外部サイトへ移動します
FASHION JUN 19,2020

“夏シャツ”はこの中からどうぞ。
1枚でも主張できる半袖6選

夏トップスの中でも品行方正な雰囲気の半袖シャツですが、少し変化を加えるだけで旬のイメージにサマ変わり。なかでも“+α”のさじ加減が絶妙な一品を集めてみました。


サイズやデザインで“半歩”差をつけて、脱シンプル

夏場のスタイリングにおいて必要なのは、清涼感。頼りになるのはやっぱりTシャツでしょうが、大人の休日には少しカジュアル過ぎるかも……、と思うこともあるでしょう。そんなときに頼れるのが、半袖シャツ。しかし、セオリーに則りレギュラーカラーでジャストフィットのモノを選んでいてはかしこまった印象がぬぐえず、さながら“いいとこのお坊っちゃん”になってしまうことも。どこかにハズしの要素を入れてあげることが、肩肘張らないおしゃれな人に共通する“こなれ感”につながります。例えばプレーンな白の半袖シャツは、サイズを極端にオーバーにするだけで上品さを残しながらストリートムードを加味することが可能。これでさらに柄が入っていたりするとカジュアルさを強めることもできますが、あえてサイジング、というさじ加減こそがグッドバランスなんです。

ロングスリーブのシャツに比べると、やや活躍の場が限られる半袖シャツ。しかし、Tシャツより上品に見えてポロシャツよりおじさんくさく見えないので、猛暑の中人と会うときのトップスとしては最適解といえます。何度も言いますが、肝要なのはベーシックに加えるほんの少しのハズし。写真のようにプルオーバーシャツの胸元にフラップ付きポケットを配した一枚なら、さりげないワーク感が“かしこまっている感”を打ち消してくれます。うっすらと入ったストライプも、洒脱な印象を後押し。なお、半袖シャツでこなれた空気をプラスしたときはパンツや小物でクリーンさを補填し、きれいめとカジュアルのバランスを取るとまとまり良く仕上がります。

良い意味で“ひとクセ”あるアイテムを厳選。この夏着たい6枚の半袖シャツ

今夏は「アーバンリサーチ」でも半袖シャツが豊作。ここに登場している6枚、バンドカラーにリネン素材、ビッグサイズとバリエーションがいつにも増して多岐にわたっています。長袖では着こなしが難しく感じる柄モノも、半袖なら面積が小さくなるので抵抗感は控えめ。着るほどに良いシワ感が生まれる麻素材も、この時期ならではのチョイスでしょう!

アイテム 1
TWO PALMS×URBAN RESEARCH 別注garment dye aloha

アロハシャツは柄が派手で、難易度が高い……、と思うのは早計です。確かにリゾート感たっぷりのアロハシャツは目立つ柄が多く、都会で着ると浮いてしまいがち。ですが、『アーバンリサーチ』が老舗ハワイアンウェアブランドの『トゥーパームス』に別注をかけたアロハはひと味違います。華美な配色を避け、製品染めでトーンを落ち着けた、アロハ初心者でも手を出しやすい仕上がりなんです。ワンサイズアップでゆったりと着こなすのがおすすめ。

アイテム 2
URBAN RESEARCH DOORS リネンバンドカラーショートスリーブシャツ

数あるシャツの中でもドレス度が控えめなバンドカラーですが、逆にリラックス感は群を抜きます。それがリネン素材でハーフスリーブとくれば、最低限のエレガンスは備えつつエフォートレスな佇まいを実現可能。トレンドを取り入れつつ誰もが着やすいデザインに落とし込む、『アーバンリサーチ ドアーズ』の手腕が見事です。着込んで洗いを繰り返すごとにリネン素材特有のシワが深まり、自分らしい1枚へと育っていきます。

アイテム 3
URBAN RESEARCH DOORS イージーケアオープンカラーシャツ

首元が開いたオープンカラーシャツはリラックスシャツの代表格。しかし、『アーバンリサーチ ドアーズ』が手がけた1枚は、適度にハリのあるコットンを使っているので上品な印象を保ってくれます。コットンは国産のモノを使用しており、肌触りの良さも言わずもがな。また、スーチングやトラッドスタイルで英国調デザインの機運が高まっている今、こんな品のあるグレンチェックでトレンドを先取りしてみてはいかがでしょう。

アイテム 4
URBAN RESEARCH Sonny Label サマーカクテルオープンカラーシャツ

マイフェイバリットをフロントで主張することが多いTシャツに対し、シャツは大きく使える背面でカルチャーや気分を表現するモノ。『サニーレーベル』よりWEB限定で展開されているオープンカラーシャツは夏らしさ満点のカクテルがバックに刺繍されており、羽織るだけで一気にリゾートムードが高まります。写真のベージュのシャツは、ラムとパイナップルとココナッツの常夏カクテル「ピニャコラーダ」の刺繍。お好みで、他に「モヒート」も“オーダー可能”です。

アイテム 5
EKAL WaCloth OXボックスフィットシャツ

ただでさえ暑い夏。Tシャツの上にシャツを着るなんて、と重ね着を敬遠してしまうのもわからなくはありません。しかし、『エカル』のシャツを羽織ってみると、その考えも改めさせられるはず。実はこれ、「ワクロス・ハイブリッド」という紙糸から作られた繊維を使っているんです。着心地はまさに紙のように軽やかで、透湿性も抜群。気になる汗のベタつきや蒸れも軽減してくれます。落ち気味のショルダーやスクエアな裾の形など、デザイン面でも抜かりなし。

アイテム 6
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH リネンレーヨン バンドカラーシャツ

2019年に好評を得た、リネンレーヨンによる『センスオブプレイス』のバンドカラーシャツが今年も再登場。麻のさらりとした風合いとレーヨンのとろみを併せ持つ、2つの“いいとこ取り”をした素材で、しなやかな落ち感の中に、程良いハリ・コシが感じられます。バンドカラーのリラックス感とグレージュのニュアンスカラーも、今年らしい気分を醸成。ボタンもボディカラーに合わせるなど、あくまで大人っぽく着こなすためのこだわりの意匠にも目を奪われます。

構成/TASCLAP編集部
執筆/名知正登

FEATUREおすすめしたい記事

page top