外部サイトへ移動します
FASHION SEP 02,2021

毎日がちょっと楽しくなる、ANABELのある日常。


働く女性は何かと忙しい。
充実した仕事も大切にしたいし、仕事が終わったら心を切り替えてプライベートな時間も楽しみたい。

そんな“いつもの大切な時間”に必要なものを全部詰め込んで、そして寄り添ってくれるバッグブランド“ANABEL(アナベル)”が、URBAN RESEARCHよりデビューしました。

> NEWS「今日も明日も私に寄り添うバッグ。ANABEL(アナベル)デビュー」

Scene 1
慌てがちな朝の身支度

ANABEL POCKET tote ¥13,200 (税込)

顔を洗って朝ごはんを食べて、メイクして着替えて…あっアクセサリーも選ばないと。毎朝のことながら出勤前の身支度ってほんと大変。だけどお気に入りのバッグを見つけた私にはちょっとだけ余裕がある。
その日に必要なものがもう全部入っているから、あとはそのバッグをさっと持ち出せばOK。例え寝坊した朝だってそれだけで慌てる気持ちが少しマイルドになる気がする。このバッグはそんな風に出勤前の私をしっかり見守ってくれるのです。

Scene 2
玄関を開けたら気分を入れ替えて

ANABEL POCKET tote ¥13,200 (税込)
ANABEL STRAP ¥3,300 (税込)

楽しく出勤できればいいけれど、“ああ仕事行きたくなーい”なんて日ももちろんある。特に月曜の朝とかね。
そんな日こそ明るいお洋服を身につけて、大好きなコートを着て、そしてお気に入りのバッグをぎゅっと持つ。バッグの重みがしっかりしなきゃって気分になるし、出勤前に美味しいおやつを買ったり、帰りに何か素敵なものを買ってこのバッグにしまうことを考えれば憂鬱な気分もちょっと楽しくなるかも。どんな日もお気に入りのバッグは1日の相棒になるのです。

Scene 3
今日はお花を買いたい気分

ANABEL POCKET tote ¥13,200 (税込)

その日のバッグがお買い物の気分を決める時がある。
例えばかっちりとしたレザーバッグの日にネギや大根を買うのはためらわれるし、お気に入りすぎてクタクタになったエコバッグにずっと欲しかったちょっといいアクセサリーをお迎えするのもなんか違う。だからこそ普段の自分に近くって、それでいてビジネスっぽいピシッと感がある白ベースのバッグはどんなお買い物もどんとこいな安心感がある。綺麗な花束と合わせてもいいし、牛乳パックとキャベツを入れても大丈夫な大きさだし、ネギがちょっとはみ出してたって可愛い気がする。当たり前の毎日を当たり前に過ごさせてくれる、すごいバッグ!

Scene 4
真四角なバッグとまん丸カップが可愛いティータイム

ANABEL POCKET square ¥11,000 (税込)

ランチは絶対にお気に入りのカフェに行くぞ。
そんな風に決めていたから今日のお供は真四角のフォルムが可愛いバッグ。
テーブルの上や空いた椅子の上にポンと置くだけで絵になるし、華やかなカラーニットとも好相性。まん丸なカップとか、おいしそうなサンドイッチの乗ったお皿との対比もなんだか楽しくてニンマリする。そんなことに気がつけばちょっといい気分で午後の仕事も頑張れそう。

Scene 5
いい雰囲気が欲しくなる日

ANABEL POCKET square ¥11,000 (税込)
ANABEL STRAP ¥3,300 (税込)

毎日繰り返すことに、刺激まではいかなくても何かを足したくなる時がある。
普段とそんなに変わらず、でもいつもとちょっと違う。例えば朝の出勤時に、いつもは手持ちのバッグにショルダー紐を追加して肩掛けするだけでもOK。両手が空くからいつもは音楽を聞くだけの出勤時間に小説を読めたり、手をしっかり振って隣駅まで歩いてみたり。ほらこれだけで朝の時間にちょっとした雰囲気が加わる気がして、楽しくなる。

Scene 6
休日に友達と気兼ねなく遊ぶ

ANABEL POCKET square ¥11,000 (税込)

“休日、友達と遊ぶためのバッグ”。つい気軽なエコバッグやトートバッグを選びがちだけど、最近は小さめのエコレザーバッグを選ぶことが多い。おしゃれなカフェでもレストランでもOKだし、公園や居酒屋なんかのカジュアルな場所でも馴染んでくれる。何よりこのバッグはきちんと自立してくれるから、どこに置いていてもさっと持ち運べるし(床置きしたクタクタのエコバッグの持ち手がなかなか探せなかった経験、あるよね)、あちこち移動する日こそストレスなく持ち歩けるって大事!

こんな風になんでもない毎日をちょっと楽しくしてくれる。
ANABELはいつだってあなたに寄り添ってくれるバッグが揃っています。

FEATUREおすすめしたい記事

page top