外部サイトへ移動します
LIFE STYLE&BEAUTY SEP 20,2021

秋、一番肌老化のリスクがある季節。
老化を進めないためにできること。


秋に肌老化のリスクがある理由。

夏の間に受けたダメージは、日々肌に蓄積され、秋になる頃に肌のごわつきやかさつき、シミやしわとなって一気に現れます。
肌がかたくなりごわついていると、きちんとスキンケアをしても保湿成分の浸透が妨げられ、肌へ十分に水分が補給できません。
これにより乾燥がよくならずターンオーバーが乱れて、くすみや弾力が不足したたるみ顔に。
ただでさえ秋は空気が乾燥しているので、しっかりと保湿をしておかないと肌のバリア機能が弱まり肌トラブルに繋がりやすくなります。

1年を通して秋はスキンケアにもっとも気を使うべき季節。
秋にきちんとスキンケアをしていたかが来年の美肌を決めると言われています。

秋のスキンケアポイントは「ごわつきケア+保湿」

肌がかたくなってごわつく原因の1つはターンオーバーの乱れによるもの。
ターンオーバーとは、肌が約1ヶ月(28日)のサイクルで生まれ変わることですが、これが乱れると古い角質が肌から剥がれ落ちにくくなり、角質が厚くなるため肌のごわつきに繋がります。
ターンオーバーのサイクルは年齢が高くなると長くなりますが、それ以外に紫外線や乾燥、血行不良でもターンオーバーは乱れ、放っておくと透明感のないくすみ顔の原因に。
スキンケアの効果を最大限に発揮させるには、まずは浸透しやすい柔らかい肌と、血行のよい肌作りが必要です。

スキンケアの効果をぐんと高めるタオルスチーミングのすすめ。

<スチーミングの効果>

1. 角質をケアしてキメを整える
かたくなった不要な角質を剝がれやすくします。

2. 化粧水の浸透力を高める
蒸気と温熱により角質を柔らかくし、化粧水や美容液などの保湿成分を肌に浸透しや
すくします。

3. 毛穴の汚れを落ちやすくする
毛穴がゆるみ汚れが落ちやすくなります。
角栓のつまりが気になる時は、洗顔前のスチーミングがおすすめ。

4. 血行改善
温かい蒸しタオルで顔を包むことで、血行を改善し巡りをよくします。

<スチーミングタオルの作り方>

用意するもの:フェイスタオル・お湯

① フェイスタオルをお湯に浸して絞る。(電子レンジでも可)
※火傷にご注意ください。

② メイクを落とした状態の顔の上に、温めたタオルをのせる。

<スチーミングのやり方>

目のまわりを優しく押して温めます。
(眼精疲労・目のクマ・小ジワ)

こめかみからおでこにかけたゾーンを優しく押して温めます。
(眼精疲労・目のたるみ・おでこのしわ)

顎から耳の下までのフェイスラインを優しく押して温めます。
(リンパの流れ促進)

耳周りを優しく押して温めます。
(頭皮をゆるめる・自律神経調整)

タオルを温めなおして2〜3回繰り返します。

スチーミング後の肌は浸透がよくなっているので、すぐに化粧水→美容液→クリーム→オイルなどで保湿しましょう。

オススメ! 夏のダメージを受けた肌を癒し、潤いで満たすボタニカルローション。

暑い夏の間、紫外線やエアコンによる乾燥などのたくさんのダメージを受けた肌はへとへと状態。
植物エキスと植物水を贅沢に配合したローションがたっぷり保湿し、疲れた肌を癒して潤いで満たします。

KAGURE holistic beauty MOISTURE LOTION ¥3,850 (税込)

オススメ! ハリとツヤを与える高保湿クリーム。

ビタミン豊富なアルガニアスピノサ核油やアルガンエキスなどを配合した肌の土台を作るクリーム。
乾燥した肌を保湿し、もっちりとしたハリのある肌へと導きます。

KAGURE holistic beauty ENRICH CREAM ¥5,170 (税込)

秋は、空気の乾燥に要注意。

秋の乾燥した空気は、肌の乾燥だけでなく喉や鼻の呼吸器系も傷めるので、風邪をひきやすい季節でもあります。
この時期の乾燥予防としておすすめなのは深呼吸。
深呼吸をすると体のすみずみにまで新しい酸素が届けられ、細胞が活性化して免疫力がアップします。
深呼吸で呼吸器系を刺激し、乾燥に負けない体づくりをしましょう。
特にここ数年はマスクで呼吸が浅くなり、脳に十分な酸素が行き渡らないため、集中力が低下したり頭痛や眠気の症状が出ている人が多いようです。
深く呼吸をすることを意識して生活してみましょう。

~3分間深呼吸のやり方~

1. 仰向けになるかゆったりと座れる椅子に腰かけ、お腹に手を当てて、まずは体の中の空気を全て吐ききります。

2. 鼻からゆっくりと空気を限界まで吸いこんだら3秒止めます、この時、お腹が膨らんでいるのを確認しましょう。

3. 口から細くゆっくりと空気を吐ききります、この時、お腹がへこむのを確認しましょう。

これを5回繰り返します。

繰り返していくと、体の巡りが良くなりぽかぽかと温まってくるのを感じられます。

秋冬の手荒れを救う!
保湿・手荒れケア・静菌を兼ね備えたハンドクリームが発売されます。

秋から冬にかけては、手荒れに悩む方が多い季節。
特にここ数年は、手洗いやアルコール消毒をする機会が増えたことで、いままでにない乾燥や手荒れを招いています。
放っておくとあかぎれやヒビ割れなどが起こり、その傷口からウイルスが侵入するリスクも。
手の消毒が必要な毎日だからこそ、これまで以上に念入りにハンドケアをしましょう。

かぐれ ハンドクリーム (10月15日(金)発売予定)
40g 1,650円 (税込)
100g 2,970円 (税込)

手荒れの原因になる消毒用アルコールの代替として期待されているスイス原産のニガヨモギや、昔から民間療法でも多用されている柿渋の主成分であるカキタンニンを配合し、手を清浄で健やかな状態に保ちます。
さらに、「夏の紫外線」と「冬の乾燥」によるダメージの両方に働きかける瀬戸内オリーブ葉や、肌荒れをケアし明るくハリのある手に導くハトムギなどを配合。

華やかでリッチな香りは、使うたびに気持ちを癒してくれます。
ご自分用にもプレゼントにもおすすめです。

KAGURE holistic beauty
日本人女性のために開発された、コスメシリーズ。
肌本来の力を高め、ゆらぎにくく自立した肌を育てます。

【販売店舗】
かぐれ ジョイナス横浜店

URBAN RESEARCH DOORS / URBAN RESEARCH / URBAN RESEARCH Store の一部店舗

アーバンリサーチ オンラインストア

かぐれ Instagram @ k_a_g_u_r_e

FEATUREおすすめしたい記事

page top