外部サイトへ移動します
LIFE STYLE&BEAUTY MAR 12,2021

インテリアスタイリスト石井佳苗さんが作る
暮らす人の個性に寄り添う「Bothyの部屋」


URBAN RESEARCH DOORSが追い求める心地よい暮らしを自ら体現し、また、そんな空間づくりを得意とする人気インテリアスタイリストの石井佳苗さん。彼女が今回提案するルームスタイリングには、Bothyシリーズの家具が多用されている。「シンプルなデザインだからこそ、住む人の個性が滲み出ると思います」と石井さんが話すように、木材の本来の魅力を活かしたBothyの家具は、どんな趣味を持つ人の部屋にも馴染み、居心地の良さだってきっと約束してくれる。さり気なく、でも確実にセンスのいい部屋づくりのヒントを、石井さんに教えてもらおう。

Photo by Yumiko Miyahama

インテリアスタイリスト
石井佳苗さん

東京生まれ。(株)カッシーナ・イクスシーにて10年間の勤務を経て、インテリアスタイリストとして独立。インテリアの他に、衣食住のライフスタイル提案など暮らしにまつわるスタリングを手がける。その活動は、雑誌や広告のインテリアスタイリングをはじめ、住宅メーカーのモデルルームやカタログ、VMD講師など多岐に渡る。著書に『Love Customizer 1』『Love Customizer 2』(ともにエクスナレッジ刊)、また自身が編集長を務めるムック『Heima』(宝島社刊)などがある。2020年7月からオンラインのインテリア講座「Heima Home Design Lesson」(https://www.heimalesson.com)を始め、国内外の受講者に向けて、様々な角度から住まいづくりの楽しさを伝えている。
Instagram @ kanaeishii_lc

ISHII’s choice at store

今回のルームスタイリングに向けて、石井さんがまず訪れたのはURBAN RESEARCH DOORS 二子玉川ライズ店

「家具や雑貨などのライフスタイルコーナーは気になるものがたくさんあります。私は特にオレンジ色のコーデュロイのソファに惹かれました。今回はこのソファを使って、部屋のコーディネイトを考えていこうと思います。あとは、盆栽! 和風のイメージもありますが、カジュアルな部屋に取り入れると趣味の良い部屋に見えて、とてもオススメです。洋服のコーディネイトでも、仕上げにアクセサリーをつけて自分らしさを出しますよね。盆栽は、そういうアクセントになるものです。そして何より、手の届きやすい価格で展開されているのも素敵ですね」

家具や雑貨を見た後に、石井さんはフードコーナーで足を留める。

「URBAN RESEARCH DOORSのオリジナル食品の充実度には驚きました。私は、サバ缶とサルサソースをプライベートで購入します。サバ缶は蒸かしたキタアカリと和えてポテトサラダに、サルサソースはタコとキュウリと和えていただきたいな、なんて考えています」

こんな風に店内をくまなくチェックしたところで、アイテムのセレクトは終了。
さて、石井さんの審美眼によって選ばれた商品で、創り出されるインテリアコーディネイトとは?

A completed room coordinated by ISHII

リラックスして快適に過ごせる、
愛着の湧くものを散りばめた部屋

URBAN RESEARCH DOORSのアイテムを使って、石井さんがコーディネイトしたのがこのワンルーム。
あたたかな日差しがよく似合うインテリアは、センスの良さが薫りながらも、まったく窮屈さが感じられない。
そんな風に本当の意味で心地よい暮らしを叶える、部屋づくりの秘訣について聞いてみよう。

— なんだか居心地の良さそうな空間ですね。整理整頓しすぎないのがポイントですか?

ISHII きれいに整理整頓しなくても、自分が本当に好きなものだったら全てインテリアになると思っています。そのかわり、物があるところとないところをちゃんと分けるのは重要です。今回コーディネイトした部屋で言うと、棚の中にたくさん小物を並べたので、その近くの窓辺は置くものを最小限にしてスッキリさせました。そういうメリハリをつけてあげると部屋全体として見栄えがすると思います。

— Bothyシリーズの家具が多く使われています。その魅力は?

ISHII やっぱりデザインがシンプルだから、使う人の個性が出せるところですね。シェルフなんて、特にそう。何を置くかによってその人らしさが感じられますよね。そういう意味で私はBothyのようなシンプルな家具が使いやすいと思います。

— 小物を並べた後のシェルフは、空っぽのシェルフとは全く別物に見えますね。

ISHII 住んでいる人の趣味性が感じられるようにしています。今回は、30代のご夫婦をイメージしました。おうちにいるのも楽しいし、アウトドアをするのも好き、そんなカップル像です。
ソファの横のシェルフには、カメラやランタン、ハケなんかも置いています。おうちでもアウトドアでも使う道具を飾ったり、素敵な空き瓶もコレクションしちゃったり、そんな風に自分たちの好きなものがあればあるほど空間として心地良くなっていくと思います。カゴも、小さめのリーフレットを入れて収納がわりにしてみました。
ダイニングテーブルの近くのシェルフには、ダッチオーブンも。自分たちが使ってきた楽しい思い出が詰まってた愛着のあるものを、見えるところに置くというのもいいなと思います。

— 全体のコーディネイトを考えるきっかけになったアイテムはありますか?

ISHII とてもいいオレンジ色のコーデュロイのソファーですね。渋めなので、さり気ないアクセントになりつつも、意外に部屋に馴染みがよく気に入りました。ベーシックカラーにそろそろ飽きたなっていう人には、ぜひオススメしたいです。大きなソファをコーデュロイ素材にすることで、部屋全体にリラックス感が生まれるとも思います。使い込むことで味になる素材というのも、ずっと愛用していけるから魅力的です。色あせたり、クタっとしていくのも、このソファなら素敵ですよね。
もう一つは、クッションもポイントです。大・中・小といった感じで大きさを変えて一箇所にまとめて置くと、デザインの違うものを集めても簡単にコーディネイトがまとまって見せられますよ。

— オレンジのソファの前の床に置かれた平らなカゴも新鮮ですね。

ISHII 平らなカゴやバスケット、大きな木のボウルなど、そういうのものを少しミックスさせるとインテリアに抜けができます。それに何を入れるかというと、例えばブランケットをさっと置いてもいいし、ごちゃごちゃしてしまいがちな本や雑誌を置いてもいい。平らなカゴが一つあると、その辺に置きっぱなしになってしまうものを、とりあえずまとめられるんです。気を抜くと床に散らかしてしまうようなものが、ちょっとしたインテリアとして成立します。

— いろんなものを散りばめても、部屋全体をおしゃれに見せる秘訣はありますか?

ISHII ダイニングテーブルのランプなど、今回のような白い空間には黒っぽいものがあると締まるので、要所要所にレイアウトしています。黒には、いろんな色を繋げてくれる役割があるんです。

— ラグも2種類を使ってコーディネイトされてますね。

ISHII ラグって、機能としては床を傷つけないとか、下の階の人への騒音を和らげるとか、もちろん空間を引き締めたり見栄えを良くしたりという効果もあります。あとは何より、ラグの上に自分が立った時にあたたかいですよね。だから、実際に感触として心地がいい。ラグを敷くことでいいことがたくさんあるんです。例えば、部屋にシェルフなどを置いてみて、なんだか部屋全体がまとまらないなと思ったら、ラグを入れてみるとまとまりが出るっていうことが、結構あります。今回は2枚のラグを少しだけ重ねることで、さらにインテリアに繋がりを持たせています。

— ダイニングの4脚のチェアが全て違うデザインというのも印象的です。

ISHII そうですね。同じ椅子をキチッと並べた端正な感じもいいけれど、椅子をバラバラにすることで空間に動きが出ると思うんですよね。自分が好きだと思ったものを選んで取り入れれば、細かなデザインを気にしなくても、Bothyのシンプルなダイニングテーブルならどんなデザインでも合うと思いますよ。自分が「好き!」って思えるものが、インテリアの中にどれだけあるかっていうことが、やっぱり一番大切だなと思います。

— 様々なインテリアテクニックを教えてくれながらも、石井さんが考える心地よい空間づくりで最も重要なのは、自分のお気に入りがいかに部屋にたくさんあるかということ。そして、それぞれに違う趣味や個性に、Bothyの家具が寄り添ってくれる。木の表情をそのまま活かした無垢なオーク材によるシンプルデザインへの愛着は、きっと時代を超えて続いていくはずだ。

Check the detail _ LIVING ROOM

Check the detail _ DINING ROOM

Bothy 1500 (DINING TABLE) ¥81,400 (税込)
Bothy Mountain Leg Chair CD ¥24,200 (税込)
Bothy Ridge Back Chair PVC ¥24,200 (税込)
Bothy-Slat Chair ¥19,800 (税込)
Bothy-Cloth Chair ¥19,800 (税込)
※別売りBack Cloth (Bothy-Cloth Chair背布交換用) O.Khaki8使用

styling: KANAE ISHII
edit&text: AKIKO FUKUNAGA

アーバンリサーチ ドアーズでは「今の暮らしをここちよく」をテーマにシンプルなデザインと使い心地の良さや素材にこだわった家具や生活雑貨、食品をご用意しています。
日々の暮らしにぜひ取り入れてみてください。

DOORS LIVING PRODUCTSの商品はオンラインストアでもご覧いただけます。
> URBAN RESEARCH ONLINE STORE(DOORS LIVING PRODUCTS)

▼関連イベント
NEW LIFE FAIR 3月31日(水)まで店舗にて開催中!

FEATUREおすすめしたい記事

page top