外部サイトへ移動します
FASHION NOV 30,2022

URBS 2022AW -Men’s-
BUYER’S RECOMMEND ITEM Winter編


11月も終盤。すっかり気温も下がり、より冬へと気持ちが向かっているのではないでしょうか。
なんなら、すでに“冬”を取り入れている方もいらっしゃるかもしれません。

前回に引き続き、今回もそんな服好きの方々にぜひともオススメしたい、URBAN RESEARCH BUYERS SELECT(以下、URBS)ディレクター村手・Men’sバイヤー阿部による選りすぐりの2022AWアイテムWinter編をご紹介します。

多種多様なブランド・アイテムを取り扱うURBSならではのチョイス、ぜひともご覧ください。

emulation

Expansion Coat ¥64,900 (税込)

バイヤー阿部 RECOMMEND
冬のアウターといえば? と聞かれたらダウンジャケットが最初に思い浮かぶ方も多いかと思います。そんな冬に欠かせないダウン、昨今ではリサイクルダウンや食用の鴨などから採取されたダウンを使う傾向にあり大きな変化が起きています。とても良い動きだと思いますが、そもそもダウンを使わなくても暖かいウエアがあれば使う必要はないですよね・・・。そこで、今回紹介するのがemulationです。

emulationは空気を充填することのできる特殊なユニットを備えた構造になっていて、ダウンを使わなくても暖かいアウターを実現しています。
ダウンや中綿が暖かいのは素材の膨らみで作られる空気の層の遮熱性により、暖かさが持続する仕組みからなのですが、emulationでは「空気」そのものを遮熱材として使用する最新のシステムが採用されています。
ダウンや中綿に比べ重さも無く、動物資源や石油資源を使わず、空気というもっともエコな資源を活用した次世代のウエアなんです!

また、空気を抜いてしまえば、春、秋にも着用いただける生地感なので、3シーズン楽しめます。
今年は新技術を搭載したアウターを手にしてみてはいかがでしょうか!

Gurank

Melton workpants ¥44,000 (税込)

ディレクター村手 RECOMMEND
今期から取り扱いをスタートしたGurankから迫力満点のメルトンパンツをピックアップ。50年代のワークパンツをベースにしたオリジナルシルエットですが、このパンツはなんといっても素材が一番の特徴。今までここまで分厚いメルトンをパンツに使うというのはあまり見たことがありません。
それゆえに大きめに作られたウエストをギュッと絞ることで出る独特なドレープ感、さらにそこからズドンと落ちるワイドシルエット。まるでコートを穿いているかのような感覚になる逸品です。

reverve

Wool Sweat Crewneck ¥28,600 (税込)

バイヤー阿部 RECOMMEND
今季から取り扱いをスタートしたreverveはニットブランドとして有名なcrépusculeの酒井氏が手掛けるブランドです。ニッティング技術に定評があり、上質な素材を使用し新たな提案をしています。

今回紹介するWool Sweat Crewneckはウール100%でリバースウィーブのようなスウェットを再現しています。脇下の仕様など、よく見ると再現性が高く、通常のニットに飽きた人にはぐっとくるのではないでしょうか?
こういう遊び心はcrépusculeを匂わせますね!

AUBETT

ヤクメルトンオーバーコート ¥198,000 (税込)

バイヤー阿部 RECOMMEND
毎シーズン素材への拘りに抜かりのない、AUBETTから贅沢な一着を紹介します。今季のイチオシはヤクウールを100%使用したリバーメルトンのコートです。

一般的なリバー縫製のコートは軽いものが多く、メンズというよりレディースで採用している印象でした。しかしこのコートはウエイトに最も拘られており、毛抜き合わせ仕立てのリバー縫製でヤクを贅沢にもヘビーウェイトで使用、通常のメルトンよりも重く、存在感のある逸品に仕上がっています。奈良県にある縫製工場で、職人さんによる手縫いで仕立てられているのもポイントです。また、標高によって原毛の色が変わるヤクウールの風合いを殺さないために染色もせず、原毛のまま無染色のブラウンとなっています。

オーバーサイズコートですが、立体的でどんな体型の人が着用してもドレープが損なわれないパターン。ウエストにはスーツなどにみられるマニピュレーションダーツを採用することで仕上がった綺麗なシルエットが特徴です。

SEE SEE × CLARKS

Desert Boots ※1月発売予定

ディレクター村手 RECOMMEND
キメすぎないスタイルが好きで定番モデルをいつもさりげなく履いているSEE SEEデザイナーの湯本さんらしく、クラークスの大定番であるデザートブーツをカスタム。
SEE SEEのオフィシャルロゴを踵に刻印し、SEE SEEのアイコンカラーでもある“オレンジ”の革にゴールドプリントを施した付属タグをつけたスペシャル仕様の逸品です。

URBS(URBAN RESEARCH BUYERS SELECT)
ONLINE STORE

Instagram
ur_buyersselect
ur_buyersselect_ladys

FEATUREおすすめしたい記事

page top