外部サイトへ移動します
FASHION NOV 27,2022

これさえあれば! 「持っ得」べきROSSO MEN Vol.4

ニットやアウターなどの防寒アイテムが必要になるこの時期。お買い物は計画的に進めたいですよね! といっても、冬はレイヤードが前提だから、揃えるアイテムが必然的に多くなります。ベーシックで、いろいろ着回せて、なおかつお手入れが楽! というのが理想です。というわけで、本企画第4弾では、オンにもオフにも使える「持ってて得する」アイテムをセレクト。モデルのSHOTAが着用シーンを好演! ワードローブ選びの参考にしてみてください。


リラックス系パンツは、
家でも外でも穿けるキレイめがいい!

ROSSO MEN 別注 GRAMICCI×ROSSO ボンディング フリース ナローパンツ ¥13,200 (税込)
ROSSO MEN ハミルトンラムズウールスタンドカラーカーディガン ¥16,500 (税込)
ROSSO MEN シルケットスムースロングTシャツ ¥6,600 (税込)
他参考商品

何も用事のない土曜日の昼下がり。ソファでテレビを見てまったり・・・こういう日に便利なのが、グラミチの「ボンディング フリース ナローパンツ」だ。何がいいって、タイトなナローシルエットのジョガー仕様だから、すっきり穿けてスタイリッシュ。そのうえ伸縮性もあるから楽ちんだ。家にいるときもお気に入りのものを身につけていると、なんとなく気分がいいよね。だから、インナーにはビジカジのときに愛用しているちょい光沢アリのロンTに、スタンドカラーのカーディガンをチョイス。お? キッチンから妻が呼んでいるみたい。「夕飯の買い物行くから車出して!」だって。ちなみに、このパンツは保温性に定評のあるボンディングフリースを採用。裏面が起毛していて保温性も抜群だから、このまま外に出るのも全く問題なし! 家では楽ちん、そのまま外出OKってかなり優秀でしょ?

グラミチ独自の機能性ももちろん健在。ベルトは片手でサイズの調整ができる「ウェビングベルト」。また、どんなに動いても生地のつっぱり感を感じることがないよう股下に長方形のマチを施す構造、「ガゼットクロッチ」も。外でアクティブに行動するときも、家でリラックスするときも実に快適です。

バーズアイ柄のニットは、
周囲に差をつける冬の主役アイテム。

ROSSO MEN バーズアイ柄ニット ¥13,750 (税込)
ROSSO MEN バックサテンイージーカーゴパンツ ¥14,300 (税込)
他参考商品

近所に古民家を改装したいい感じのカフェができた。たまには本を片手にコーヒーでも。そんなときは最近ワードローブに投入したバーズアイ柄のニットがちょうどいい。実はコレ、去年も登場したシリーズだけど、今年はさらにアップデートしたのだとか。古着ライクな表情はそのままに、ほどよいユルさのあるシルエットを追求。ニットって暖かくて重宝するけど、意外とチョイスが難しいアイテムのひとつだと思わない? でも、これなら着膨れして見えないし、野暮ったさも皆無。それに冬ってダークカラーが多いから、柄があるとコーディネイトのいいアクセントになるんだよね。チノパンやデニムといったカジュアルとの相性はもちろんのこと、スラックスに合わせてもOK。今日はボトムにテーパードシルエットのカーゴパンツを合わせた。これはバックサテン生地だから、キレイめにカジュアルがキマる最近のお気に入りなんだ。

レトロな雰囲気のあるバーズアイ柄を大人なベーシックカラーで仕上げたニット。ダークカラー一辺倒の秋冬の着こなしに、適度な抜け感を演出します。チクチクしない柔らかな肌ざわりでありながら、ウール特有のぬくもりはもちろんそのまま。ルーズフィットですが、着膨れして見えない程よくバルキーな質感です。

冬のビジカジに重宝する、
ハリスツイードのジャケ&ベスト。

ROSSO MEN ハリスツイードジャケット ¥41,800 (税込)
ROSSO MEN ハリスツイードベスト ¥22,000 (税込)
ROSSO MEN ストレッチツイルステンカラーコート ¥28,600 (税込)
ROSSO MEN UR TECH ハイゲージクルーネックニット ¥8,800 (税込)
ROSSO MEN ウールライクチェックイージースラックス ¥13,200 (税込)
ROSSO MEN レザートートバッグ ¥23,100 (税込)
他参考商品

一本目の商談を終え、次のアポへ。今日みたいな外回りの日に重宝しているのが、ハリスツイードジャケットだ。丁寧に織り上げられたツイードを使用し、2つボタンのシンプルなデザインも気に入っている。冬はいろいろ重ね着したいから、少しゆとりのあるサイジングも絶妙。インナーにはシャツを合わせるのもいいけど、今日は全体のトーンを合わせたビジカジが気分。ベージュのクルーネックニットをインして、ジャケットと同素材のベストをプラス。これだけでグッと締まった雰囲気になるって、最近発見したんだ。ボトムには、チェック柄のスラックスをチョイス。これはウールのようなしっかりとした見た目ながらも、リラックス感のある穿き心地。すっきりとしたテーパードシルエットに着こなしに軽さをプラスするアンクル丈だ。ね、ツイードジャケットとの相性もバッチリだと思わない?

ジャケットと同素材のハリスツイードのベストは、単品でも使える優れもの。インナーは、アーバンリサーチの独自素材”ULTRA THERMO by URBAN RESEARCH”を使用したハイゲージニット。これは、赤外線を吸収して熱に変換されることで、 蓄熱性が高まるというハイテク素材で、家庭でのお手入れが可能。もちろん、ベストにはタイドアップもハマるので、これ一着でさまざまな着こなしがお楽しみいただけます。

高機能素材を採用のダウンコート。
「使える」デザインをとことん追求。

ROSSO MEN 別注 +phenix GORE-TEX INFINIUM DOWN COAT ¥44,000 (税込)
ROSSO MEN ウォッシャブルジャージースーツ ¥25,850 (税込)
ROSSO MEN REPREVEイージーケアストライプシャツ ¥13,200 (税込)
ROSSO MEN レザートートバッグ ¥23,100 (税込)
他参考商品

今年は秋を飛び越して、駆け足で冬がやってきた。急いで今年のアウターを買わなくちゃ! と思ったら、かなり好みのダウンコートを発見。僕の愛用ブランド、ROSSOが+phenixに別注したもので、何がいいってとにかくシンプル。だから普段使いはもちろんのこと、スーツの上から羽織るアウターとしてビジネスシーンでも使えるのだ。もちろん、デザイン性だけでなく、機能性にも優れているのが購入の決め手。表生地には防風性、透湿性を備えたGORE-TEX INFINIUMを採用。つまり、悪天候でも安心、なのに電車の中で着たままでも蒸れないってワケ。軽量で、着ていても肩が凝らないし、裏面に立体的なキルティング加工が施してあるから、防寒性も申し分なし。毎日コレばっかり着ていたら、「私も高機能素材を使ったアウターを新調したい!」って妻に言われちゃった!

表面にはフラップファスナー付きのポケットを2つ、そして内側にもポケットを装備しているから、ご近所ぐらいなら手ぶらでOK。袖のゴアテックスプリントは、ボディと同色でさりげなく。フード付きですが大きすぎず、また、顎までしっかりとカバーするネックデザインもポイントです。前立てには、ファスナーの他にドットボタンも付帯し、しっかり防寒可能です。

3シーズン着回せるステンカラーコートは、
着心地もお手入れも楽ちんなんです。

ROSSO MEN ストレッチツイルステンカラーコート ¥28,600 (税込)
ROSSO MEN ブロードレギュラーカラーワイドシャツ ¥11,000 (税込)
ROSSO MEN ウールライクイージースラックス ¥13,200 (税込)
ROSSO MEN レザートートバッグ ¥23,100 (税込)
他参考商品

今日は、打ち合わせのアポがいくつかあったから、アウターには脱ぎ着がしやすいストレッチツイルステンカラーコートで。このコート、見た目はしっかりしているのに、着心地は超〜イージー! シワになりにくく、出先では畳んでトートバッグにインできるから、かなり便利。生地はしっかりしているし、そのうえ、ストレッチが効いていて、ジャケットやニットの上から重ねてももたつかず快適。通勤にぴったり! と思って購入したこのコートだけど、パーカーやデニム、スニーカーといったカジュアルアイテムとの相性がいいのは嬉しい誤算。実は、「大人のカジュアルって感じで素敵よ」って妻にも褒められたばかりなんだ。これを羽織るだけでグッと洗練された印象になるし、シーズンレスで使えそう。これは持っててお得なアイテムだね!

前立ては比翼仕様で、ミニマムなデザインが際立ちます。どんなボトムにも合わせやすい着丈で、スラックスはもちろんカジュアルなデニムやチノパンなどとの相性も抜群。高級感のあるツイル生地を採用しているうえ、表面には撥水加工を施してあるので小雨程度なら濡れてもOK。また、汚れたら自宅でお手入れが可能となっています。

▼ARCHIVES

これさえあれば! 「持っ得」べきROSSO MEN Vol.1
これさえあれば! 「持っ得」べきROSSO MEN Vol.2
これさえあれば! 「持っ得」べきROSSO MEN Vol.3

ROSSO MEN
> ONLINE STORE
> Instagram

Model by Shota (INDIGO)
Photography by Takuro Shizen
Hair & Make-up by Nana Onodera
Edit & Text by ONE-HALF

FEATUREおすすめしたい記事

page top