外部サイトへ移動します
FASHION NOV 05,2019

ROSSO WOMAN 2019AW VOL.4


小林 文
ファッションエディター

媚びるところがどこにもなく、いつだってファッションを楽しんでいる。
私たちは、そんな彼女の着たい服が気になる。
働く女性のファッションの指針である
数々のメディアに携わっている小林 文さんが、
その“ファッション”を語ります。

タートルネックのニットとの、深い関係

「子供の頃、冬になるとタートルネックのニットをよく着ていましたね。デザインの仕事をしていた母が、黒のタートルネックのニットにチェックの巻きスカートなど、トラッドなファッションが好きだったんです。いつも黒、グレー、ネイビーなどの地味な色のシックなファッションに身を包んだ3姉妹でした。」
姉、文さん、妹の3姉妹。周りが可愛らしいファッションが多い子供の頃は、母の好みが少し物足りなく感じたかもしれない。しかし文さんの“ファッション好き”は、間違いなくその時に培われたものだ。一つのアイテムへのこだわりも強い。「ハイゲージのピタッとしたニットも好きなのですが、このROSSOのニットの、折るか折らないかくらいのざっくりとしたボリュームのあるネックも好き。見た瞬間にコレだ!と思いました。裾や袖にかけて、空気を含む感じの丸いフォルムも気に入っています。スエットっぽく使えて新鮮なニットですね。」長年のニットとの関係から、言葉が溢れた。

ファッション好きの、ヘルシーな着こなし

今回はこのニットに、お気に入りのフレアデニムとコンバースのスニーカーをコーディネートした。「ピタピタのフレアデニムは、それだけでとても女性らしいアイテム。ざっくりニットなど、他をカジュアルにすることで、全体的にヘルシーなイメージにしました。」目の前にいる彼女は、とても女性らしく清々しい。いかにも、“ヘルシー”だ。「ニットのパープルと、デニムの色落ちしていない均一で鮮やかなブルーで、寒色系のグラデーションにしました。」グレーのスニーカーも含めたそのグラデーションに、バッグの色も合わせたくなるものだが、しかしそこはファッション好きの彼女らしい流石の思考だ。「反対色のイエローで意表を突く感じにしたかったんです。」
美しいグラデーションに、アンバランスさを楽しむ様は、大人の余裕を感じさせる。

セルフネイルで、至福の時間

ニットの長めの袖口から、濃いブラウンのネイルが覗く。「この仕事を始めてからは、セルフネイルを楽しんでいます。」と言うのも、社会人1年目から5年半ほどは、就職情報サイトの営業をしていたそう。「当時はジャケット着用が決められていたし、名古屋出身の私にとっては、ネイルくらいは華やかにしたいという想いがありました。3週間に一度、ネイルサロンに通っていましたね。でもこの仕事を始めたらファッションが自由になったんです。ファッションもネイルも全てを作り込んでしまうとキマリすぎていて、強い印象を感じてしまって。爪から削ぎ落としていこうと思いました。」爪を潔く短くし、大学生ぶりに自分でネイルを塗ってみた。「大学生の頃とはマニキュアの質が全く変わっていたんです。筆が優秀で乾きも良く、何と言ってもカラーが豊富!感動して、塗るのが楽しくて。爪を整えるものやマニキュアなど、少しずつ買い集めるようになりました。」ネイルはファッションの一部、季節とともにカラーを楽しんでいる。「最近はオレンジブラウンがお気に入りです。」
ファッションエディターとして働き始めてからは、お風呂に入ってあとは寝るだけ…そんな静かな夜に、ビールやワインを飲みながらネイルを塗る時間が至福だ。

全く異なる業界へのジョブチェンジについて聞いてみた。「父の会社はレースの卸をやっていて、母は元デザイナー、祖母は洋裁の先生という環境で育ちました。だからでしょうか、子供の頃からファッションと雑誌が大好きだったんです。」そんなファッションに囲まれた生活から、姉は迷うことなく女性誌の編集という道を選んだそう。「私も憧れはありながら、姉と同じことをやっても…と思い、全く別の道を選んだんです。でも雑誌に埋もれながらの生活は変わらず。付き合っていた彼が初めて家に遊びに着た時、『こんなに雑誌に埋もれながら寝ているなら、そういう仕事をしたら?』と言ったことを覚えています。最初は『簡単に言うな!』と返していましたが、30歳を目前に結婚や出産も含め、今後の人生を本気で考え始めました。やっぱりあの時に…と後悔だけはしたくないと思い、重い腰を上げて転職することを決めました。
ずっと背中を押し続けてくれたその彼は、ファッションエディターとして活躍する彼女を一番近くで応援する、夫だそう。
公私ともにファッションに囲まれる生活は、こうして始まった。


PICK UP ITEM

バックシームタートルニット
リラックスしたサイズ感の柔らかなニット。ウール100%なので、ストレスを感じさせない気持ち良い着心地です。後ろ身頃にかけて長くなった裾にはリブが入っていて、体を華奢に見せてくれるシルエット。バックシームがアクセントとなり、女性らしさを際立たせてくれます。

Knit ¥14,300 (税込)
※着用カラーは11月15日(金)〜ONLINE STOREにて先行販売
※店頭は12月中旬頃入荷予定

FEATUREおすすめしたい記事

page top