外部サイトへ移動します
FASHION SEP 04,2020

羽織りから、ロンTまで。秋の主役を任せたい秀逸トップス

本命なき混戦が予想される今秋のトップス戦線。シャツにロンT、カーディガンなど一通りチェックしておくのが賢明です。主役を張れる勝負トップスをどっさり集めました!


良い意味で“ひとクセあり”、が今秋らしいトップスの選び方

外出の頻度も減ったせいかファッショントレンドは大混戦、今年は例年に増して大きな潮流が見られません。だからこそ、この秋はいっそのこと気がねなく自分らしいファッションを楽しんでみてはいかがでしょう? 流行にとらわれず、好きなモノを着るという刺激が新しいマイスタイルの扉を開いてくれるかもしれません。かといって、いきなり奇抜なデザインはハードルが高いもの。ちょっとクセがある、背伸びを後押ししてくれるトップスをおすすめします。

例えば、デザインはプレーンなレギュラーのシャツですが、素材がコーデュロイに変わるだけで、グッと秋らしく温かみのある雰囲気を創出。畝の凹凸があるので陰影が生まれ、シャツ1枚でも秋コーデのメインを張れる存在感を醸し出しています。ビッグシルエット偏重だった昨今トレンドから抜け出すように、ジャストサイズで着こなすのも気分です。太畝のコーデュロイには素朴さというプラスの面もありますが、逆に新鮮ないなたさもあるので、ボトムはデニム×スニーカーではなく、クリーンな白パンツにドレッシーなシューズを合わせてバランスを取るのも1つの手でしょう。

この他にも、一見普通のデニム素材なのに和紙が入っていたり、プレーンなシャツにデザインのニュアンスを加えたりと、「アーバンリサーチ」のブランドらしい絶妙な“ひとクセ”を探してみてください!

インにもアウトにも大活躍必至の、ハーフスリーブシャツ6選

ここからは、「アーバンリサーチ」注目ブランドの新作トップスをまとめて紹介。旬度の高いデザインや実用性な機能性を備えているのはもちろん、ブランドバリューも確保したアイテムは、どれも争奪戦必至です。今すぐ着られて冬もインナーとして使える、息の長い活躍が期待できます。

アイテム 1
URBAN RESEARCH ミラノリブカーディガン

在宅ワークが増えた現在、近所に買い物に出かけるときもサッとTシャツの上に羽織れるカーディガンの出番が増えています。こちらはドロップショルダーでゆとりのあるフィット感と、ミラノリブによるきれいめで上品な雰囲気との相乗効果でエフォートレスな佇まいを醸成。ちなみにミラノリブとは、イタリアのミラノで生まれたことからそう呼ばれている編み地です。専門的にいうと袋編みとゴム編みを交互に組み合わせた編み地ですが、要は伸縮性を抑えることでしっかりしたコシを出した生地だということ。横段の畝が特徴のフラットな編み地でほんのりドレッシーに見えます。

アイテム 2
URBAN RESEARCH DOORS イージーケアバンドカラーシャツ

コットンのブロード生地のシャツは、それだけでも品が良く使い回しが効くトップス。ですが、洗濯後にそのまま乾かすとシワがつきやすいのが難点でもあります。そんな悩みを解消してくれるのが、綿100%なのに防シワ性のある素材を使った『アーバンリサーチ ドアーズ』のバンドカラーシャツ。着ジワもつきにくく、一日中着用した後に見ても上品さをキープしています。パンツにタックインしても洒落感が高まり、アウトして着てもサマになる、絶妙な裾部分の“くり”のカーブもポイントです。

アイテム 3
EKAL ストライプレイクショアシャツ

今秋の大本命といっていい、『エカル』らしいグッドデザインのストライプシャツが登場。表側とバックでピッチの異なるストライプ生地を組み合わせていたり、襟の形状を保つために隠しボタンダウン仕様にしたり、袖のひじ部分にタックをとって腕を動きやすくしたりと、細かいところまで行き届いた配慮はさすがの一言。アーバンアウトドアを標榜する、『エカル』らしいスペックが光ります。両胸に大き目のフラップポケットが付いていることで外着としての印象も強まり、シャツ1枚で着ても十分存在感を放ってくれます。

アイテム 4
URBAN RESEARCH Sonny Label Movie Photo Long-T-shirts

映画好きなら、プリントでアピールするのも手。知らない人とでも、Tシャツからコミュニケーションが生まれるかもしれません。『サニーレーベル』では往年の名作、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイトルロゴをフロントに載せ、バックにはお馴染みの車型タイムマシン、デロリアンをプリント。加工による味出しで、さながらヴィンテージTのようです。これ以外にも、『スター・ウォーズ』、『フォレスト・ガンプ/一期一会』『スタンド・バイ・ミー』と名画揃い!

アイテム 5
URBAN RESEARCH DOORS ダブルシルケット9分袖Tシャツ

上で紹介したストリート感のあるロンTも良いですが、Tシャツ以上シャツ未満な『アーバンリサーチ ドアーズ』のカットソーはシンプル&ベーシックな大人スタイルに好適です。左胸にポケットが付いているぐらいで変哲のない見た目ですが、特別なシルケット加工が施されておりクリーンなツヤ感を創出。肌ざわりはつるりとして気持ち良さは極上です。さらに、手首に袖口がかからない9分袖に設定されていて、ブレスレットや腕時計などのアクセサリーを着けるのにも向いています。イン&アウト、どちらも見栄えのする1枚です。

アイテム 6
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH エコスエードCPOシャツ

ミリタリー由来のCPOシャツは、シャツアウターの中でもポピュラーなアイテム。今作は同アイテムならではの土っぽさを払拭し、『センスオブプレイス』がモダンにアレンジしています。両胸にパッチポケットをもつCPOシャツといえば厚手のメルトン地が一般的ですが、素材をエコスエードに変えることで、着心地もやわらかでお手入れも楽ちんにアップデート。リアルなスエードではないぶん、5,000円を切るコストパフォーマンスも実現しています。秋らしいニュアンスのあるカラーリングや色を重ねたボタンも、洒脱な雰囲気を後押し。

構成/TASCLAP編集部
執筆/名知正登

FEATUREおすすめしたい記事

page top