外部サイトへ移動します
FASHION AUG 05,2020

ビーサン、スポサンからレザートングまで。
足元に“抜け”を生む特効薬とは

徐々に雨の合間に日差しが照りつけるようになり、スタイリングも薄く軽くなる季節を迎えました。涼しげな装いに合わせて、足元にもライトなサンダルが欲しくなります。


足元から抜け感を演出して、見た目も気分も暑苦しさを払拭

盛夏の足元を何にするか、という問題。スニーカーだといつもと代わり映えしないし、革靴だと暑苦しく見えてトゥーマッチです。そこで頼るべき履物こそが、サンダル。紀元前2,000年頃に砂漠の熱から足を守るために作られたのがその始まりと考えられており、太古の昔から暑さを避けるためにサンダルは愛用されてきました。そんな実用面のみでなく、素肌やソックスが覗くことでコーディネートに軽さを演出する“抜け感”の獲得もサンダルを合わせる利点です。ただ、履物の中では最もカジュアル度が高いので、シーンやオケージョンに応じて着用するようにしましょう。

ひと口にサンダルといっても、ビーサンからスポサン、グルカタイプまで種類はさまざまですが、今夏のカラーはどの型においてもブラックがトレンドです。サンダルでいくら“抜け”を演出しようと思っても、派手色や柄で遊びを取り入れすぎてしまっては子供っぽい印象が拭えません。上品に見える黒の効果を利用して、カジュアルさとドレッシーの絶妙なバランスを図ったモデルが多く見受けられます。白や淡いトーンを使った涼しげな装いも、サンダルの黒で重心を下に置くことでグッと引き締め。街履きとしての大人のサンダルスタイルは「黒でほんのりドレッシー」が合言葉です。

品と軽さ、足入れの快適さを備えたブラックサンダル6足を厳選

ブラックサンダルでも、素材がレザーかゴム製かでも印象が変わってきます。「アーバンリサーチ」で揃うグッドセンスな別注作から定番まで、今履きたい6足を選り抜きました。

▼ 1足目:
ISLAND SLIPPER × URBAN RESEARCH ナロークロスサンダル

『アイランドスリッパ』は1946年の創業当時から“すべての工程をMADE IN HAWAIIで”というこだわりを持つブランド。生産は機械ではなく、すべて現地の職人によって1足1足丁寧に作られています。インソールのクッションも効いていて、ふかふかの履き心地が感じられます。こちらはクロスストラップが特徴の「PT223」をベースに、『アーバンリサーチ』がナロークロス、ナロートグルへとオーダーをかけています。上質なブラックスエードのアッパーが精錬な印象だけでなく、大人に似合う落ち着きを与えてくれます。

▼ 2足目:
SHAKA × URBAN RESEARCH NEOBUNGY AT S

ストラップサンダルに定評のあるブランドが『シャカ』。高い機能とファッション性が結実したサンダルは履いてよし、見てよしの1足ばかりです。紹介するのは、そんな『シャカ』のラインアップの中でも随一の履き心地を誇る「ネオバンジー」がべースのコラボアイテム。通常Z字に走る3本ストラップから1本除くことで、よりすっきりした見た目になっています。ネオプレン素材による極上のフィット感やEVAミッドソールによる歩きやすさで、現代の“ハイテクサンダル”といっても過言ではありません。

▼ 3足目:
THE NORTH FACE Ultra Stratum Pro

より軽さや歩きやすさを求めるなら、『ザ・ノース・フェイス』の1足はいかがでしょう。言わずと知れたアウトドアブランドの名門ですが、まず機能ありき、の製品作りはこのサンダルにも生かされています。歩く・走るシーンを想定して、足をがっちりホールドするウェビングテープのストラップを採用。スタイリッシュな外見だけではわかりにくいですが、ソールには歩行性を高める最先端のテクノロジーを搭載しており実用面でも頭1つ抜けた活躍が期待できます。

▼ 4足目:
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCHトングサンダル

『センスオブプレイス』のオリジナルサンダルは、履くために必要なパーツだけにそぎ落としたまさに“サンダル然”としたミニマル顔。そんな潔さがエレガントな印象につながっています。主張を押しつけないシンプルなトングサンダルゆえに、どんな着こなしでも受け止めてくれる懐の深さも見せてくれます。素材は合皮(パッと見ではわかりません)ですがリアルレザーより扱いやすく、より手に入れやすい価格になっているのもうれしいポイント。

▼ 5足目:
Chaco × URBAN RESEARCH DOORS Z CLOUD

上でご紹介した『シャカ』に並び立つストラップサンダルの雄といえば、アメリカブランドの『チャコ』。靴職人だった創業者が考案したストラップ形状を現在まで受け継いでいることに加え、さらに現在では足を専門とする整形外科医のサポートもあるなど、履き心地の良さには定評があります。街履きとしてはもちろん、アウトドアシーンでの活躍も見込めます。サイドに配されているロゴを90年代に使われていた旧ロゴに変更したのが別注ポイント。

▼ 6足目:
REEF Exclusive FANNING LOW

ここまでオールブラックのサンダルを揃えましたが、トリには趣向を少し変えてフットベッドをホワイトに、ソールとトングにブラックを添えたビーチサンダルをピックアップしました。今回『サニーレーベル』エクスクルーシブという形で販売される『リーフ』の「ファニングロウ」は、クッション性を高めてくれるエアソールを内蔵したスペシャルな名作。しかも、裏側にはなんと栓抜きが! ビーチで瓶ビールの蓋を開けるときに、おもむろに脱いで栓抜きとして使えば注目されること必至です。

構成/TASCLAP編集部
執筆/名知正登

FEATUREおすすめしたい記事

page top