外部サイトへ移動します
FASHION JAN 20,2021

アーバンリサーチのウィメンズコレクションが語りかける2021春夏の気分な服

“私らしくありたい”。働き方やライフスタイルの変化が著しい今、改めて思うのはそんな気持ち。アーバンリサーチ2021年の春夏は、私たちの素直な本音に寄り添うコレクション。MD、バイヤー、ブランド販促のコメントから見えてくる、トレンドだけじゃない、生活を、心を満たす今のリアルな気分。


“effortless chic”がもたらす安らぎと高揚

MARITASDENIMノーカラーGジャン ¥14,300 (税込)
MARITASDENIMセミフレアパンツ ¥13,200 (税込)

おうち時間が増え、自宅と都市の二軸から、自宅周辺の3マイル圏内も主な行動範囲のひとつとなってきた今、スタイルに幅のあるウェアの存在感は日増しに高まるばかり。エフォートレスな空気感、コージーなシルエットが継続を予感させる中で、気兼ねなく、気後れすることなくファッションを楽しめるアイテムを揃えたのが2021年春夏のアーバンリサーチのウィメンズコレクション。MDを担当する阿部亜耶は語る。

「気取らない心地いいスタイリングをイメージしながら、ファッションを楽しんでほしいという気持ちを込めテーマに“effortless chic”を掲げました。昨年から継続して、お家で過ごす時間が増えることを考えた時に、気のおける雰囲気というものが大事になってくる。とにかく、リラックスする空気感を作りたかったんです」。

オーバーシルエットはその表れで、旬をほのめかしつつ気になるパーツを同時に包み込み、あらゆる自由と解放をもたらしてくれる。とはいえ、内にひた隠すきれいに見せたい願望もないがしろにしたくない。だからこそ今季は、サイズやシルエットの選択肢を広げているとか。

「気持ちよさやリラックス感を追求しつつも、サイズ感はすごく大事だと考えます。それぞれの体に寄り添い、一番気持ち良く、満足できるサイズを探せるように、シルエットのバリエーションやサイズ展開を増やしました。やはり、女性らしさも疎かにするわけにはいきませんから(笑)」。

新鮮なカラーに着替えた、かまえなくていい定番

ここ最近実感するのは、より身近なウェアが私たちの力になってくれること。今日はのんびりしたいけど、手抜きと思われるのもまっぴらごめん。そんな甘えやわがままをしっかり受け止めてくれる定番は、きっとこれからも長い付き合いになるはず、と原点回帰を説くのはバイヤーを担当する川畑幸美。

「毎年のことですから春夏の気候の変化やイベントごとなど、いつもであればある意味先読みできる部分はありました。しかし、混迷の一年を過ごし、今年も先行きは不透明。そんな状況ではあるので、ベーシックのポテンシャルがきっと頼りになると考えたんです。アイテムとしては、オーバーオール、Tシャツ、スウェットなどなど。それを長く愛用していただきたくて、バイイングさせてもらいました。ベーシックとはいえ、アイテムそれぞれにさりげない個性はあるので、そこで新鮮さを感じとっていただけたらいいですね」。

「ラク」「何にでも合う」「扱いやすい」からこそ繰り返し身につけたくなる飽きのこない定番。唯一の気がかりはワンパターンの罠だけれど、今季らしいカラーのマイナーチェンジでアップデイトさせることができる。川畑曰く、昨年の主役だったブルーから、今季はイエローやベージュ、グレーが新鮮さをもたらしてくれるとか。

「ニュアンスカラーがトレンドではあるので、個人的に3、4月はガルナットやライラックがおすすめですね。昨冬はグレーとベージュの中間色を表現した“グレージュ”の反応がすごく良かったので、その名残がガルナットに感じられます。ほかにも、イエローにベージュを混ぜたようなバターもキーになりそうですね」。

笑顔がこぼれる表情豊かな天然素材

なにも新鮮さの取り入れ方はカラーだけとは限らない。この時期おきまりの素材であっても、ザラザラしたり、ポコポコしたり。テクスチャー感のあるユニークな表情が楽しさを演出してくれる。特に、天然素材特有の気持ちよさや軽やかさ、程よい抜け感を味わってほしいと阿部。

Master&Co DAPER YARN KNIT ¥20,900 (税込)

「生地に特徴が見える天然素材によって、心地よさだけでなく印象の変化にもひと役買ってくれるはずです。例えば、昨年だとシアー素材が大きなトレンドでしたが、今季はシアーの中でも、凸凹などのニュアンスが入ったシアーが注目されていますね。ジャージー素材ひとつとってもツルッとしたようなものやザラザラしたものもあり選択の幅はグッと広がっています。また、オーガニックコットンを使ったアイテムなど、ヘルシーさを求める方も増えているように感じますね」。

男の子な気分で纏う服、自分らしさを演出する小物

MARITASDENIMノーカラーGジャン ¥14,300 (税込)
MARITASDENIMセミフレアパンツ ¥13,200 (税込)

心を解き放つオーバーシルエット、元気と新鮮さを届けるニュアンスカラー、そして、体が喜ぶ素材感。今年らしいシルエットや色を纏ってジェンダーレスな着こなしを、と指南するのは川畑。

「メンズのブランドアイテムをあえて着る、その感覚はもはや一般的になりました。オーバーサイズ自体にもう抵抗もなくなりましたよね。その抜け感を表現しつつ、レイヤードにより様々なバランスでスタイリングを楽しむ流れは今季も継続しそうです。あくまでもアイテムはベーシックですが、オーバーサイズで今っぽい感じを出すのが気分ですね」。

La maison de Lyllis BOB ¥11,000 (税込) ※3月頃入荷予定

そして、川畑曰く、そんなカッコよさを頼りに、品をもたらす甘さや好感度につながるユーモアなど、カワイイを作る小物によりスタイリングの幅はさらに広がるという。

「個人的には女性らしさ、自分らしさは、小物で取り入れるのがオススメですね。昨年、好評だったメゾン ドリリスの帽子は、今年もプッシュしたいアイテムですし、ほかにも靴はヒール、バッグは小さい女性っぽいものを持つなど、そういったさりげないアレンジが可愛いなと思います」。

数あるアイテムの中でもひときわ光る有望株

常にシーンの最先端を間近で見ている3名の方々が、今季もっともフィーチャーしたいアイテムを厳選。着こなしのアドバイスもお聞きしました。

★バイヤー・川畑幸美推薦

「オーバーオールの人気はまだまだ継続しそうです。今季は、リーに別注をかけた一本が今の気分にちょうどいいかなと。リーのインラインで作っているものを、チェストとウエストの幅を広げたり、腰位置を高くしたりと細かく修正しながら、よりヴィンテージライクに仕上げました。ニュアンスカラーのスウェットなどと合わせてリラックスしながら穿きたいですね」。

★MD・阿部亜耶推薦

「今季から取り扱いをスタートさせる、マリタスデニムという生地メーカーのアイテム。ラインナップの中にすごくキレイなピンクオレンジのデニムがあったのですが、そこに新しい何かを感じました。温もりのあるカラーバリエーションがかわいく、ジーンズは形をフレア気味にしながら今っぽく仕上げてもらいました。Gジャンもあるのでセットアップで着てもらいたいですね」。

★ブランド販促・大野幸菜推薦

「世間的にも明るくポジティブにという気持ちがポイントになってくるかなというところで、カラフルなスウェットを特にオススメしたいですね。外でも家でも着られて、洗濯も簡単にできて、とっても重宝すると思います。今年は丈を短めに作っていて、オーバーオールと合わせた時に全体がきれいに見えるんです。

また、ウエストは細身なんですけど、ストレートとテーパードのちょうど中間のようなシルエットのカラーパンツも種類豊富に展開しているので、色と色の組み合わせを楽しみながらスタイリイングするのもいいですね」。

FEATUREおすすめしたい記事

page top