外部サイトへ移動します
FASHION DEC 23,2022

メンズノンノモデル高橋璃央が語る、この冬着たい服のこと、連載のこと。

メンズファッション誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活躍中の高橋璃央さん、シーズン連載最終回。今回は、今の気分やアイテム選びのポイント、約一年間の連載を通しての変化など、気になる現在の高橋さんのファッション観を紐といていきます! この冬着たい服を使った、セルフスタイリングも紹介します!


※撮影時のみマスクを外しております。会話中はスタッフ全員がマスクを着用し、一定の距離を空けるなどコロナウイルス感染拡大防止対策を施したうえで取材を行っております。

— 本格的な冬に突入しましたが、服選びのポイントは秋から変わりましたか?

前回の記事のときと変わらず、長く着られるアイテムが好きですね。シルエットはワイドで、色はブラウンやベージュが気になってます! 気分としては、全体をベージュ系でまとめて、水色など淡い色をアクセントに使いたいなって。うまく取り入れて大人っぽく着たい。定番カラーとしてブラックとネイビーは落ち着くけど、ちょっと飽きていて、新しい色を求めてますね。

— 今日もベージュ系の服を熱心に見てましたね。注目しているアイテムはありますか?

今欲しいのは、めちゃくちゃビッグなデニムパンツ。靴が隠れるくらいのボリュームが理想です。モデルの先輩が着ていて、ビッグなニットと合わせていてカッコよかったんです。身長があるぶん、大胆なシルエットを選んでも成立するんだなって。振り切った格好にも挑戦したい。

— 服好きならではの探究心! 今回も、前回の撮影で着たアイテムを私服に取り入れていただきましたが、いかがでしたか?

前回紺ブレを合わせていたワイドのデニムパンツは、立体的なパターンで仕立てられたデザインが特徴で、穿き心地がいいうえにスタイルのアクセントになる優れた一本。個人的に好きなトレンチコートとの組み合わせで、大人っぽく着てみました。このデニムがあれば、シンプルなスタイリングだけど、サボってるわけでもなく、肩肘を張ってるわけでもなく、気の利いた感じを出せるんです。

前回は柄シャツと着たフレアのパンツのカーキを穿いてみました。スフレスウェットという名前の通り、着心地抜群でリラックス感があるけど、かっちり決まる品の良さがお気に入り。フレアシルエットに合わせて、インナーはデニムのウエスタンシャツを選んでアメカジっぽくしつつ、きれいめなジャケットとローファーで自分らしくメリハリをつけたミックス感を作りました。

— パンツのシルエットを主役にした素敵な着こなしですね。今回も、このシーズンで気になるアイテムを使った3つのスタイルを作ってもらいました。解説をお願いします!

一つ目はハンティングジャケット。ブラウンや水色をミックスしたチェック柄がクラシカルな雰囲気で、大人っぽいこなれ感を演出できる一枚。日頃から同じ色味でスタイリングすることが好きなので、ジャケットとマッチするベージュのグラデーションカラーでアイテムをセレクトしています。トップスはバンドカラーのシャツとカーディガンで品良くまとめながら、パンツはストンと落ちるワイドシルエットでラフさを加えて。かっちり感と抜けをバランス良く組み合わせてみました。

チェックハンティングジャケット ¥13,750 (税込)
ウールライクバンドカラールーズシャツ ¥5,500 (税込)
モールVネックカーディガン ¥7,150 (税込)
ヘビータックワイドパンツ ¥8,250 (税込)

次に選んだのは、ウールのオーバートレンチコートです。大人っぽく着られる冬のコートを探していて、まさに気分にピッタリでした。地厚な生地で、ある程度重さがあるので、きれいなシルエットが印象的です。ベルトでぎゅっと締めるとモードっぽく着られるので、大活躍しそう。サイジングもゆったりしていて、中に着ても嵩張らず、いろいろな重ね着も楽しめる。インナーに、トレンド感のあるハーフジップで顔まわりにアクセントを入れました。落ち着いた雰囲気のカーキを選んで、カジュアルになりすぎないようにバランスを取って。パンツも、ブラウンのウールライク生地で、質感と色の相性を意識して選びました。

トレンチオーバーコート ¥15,950 (税込)
ハーフZIPセーター ¥6,600 (税込)
ウールライクキモウストレートパンツ ¥6,600 (税込)
レザースポックシューズ ¥9,680 (税込)

最後は中綿ベスト。すごく流行っているので、着てみたかったんです。ベスト自体、どこかストリートっぽい感じがして、自分の顔に似合わないかなって思っていたけど・・・想像以上にしっくり! このベストはネックも高くてカッコいいし、身幅もあるので重ね着もしやすい。今回は、海外のスナップで見かけるような、ニットとシャツのレイヤードにユーズド感のあるデニムで優等生風のスタイルを再現。“自然体だけど雰囲気がある人”を狙ってみました。ベスト初心者なので、合わせやすいブラックを選びましたが、他の色や柄も試してみたいですね。

パデットベスト ¥8,800 (税込)
チェックダブルポケットネルシャツ¥6,600 (税込)
モヘアライクセーター ¥6,050 (税込)
デニムワイドパンツ ¥6,600 (税込)

— たしかに、どれも海外のスナップで見かけるような、シンプルだけどこだわりを感じるコーディネートでした。毎回、高橋さんが披露する着こなしが楽しみでしたが、ご本人は約一年間、連載をやってみていかがでしたか?

この連載は僕にとって、新しい服にチャレンジできる場所でした。たくさんの服から自由に選べるので、いつもと違うジャンルのアイテムや服装を試そうと思えましたし、感性を広げられた気がします。また、インタビューを受けることで、ファッションに関して頭の中で整理したり、何気なく思っているアイデアをまとめたりして、「今自分は何が気になっているか。どういうものが好みなのか」を改めて考えることができました。

— この連載を通して変化したこと、好きになったものはありますか?

冬だったらカーキ、夏なら赤など、ブラックやネイビー以外の色モノを選ぶようになりましたね。そのぶん服の組み合わせのバリエーションが増えて、スタイリングが楽しくなって。あと、季節を通していろいろな服を着たことで、好きなものと似合うものがわかりました。落ち着いた色味やワイドシルエットは、僕のファッションの軸です。

— よりファッションが楽しくなったというお話を聞いて私たちも嬉しくなりました! そんな高橋さんですが、洋服選びでの悩みはありますか?(笑)。最後に、スタッフの渡部が答えさせていただきます!

高橋 渡部さん登場!

渡部 璃央くん、全4回の連載にご出演いただき、ありがとうございました。何か悩みがあれば・・・(笑)。

高橋 落ち着いた色が増える冬に、新しい差し色をしたくって。どのように色を使えばいいかなって迷っていまして。

渡部 気になる色があったら、まず小物で入れると簡単です。バッグでもいいですし、スマホのショルダーストラップでもいい。璃央くんみたいに、ベースの色が決まっていたり、ワントーンでまとめたりする人は、バッグでオレンジやグリーンがちょっと入るだけで、お互いに引き立て合います。

高橋 なるほど〜。ちょっとずつ挑戦してみたいと思います! これからもファッションを楽しんでいきたいと思います。一年間、ありがとうございました!

— こちらこそありがとうございました。また、お会いできる日を楽しみにしています!

Model/Rio Takahashi
Photo/Takuro Shizen
Hair & Make-up/Ayako Higashikawa
Text/Hisamoto Chikaraishi[S/T/D/Y]

▼ARCHIVES

Vol.1 メンズノンノモデル高橋璃央がファッション愛を語る! 大好きなセンスオブプレイスの愛用私服と新作を紹介!
Vol.2 メンズノンノモデル高橋璃央が今着たい服、今やりたいこと。
Vol.3 メンズノンノモデル高橋璃央が好きな秋ファッションと、気になるアイテム選びの話。

FEATUREおすすめしたい記事

page top