外部サイトへ移動します
LIFE STYLE&BEAUTY SEP 25,2020

肌の乾燥シーズンに備えて!
秋に老化を進めない夏の疲労肌ケア。


厳しかった夏が終わり、これからさらに気温が下がり空気の乾燥が強まります。
今年は猛暑だったこともあり、季節の変わり目のスキンケアは注意が必要です。

過酷だった夏を乗り切った今の肌は疲れ切ってヘトヘトな状態…、この肌の状態のまま乾燥が強まる秋本番を迎えると、肌の老化が一気に進んでしまいます。

夏のダメージをどれだけケアしたかが、肌の老化を食い止める重要なポイント。この時期の肌に必要なスキンケアをご紹介します。

夏にダメージを受けた肌はこんな状態・・・
・ 角質が肥厚し、肌表面のごわつき。
・ 毛穴の開き、黒ずみ。
・ 新陳代謝低下によるくすみ。
・ 紫外線やエアコンによるインナードライとハリ感低下。
・ マスクによる肌荒れ。

<夏のダメージケア2ステップ>

ステップ 1 美容成分が浸透しやすいふわふわな肌作り。

角質が肥厚し硬くなった肌のままでは、せっかくの美容成分が充分に浸透しません。
また、くすみの原因にもなります。
不要な角質を除去して、常に肌をやわらかくしておくことはスキンケアの大切なポイント。

オススメ! 使用後、肌がしっとりもちもちになるクレンジング

KAGURE holistic beauty マイルドクレンジング
さとうきび由来のスクワランが不要な角質をやわらかくして剥がれやすくし、コメヌカ油が硬くなった肌をやわらかくします。
肌に負担をかけずメイク汚れを落とすと同時に角質ケアも出来るクレンジング。

スチーミングケアのススメ

温かい蒸気が不要な角質をやわらかくして剥がれやすくします。顔全体を温めることで滞りやすい毛細血管に働きかけ血行を促進、老廃物を流すと同時に肌のすみずみにまで栄養を行き渡らせます。くすみも一掃し、やわらかくキメの整った肌を実感できます。

<タオルスチーミングのやり方>
用意するもの:フェイスタオル・お湯

① フェイスタオルをお湯に浸して絞る。(電子レンジでも可。)
※ 火傷にご注意ください。

② 温めたフェイスタオルをメイクを落とした顔全体にのせて温める。
タオルの上から目の下△ゾーン・目周り・耳をやさしく押してじっくり温める。

③ タオルが冷めてきたら、温め直して2~3回繰り返す。
④ スチーミング後はローション・美容液・クリームやオイルでスキンケアをする。

ステップ 2 ダメージを受けた肌を癒して水分量アップ!

夏の間に受けたさまざまなダメージを癒すことと、しっかり保湿をして肌を整えることが大切。
紫外線やエアコンによる肌の乾燥は想像以上に進んでいるもの。
さらに今年の夏はマスクによる肌への刺激もあったため、これらを放っておくと肌の免疫が下がりいつも以上に肌荒れが起こりやすくなります。

オススメ! 優れた抗炎症作用あると言われるヘチマ水がベースのローション

KAGURE holistic beauty モイスチャーローション
ヘチマはキメを整えることが研究で実証されている植物。ヘチマサポニンが皮膚細胞を活性化し、肌を潤いで満たします。
ポリフェノールが赤ワインの30倍以上も含まれるゲットウ葉水や、ビタミンが豊富に含まれるダマスクバラを配合。疲れた肌を癒します。

ローションパックのススメ

より効果的に保湿するにはやはりローションパックがおすすめ。
角質層のすみずみまでローションを浸透させて水分量をアップさせます。毎日もしくは2日に1回の頻度から始めてみましょう。

<ローションパックのやり方>
用意するもの:ローション・パック用フェイスシートか大判コットン

① フェイスシートか大判コットンにローションをひたひたになるまで染み込ませる。
コットンの場合は、厚さを半分にするため2枚に裂く。

② 顔全体にのせる。

③ 3分ほど経ったらとる。
④ 美容液・クリームやオイルでスキンケアをする。

オススメ! たっぷり水分を抱えこみ、肌を引き締めるエッセンス

KAGURE holistic beauty ボタニカルエッセンス
ローションで肌を整えた後に使うことで、ヒアルロン酸がさらに水分を角質層に抱え込みたっぷりと保湿。新陳代謝促進や抗酸化作用のある各種ベリーから抽出したビタミンを配合しいきいきとした肌へ導きます。
また、海藻の一種のアルゲエキスやビターオレンジ花水の持つ収れん(引き締め)作用で毛穴やキメを整えます。ずっと乾燥肌で悩んでいる方や、肌にツヤがないと感じる方におすすめのアイテム。

肌に水分をしっかりと与えたら、油分をバランスよく与えるのが美肌へのカギ!
最後はクリームや美容オイルで美容成分を閉じ込めましょう。

オススメ!

KAGURE holistic beauty エンリッチクリーム
肌の土台を作り、ハリとツヤを与える高保湿クリーム。

KAGURE holistic beauty IG ビューティーオイル
ブルールーライトや近赤外線、大気汚染物質から肌を守る成分InfraGuardを配合した美容オイル。

KAGURE holistic beauty トライアルキット
マイルドクレンジング・モイスチャーローション・エンリッチクリームの約1週間分の基礎化粧のセット。

<お得情報!>
現在、トライアルキット以外の商品が期間限定で20%割引中!
この機会に是非、秋のスキンケアの見直しをしてみてください。

夏の疲れを残さないこの時期の過ごし方

◇まだまだ油断せずに紫外線対策!
ギラギラした日差しの日が少なくなり、うっかり紫外線対策を油断しがちですが、9月はまだ紫外線量が多い季節。この時期にシミを作らないように、引き続きしっかり紫外線対策をしましょう。

◇睡眠の質を上げる
夏の間は、暑さで寝苦しく睡眠の質が低下しがちだったため、寝ている間に1日の疲れが解消されずだるさやむくみを感じた方も多いはず。
夏の疲れを残したままでは秋に体調を崩しやすいので、これからは出来るだけ自然のサイクルに合わせて早寝早起きを心がけ、ゆっくりと入浴して身体を温めて乱れた体内リズムを整えていきましょう。

◇湿度が下がり始めるこの時期は体内の乾燥に注意
空気が乾燥してくるため、呼吸器系や肌の乾燥が起こりやすくなります。
加湿器や濡らしたタオルを干すなど、自分のいる空間の湿度調整を心がけましょう。

◇朝夜と日中の気温差に注意
夏と同じように薄着で過ごしたり薄手の寝具のままでは、朝夜の気温が下がる時間帯に体の冷えが進んでしまいます。
暑い間は敬遠しがちだった湯船にゆっくり浸かり、3つの首(首・手首・足首)を冷やさない衣類や寝具に切り替えて夏の冷えを残さないようにしましょう。

◇適度に汗をかいて体内の熱を発散させる
特に今年の夏は、あまりの暑さに冷房の効いた室内に長くいることが多かった人は、夏の間に充分な汗をかいておらず、体内の熱を発散しきれていないことも。
体内に熱がこもったままでは、空気が乾燥し気温が下がるこれからの時期に風邪を引きやすくなります。
涼しい時間帯に軽く身体を動かし適度に汗をかいて熱を発散させましょう。

秋は1年を通して1番肌の老化のリスクがある季節。
夏のダメージはしっかりケアして、乾燥シーズンに備えましょう。

KAGURE holistic beauty
日本人女性のために開発された、 肌本来の力を高め、ゆらぎにくく自立した肌を育てるコスメシリーズ。

【販売店舗】
かぐれ 東急プラザ銀座店 / ジョイナス横浜店

URBAN RESEARCH DOORS / URBAN RESEARCH / URBAN RESEARCH Store の一部店舗

アーバンリサーチ オンラインストア

FEATUREおすすめしたい記事

page top