外部サイトへ移動します
FASHION NOV 19,2021

THE GOODLAND MAGAZINE Vol.06 nee mee

新しい取り組みを行うブランドやプロダクトがラインナップする<THE GOODLAND MARKET(ザ グッドランド マーケット)>。そんなイロトリドリなラインナップの中から、にいやん編集部がピックアップしてお届けするTHE GOODLAND MAGAZINEも第6回目。今回は、モデル・女優の佐田真由美さんがディレクションするブランド<nee mee(ニーミー)>について。ブランドの成り立ちから彼女のものづくりに対する想い、さらにはファッション業界を含めた未来に対するの話などなど。<THE GOODLAND MARKET>が常設する『アーバンリサーチ 堀江店』で聞いてきました。


※ 撮影時のみマスクを外しております。会話中はスタッフ全員がマスクを着用し、一定の距離を空けるなどコロナウイルス感染拡大防止対策を施したうえで取材を行っております。

ワクワクできることを信念に
未来の世代まで考えたものづくり

<nee mee>立ち上がりのきっかけを教えてください。

メディア型通販サイトの『STYLE VOICE』でチャリティーマスクを作る企画があって、その時に初めて豊島さん(豊島株式会社)で扱う「TRUECOTTON」と出会ったんです。「TRUECOTTON」は一切農薬を使わず全てトレーサブルなので、働いている人の身体にも環境にも優しいコットンなのですが、素材自体も素晴らしくて。初めて触った時に、「この生地でボディスーツを作りたい!」と思ったのがきっかけです。実は10年以上前からボディスーツを作りたいと思い続けていて、「TRUECOTTON」を通して、豊島さんの地球環境に配慮したたくさんの取り組みを知って感銘を受け、ぜひ一緒にお仕事できたらと思ったんです。

top : TRUECOTTON×リフィブラ ロンTee [ neemee020-TGM13i ] ¥9,600 (税込)
bottom : 裏毛パンツ [ neemee007-TGM13i ] ¥19,800 (税込)

<nee mee>というブランド名ですか、その意味や由来は?

私のラッキーナンバーが“23”で(笑)。自分の誕生日につく数字でもあるのですが、何かをスタートする時やリリースする時、自分がやってきた雑誌の発売日だったりが23日で。勝手にラッキーナンバーだと思ってるんです。それで、この“23”を使ったブランド名にしようと決めたんですが、そこからかなり試行錯誤しました。「123」を「ヒーフーミー」と読むように、「23」を「ニーミー」と読んでみたらしっくりきて、<nee mee>となりました。しかもカタカナ表記にすると「ニーミー」って線がいっぱいで可愛いなって。あとは、造語みたいな感じなんですが、英語で「need me」の意味もあります。まずは自分が必要だし、自分を大切にしてあげてほしい。そうすると人(環境)にも優しくなれる。そう言った想いも込めています。

tank top : 片袋タンクトップ [ neemee003-TGM13i ] ¥7,590 (税込)

まさかラッキーナンバーだったとは思いませんでした(笑)

そうなんですよ(笑)。英語でも数字にしても形が可愛くてとても気に入っています。

展開されている店舗にもこだわりを感じますね。

今、展開しているお店は自分たちの想いを理解してくださったり、同じように様々な取り組みをされているところです。お客様の年齢層も自分達とかけ離れていないというのもポイントです。最初は『Ron Herman』で扱っていただいて、次に『Whim Gazette』。そして今回、『THE GOODLAND MARKET』でも展開してもらえることになりました。あとは自社ECサイトになります。今後は、店舗と一緒にワークショップなどのイベントをやっていけたらと思っています。スタッフの方にも色々と意見をいただきながら、ブランドを育てていけたら嬉しいですね。

それは凄くお店側としてもありがたいです。取り扱っているブランドさんの想いはしっかりと伝えているんですけど、やっぱりブランドさん本人が関わってくださるのとそうでないのは、お客様への伝わり方が全然違うと思っていて。実現できたら嬉しいです。

<nee mee>には、“人にも地球にも優しい”という大きなテーマがあるのですが、hand to handというか、face to faceというか、自分の知らないところで何かするのではなく、対面して目を見て想いを伝えるっていう部分は大切にしていきたいです。先日も残糸を使ってヘアキャップを作り、病気と闘う子供たちに寄付をしました。地球環境というと壮大なことを考えてしまいがちですが、自分たちで実際に届けに行ったり、身近な人と人が手を取り合っていく小さな活動も大事にしています。これからもこのGIVING BACKプロジェクトは継続してやっていきたいことの一つです。

素敵です。なぜ、『THE GOODLAND MARKET』と取り組もうと思ったんですか?

豊島の担当の方から、興味を持ってくださっていると伺いまして。先日オンラインで初対面させてもらった時にお店のコンセプトや想いを語ってくださったんですが、熱い気持ちが凄く素敵でした。お客様としっかりコミュニケーションを取りながら販売し、さらにそれを循環させていくことも、とても深く考え大切にされている印象でした。<nee mee>と『THE GOODLAND MARKET』は、出会うべくして出会ったと思います!

ありがとうございます(笑)

あと、モデルのお仕事を長年してきた中で、洋服を作るというタイミングは結構あったんですけど、たくさんのものに触れたり見た中で自分が作るとしたら、ただ消費されるのではなく、そこに意味があったり素敵なストーリーがあるものにしたかったんです。年齢と共に、私自身もそういうものを手に取るようになってきたので。

そういった考えになられたのはいつ頃からですか?

自分自身のこととして考えるようになったのは、サステイナブルの取り組みが世の中に広まってきたタイミングなんですが、元々いらない衣服を捨てずにリサイクルしていたり、ものが捨てられないし、古着とかも大好きなんです。簡単に捨てたくないとか古い物を再利用するとか、そういった想いの核は私の中にありましたね。今ファッション界でも、それを具現化してくれる企業だったりお店やブランドがたくさん出てきているじゃないですか。たくさんの情報があるので背景からものを選びやすい環境になりましたよね。とはいえ、あれはダメこれもダメみたくストイックになり過ぎずに、ファッションの楽しさや、素敵な物を身につけた時のドキドキする気持ちは持ち続けたいです。なので、できる範囲のことを一つ一つやっていくことをモットーにしています。

そういう想いがコンセプトや『#100年後の地球にワクワクしたい』ってことに繋がっているんですか?

そうですね。やっぱり可愛いものを見たらワクワクするし、素敵なものに触れたら欲しくなるし、美味しいものを食べたら豊かな気持ちになる。そういった気持ちを大切にして自分自身が楽しんでキラキラすることで、初めて周りに目を向けられたり優しくなれたりと余裕が出てくる気がします。まさに「need me」ですね。

それでは商品についてお伺いしたいのですが、プロジェクト第一弾となるデビューコレクションで使用した「TRUECOTTON」を選んだ理由を教えてください。

まずは素材の気持ち良さです。それこそ、最初にお話したマスクの企画の時にできたものをみて、こんな下着やお洋服があったら心地いいし最高なのにって(笑)。その後、作り手の方のお話や工場の背景など伺い、それを含め選ばせていただきました。

setup : 片袋ショーツSET [ neemee002-TGM13i ] ¥11,880 (税込)
setup : 片袋ショーツSET [ neemee002-TGM13i ] ¥11,880 (税込)

ずっと作ってみたかったというボディスーツの魅力も教えてもらえますか?

ボディスーツって冬の寒い時にどんなに動き回ってもお腹や背中が出ないのがいいですよね。今まではボディスーツというと窮屈なイメージがあったと思うんですが、<nee mee>のアイテムは凄く伸びる素材なので、ワンサイズ展開でやっています。ボディスーツなのに着ている感覚がなく暖かいです。

suit:ロンTeeボディスーツ [ neemee009-TGM13i ] ¥17,600 (税込)
top : 裏毛トレーナー [ neemee006-TGM13i ] ¥17,600 (税込)
bottom : 裏毛パンツ [ neemee007-TGM13i ] ¥19,800 (税込)

HPで拝見しましたが、様々な体型のモデルさんが着ていますね。

サイズ展開があると購入する時に悩んでしまうと思うのですが、体型がバラバラでも大丈夫だよ、というのを知ってもらいたかったんです。モデルさんみんな「気持ちいいー」って言ってくれていましたね。

ブランドとしてこだわっているポイントや心がけていることなどあれば教えてください。

細かいディテールやサイズ感はとても意識しています。先ほどもお話ししましたが、どんな体型の方にも心地よく着てもらいたいので、トップスはお尻が隠れる丈感にしたり、バストのパッドの付け方にこだわったり。あとは下品にならないようにするのも重要です。着た時だけではなく、商品を置いた時にも可愛く見えるようにしたかったので、ハイレグではなくボクサーパンツのようなシルエットにしたり。下着だからレースを使ったり女っぽさを出すとか、あんまりそこに興味はなくて。ヘルシーでメンズライクな女性というか。そっちの方が逆に女性らしいんじゃないかって。

苦戦したところはありますか?

最初のデビュー作ではサンプルを4回、5回作りました。洋服をコラボして作ったことはあったんですけど、下着というか肌に一番近いものを作るのは今回が初めてだったので、作り方や縫製工場が違うということも初めて知りました。洋服を作る感覚で考えちゃいけないんだなと新しい発見でした。

適正価格ってことにも凄く意識されているようですが。

はい。実際に工場に行って、作り手さんと直接お話しする機会を持てたのは大きいです。ものづくりって本当に深い。一つのものを作るのにこれだけ多くの人が時間と労力をかけて、技術を駆使して作ってることを知ったらね。やっぱり感慨深いものがありました。ファストファッションの良さもあると思いますが、適正価格を提示することは人や技術を守ることにつながりますし、こだわって作っている方たちの想いをきちんと伝えられるブランドにしたいですね。

今回のラインナップについて聞かせてください。

今回は家の中でも外でも着られるようなアイテムが多いです。最近はオーバーサイズのものが多かったから、今回のスウェットやカシミヤシリーズは少し気が引き締まるサイズ感で作っています。あえて(笑)。自粛生活が続いているので、寛ぎ過ぎちゃダメだよっていう気持ちも込めてます。でも生地は優しいっていう。楽なことばっかりしていると人間ってそれに見合った体型になってくるんですよね。例えば、イタリアの人って靴がキツくなっても新しい靴に変えないらしいんですよ。足の形が悪くなるからという理由なんですって。だから、みんな脚が細くて凄く綺麗なんですよ。そのことがずっと頭にあって、ダランってするとダランってなるんだろうなって思い。でも、今後はそれとは反対に、もっとラクしよう〜というテンションのラフなサイズ感も出す予定です。

top : 裏毛トレーナー [ neemee006-TGM13i ] ¥17,600 (税込)
bottom : 裏毛パンツ [ neemee007-TGM13i ] ¥19,800 (税込)

黄色も可愛いですね。

<nee mee>のテーマカラーが黄色なんです。黄色って凄くハッピーにしてくれる色だなと思って。我慢が続いている時期だから、視覚的にも明るい気持ちになってもらいたいということで、AWでは黄色をメインカラーにしました。

top : 裏毛トレーナー [ neemee006-TGM13i ] ¥17,600 (税込)
bottom : 裏毛パンツ [ neemee007-TGM13i ] ¥19,800 (税込)

今季の新作で使用されているTENCEL™×REFIBRA™(テンセル™×リフィブラ™)を選んだ理由を教えてください。

TENCEL™×REFIBRA™はとても環境に配慮された生地でいてとても滑らかな肌触りなので<nee mee>にぴったりだと感じました。サステイナブルな取り組みに関わらせてもらえることがありがたいですし、それを知ることができたことも嬉しい。<nee mee>を通して、自分も学びになるし、手に取った人にも発見がある。今回の商品は、TENCEL™×REFIBRA™とTRUECOTTONを混ぜ合わせた素材なので二重でサステイナブルです!

ちょっと話は変わるんですけど、HPにいたキャラクターについて教えてもらえますか?

2と3をモチーフにしたnee(ニー)ちゃんとmee(ミー)ちゃんです。環境のことやサステイナブルな話をするときに、堅苦しく難しいことだと思ってほしくないなという思いがあって。私もまだまだ勉強中で教えられる立場ではないので、neeちゃんとmeeちゃんに教えてもらう、その方が大人にも子供にも伝わりやすいかなと思ったんです。

これからやってみたいことはありますか?

素敵なアーティストさんがまわりにたくさんいらっしゃるんですけど、皆さん環境のことをすごく考えています。そういった方々と<nee mee>とで何か一緒に面白いことができたらと思っています。手持ちのアイテムを自然の中にあるもので染めてもらったり、普通ならゴミになってしまうもので新しいものを作り出したりとか。そんな体験はお金には変えられない学びになりますよね。何かを感じたり興味を持つきっかけになれたら嬉しいです。

これは定番で聞いている質問なんですけど(笑)。あなたにとってのサステイナブルとは?

凄い深いテーマですよね(笑)。言い方は変かもしれないですけど、究極は自分の心が豊かになることなのかなって思います。GIVING BACKプロジェクトや環境問題のことも、自分が与えているようで実は与えられていることばっかりだなって気づいたんです。そういうことで自分の心が豊かになっているし、そんな自分の姿を子供に見せていきたいです。心が豊かになることで持続可能な社会や環境を考えられる、人の心を豊かにできるのかなって。そういう想いや物事全てが循環していくことが、サステイナブルなのかなって思います。

それでは最後の質問ですが、100年後どんな地球だったらワクワクされますか?

100年後って意外と近い未来だと思うので、子供たちや孫たちが笑顔で楽しい環境にいられることを願います。

左)top:片袋レギンスSET [ neemee001-TGM13i ] ¥18,480 (税込)
右)Top:片袋ショーツSET [ neemee002-TGM13i ] ¥11,880 (税込)
Bottom:片袋レギンスSET [neemee001-TGM13i ] ¥18,480 (税込)

WEBやインスタグラムでしか情報収集ができなかった<nee mee>。今回、佐田さん本人から話を聞いてみて分かったことは、自身のフィルターを通してものづくりをしているからこその親近感。それが消費者の目から見ても想いが伝わるプロダクトになっているのだと感じました。『アーバンリサーチ 堀江店』のTHE GOODLAND MARKETの展開フロアでご覧いただけるので、ぜひとも見て感じてもらいたいです。

camisole : TRUECOTTONベア天竺キャミソール [ neemee011-TGM13i ] ¥8,690 (税込)

nee mee
“100年後の地球にワクワクしたい”。人にも地球にも優しいことやモノについて一緒に学び、発信していくプロジェクト。
HP:http://neemee.jp
Instagram:@neemee_official
Hashtags:#100年後の地球にワクワクしたい #neemee #ニーミー #23

佐田真由美さん
3歳からスタートしたモデルのキャリアは今年で41年。数々のファッション誌を中心に活躍し、幅広い年齢層から絶大な支持を得ている。今年で15周年を迎えるジュエリーブランド<Enasoluna>ではトータルディレクターを務める。2児の母。「nee meeの商品は写真では伝わらない部分があるので、実際に手に取ってこの気持ちよさを実感してもらいたいです!」。
Official Instagram : @sadamayumi

PROFILE

にいやん編集部

THE GOODLAND MAGAZINEを発行するにいやん編集部。にいやん編集長は常にGOODLANDを担うブランドやアイテムを探し求めている。その中でも今一番HOTなTHE GOODLAND MARKETのスクープを狙い、365日24時間、情熱を燃やし続けている。
※将来発刊を目指す架空の雑誌

FEATUREおすすめしたい記事

page top