切れて、夏を越した後でも着られる万能着回しアイテムをご紹介します!


※撮影時のみマスクを外しております。会話中はスタッフ全員がマスクを着用し、一定の距離を空けるなどコロナウイルス感染拡大防止対策を施したうえで取材を行っております。

自由自在なジャンパースカート

「真夏に欠かせないマストアイテムといえばジャンパースカート。インナー次第で何パターンもの着こなしができるのが魅力的なアイテムです。今年の夏スタイルは“ヘルシーに着こなす”が私の中のテーマなので、デコルテが綺麗に見えるタンクトップを合わせ、大人っぽさをプラスしつつ、ラフなオーバーシャツを合わせて、気取らないスタイリングにまとめたのがポイント。ステッチとBIGポケットが存在感を出してくれるので、小物は引き算で華奢なものを取り入れるとバランスがGOOD」

配色ステッチフレアジャンパースカート ¥8,690 (税込)
バックオープンBIGシャツ ¥7,920 (税込)
トングサンダル ¥6,490 (税込)
その他 私物

シンプルに着てまとまるシャツワンピース

「デザインワンピースは重ね着したくないこの時期の強い味方です。袖と胸元に施されたプチフリルは、控えめながらスタイリングのいいアクセントになってくれます。最近はシンプルな着こなしが好みになってきたので、ディテールにこだわっているアイテムはそのまま着てもお洒落に見えるのが嬉しい。普段フリルデザインを着ない私は、パンツとトングサンダルを合わせて甘さを抑えたこなれスタイルに。フロントはすべてボタンが開けられる仕様なので、気温によって違う着方も楽しめそうです」

プチフリルハーフスリーブワンピース ¥9,790 (税込)
センタープレスWIDEストレートパンツ ¥7,590 (税込)
トングサンダル ¥6,490 (税込)

いつもをアップデートしてくれるベスト

「ここ1〜2年でベストにハマって何着か持っているのですが、カットソーベストはあるようでなかったかなりの優れものなんです。Tシャツ感覚でそのまま着られるし、アームホールが広めなのでインナーをロンTEEに変えれば秋口仕様に。デニムやスラックスで合わせるのも可愛いけれど、ハーフパンツ合わせでより今年っぽい着こなしにアップデート。足元にかけて明るい色を持ってくることで黒も涼し気な印象に」

リブカットソーショートベスト ¥5,060 (税込)
ベルテッドコーティングハーフパンツ ¥7,590 (税込)
その他 私物

撮影協力

soko station 146
〒136-0082 東京都江東区新木場1-4-6 2F soko station 146
TEL:03-6457-0084
https://www.sokostation146.com/

▼ARCHIVES
Vol.1 この冬おすすめのアウター3選
Vol.2 ~まだまだ着たいニット3選~
Vol.3 ~とっておきのデニム3選~
Vol.4 ~気分を上げてくれるワンピース~
Vol.5 ~夏を楽しむカラーアイテム~
Vol.6 ~旬をプラスするキーアイテム~
Vol.7 ~主役になれるセットアップ~
Vol.8 ~冬を楽しむニット~
Vol.9 ~冬にはずせないボアアウター〜
Vol.10 ~ときめく春アウター3選~
Vol.11 ~春真っ先に着たくなるワンピース3選~
Vol.12 ~シンプルに着こなすデザインシャツ3選~

佐々木悠
KBFブランド販促。オンラインストアではモデルも務める。愛称はおさ(OSA)ちゃん。

Instagram @ ___o___s___a___
UR STYLE

FEATUREおすすめしたい記事

page top