外部サイトへ移動します
FASHION OCT 02,2021

アウトドアスタイル・クリエイター四角友里さんが選ぶ、“アウトドアな”ライフスタイルに似合うアイテム

アウトドアを楽しむことが、ライフスタイルの一部になっている人たちは、日常とアウトドアフィールド、そのどちらにも似合うウエアや道具を選び愛用しています。アウトドアスタイル・クリエイターの四角友里さんもその一人。現在、山や海に囲まれる町・神奈川県鎌倉市で暮らしながら、近所の小さな山でピクニックをしたり、ふもとに下りてきたらバックパックを背負ったまま、市場へ買い物に行ったり、カフェに立ち寄ったりするなど、日常とアウトドアを行き来。そんな友里さんのライフスタイルに似合う、アイテムをここで紹介します。


Profile
アウトドアスタイル・クリエイター 四角友里さん

「大好きな自然と、自分らしいスタイルで繋がりたい」というメッセージを掲げ、執筆や講演、アウトドアウエア・ギアのプロデュースなどの表現活動を続ける。「山スカート」を日本に広めた女子登山ブームの火付け役。著書に『一歩ずつの山歩き入門』、『山登り12ヵ月』など。
Instagram @ yuri_yosumi

SCENE 1. 日常

自宅にいても、自然をすぐそばに感じ、
アウトドアフィールドでの思い出に囲まれていたい。
そんな、いつでも心が豊かになれる時間を。

軽めの裏毛を使用したこのワンピース。
「着心地がよく、おうちで着る服として選びましたが、リブ付きの袖がバルーンになっていてボリュームがあり、きれいなカッティングでお腹やお尻のラインが隠れるので、このままお出かけもできちゃいます。顔映りもよいカラーなのもうれしいポイント。リラックスできるスタイルなのに、手抜き感がなく仕上げてくれる一着ですね」(四角友里さん)

EKAL レイクショアスウェットワンピース ¥10,450 (税込)
その他本人私物

韓国のアウトドアブランド「ミニマルワークス」のドリップスタンドは、板に空いた穴のフタを閉めてインテリア用の棚としても活用できる優れもの。キャンプなど、フィールドに持ち出すときは収納袋に入れてコンパクトに(総重量約1kg)。

「毎朝の日課は、ミルで豆を挽いて温かいコーヒーを淹れること。普段は、山の思い出の詰まったカップを並べて、“今日はどれを使おうかな?”と、選ぶのもいいですね。そんなふうに、お気に入りのアイテムを暮らしのなかに飾っておきたい。小さな観葉植物などを置いてもよさそう。キャンプに持ち出せば、素敵なコーヒー時間になりますね」(四角友里さん)

ミニマルワークスのステンレス製の軽量ポット(容量0.6L、重量196g)や、ヌメ皮のバンドがセットになったコーヒーミル(約23g/1~2人分、細挽き~粗挽きまで調整可能)、色違いで揃えたい耐久性に優れたTINY GARDENオリジナルのホーローマグも、日常から使いたいアウトドアアイテム。

minimal works MOCHA SHELF MINI ¥8,580 (税込)
minimal works MINI KETTLE BOGLE ¥6,160 (税込)
romo C MILL WOOD&HOLDER ¥2,970 (税込)
TINY GARDENマグ7cm ¥1,870 (税込)
その他本人私物

炭鉱用のカンテラを模したデザインの充電式ランタンは、見た目のよさだけでなく、使い勝手のよさも魅力(付属のUSBケーブルで充電、最大200ルーメンで3時間、最小出力で80時間以上点灯)。

「アウトドア仕様のライトは、部屋に置いてあるだけでも気分が上がりますよね。その明かりのもと読書をする時間は、テントサイトや山小屋で過ごす夜のよう。LEDの色合いも優しくて好きです」(四角友里さん)

BAREBONES フォレストランタンLED2.0 ¥8,800 (税込)

ダウンジャケットや寝袋などが人気のナンガに、型から別注したダウンブランケットは2色使いで、気分に合わせて見せるカラーを選べるアイテム。フィールドに持ち出すときは、付属の収納袋に入れてコンパクトに(重量480g、収納時サイズ:縦32×横17cm)。

「とても軽くて、アジャスターで留めてポンチョのように羽織れるのがうれしいです。おうちでは、このブランケットで暖まりながら映画を見たいですね。収納は、バサッとお気に入りのカゴに入れるスタイルで」(四角友里さん)

NANGA×EKAL 別注 ダウンブランケット ¥19,800 (税込) ※近日発売予定
販売中の別カラーはこちら

撮影協力/John

SCENE 2. ピクニック

どこにいても、山が見える場所で
暮らしているからこそ、
気軽に自然の中を歩いて、
季節をしっかりと自分に宿す時間を。

撥水、速乾性、UVカットなどの機能をもつ、サプレックスナイロンを使用したロングシャツ。ボタンを閉めてワンピースとして着たり、コート風に羽織ったりと、汎用性の高さも魅力。

「女性らしいアイテムなのに加えて、ポケットが多かったり、スナップボタンを使っていたり、速乾素材を採用していたりと、アウトドアフィールドで使いやすい要素が詰まった一着です。秋らしいカラーも好印象。帽子などの小物で季節感を出すことで、1年を通して着られそう。ワンピースの下にアウトドア仕様のパンツを穿けば、身近な山を歩くこともできますよ。今回選んだパンツは、裏地が起毛していて保温力にも優れていて、秋のピクニックにぴったり。シルエットも太すぎず、スッキリ見えるのもうれしいですね」(四角友里さん)

穿いた時の落ち感を意識して配されたパンツ裾のサイドファスナーは、トレッキングブーツとの相性もよい。季節や気温に合わせて、ビックシルエットのスウェットフーディーを中に一枚着たり、ボアの耳当て付きキャップを合わせて、着回しを楽しんで。

BURLAP OUTFITTER×EKAL 別注サプレックスナイロンシャツワンピース ¥17,600 (税込)
GRAMICCI×EKAL 別注アクティブナイロンパンツ ¥15,400 (税込)
EKAL コハニングスウェットフーディー ¥9,900 (税込)
EKAL ボアマウンテンキャップ ¥5,500 (税込)

防水性と耐久性に優れるナイロン素材で、畳んで肩に掛けて持ち運ぶこともできるグラウンドマット。適度なクッション性があるのもうれしいポイント。

「ピクニックシーンなどのほかに、キャンプでテントの前室に敷いたり、荷物を地面に置きたいときにサッと広げられたり、フィールドでのさまざまなシーンで重宝しそうです」(四角友里さん)

AS2OV GLOUND SEAT ¥11,000 (税込)
その他本人私物

耐久性に優れるステンレス素材を使用した、サイズの異なる4種類のボウルセット。すべてをスタッキングして収納することが可能で、木製の鍋敷きはフタ代わりに。

「アウトドアシーンで使いやすいステンレス素材のボウルに、フタは木製なところが好印象。カッティングボードにもなりますね。一番大きいボウルには、スープを入れて使ってもよさそう。ふもとの町のいろんなお店でちょこちょこと買い出しをして、大小さまざまなお皿に盛り付けるだけで、外ごはんは楽しめますよ」(四角友里さん)

minimal works A HOUSEHOLD TABLEWEAR SET ¥6,050 (税込)
その他本人私物

真空断熱構造により、保温と保冷、どちらにも使えるステンレスボトル(実容量355ml)。付属のカフェキャップは漏れ防止機能に加え、携帯用ループ付き。

「ふもとのコーヒーショップで淹れてもらったコーヒーを、温かいまま山の上まで持っていける保温力がうれしい。直接飲めるカフェキャップは口当たりもよくて、バーナーが使えない山を歩くときなどに重宝しますね」(四角友里さん)

klean canteen KK TKワイド12oz w/Cafe ¥3,960 (税込)
その他本人私物

SCENE 3. 町歩き

鎌倉の町が、日々の生活エリア。
市場で買い物をしたり、カフェで寄り道をしたり。
肩のこらないデザインのウエアは
暮らしのどのシーンにも似合う。

撮影協力/LONG TRACK FOODS

デザインやパターンを、イチから別注したフリースは、ポーラテックウィンドプロを採用し従来の4倍もの防風性を備える。

「フリース素材のプルオーバーは、シンプルなデザインのようで、カッティングやポケットの配され方などが考えられていて、選びやすい一着。ストレッチの効いたテーパードシルエットのパンツは形がキレイで、ポケットの位置も絶妙です。プリマロフトを使った中綿のアウターは軽くて温かい。高機能素材の優秀さを知っているからこそ、町なじみのよいこのデザインで着られてうれしい」(四角友里さん)

オーバーサイズのアウターは、裾に配されたスピンドルとストッパーで、コクーンシルエットにすることも。

WILDTHINGS×EKAL 別注フリースプルオーバー ¥16,500 (税込)
EKAL アクティブストレッチジャーニーパンツ ¥9,350 (税込) ※10月中旬発売予定
アウター ※11月末発売予定
その他本人私物


2021年10月3日(日) 19:00から、本記事と連動したUR LIVEを配信!
こちらもぜひご覧ください。

> UR LIVE

ランドネ編集部
写真/野呂美帆

FEATUREおすすめしたい記事

page top