外部サイトへ移動します
FASHION SEP 12,2022

BUYER’S ReSEARCH Vol.6 men’s ver.
トラッドのなかに、大人の遊び心を感じる逸品

URBAN RESEARCH25周年を記念したテーマ〝ReSEARCH〟に基づいた別注アイテム。Vol.6では、大人の余裕を感じさせる洗練された品々を紹介する。


羽織ればわかる秀逸なデザイン。世界観に魅了される特別なコート

SEEALL × URBAN RESEARCH STAND COLLAR ¥82,500 (税込)

生地作りやパターン、デザインに至るまで、どこかアートを感じるブランド〈SEEALL(シーオール)〉。デザイナーのパーソナリティが色濃く表現され、バイヤーが特にリスペクトを抱くブランドのひとつだ。その〈SEEALL〉の世界観を存分に味わえる、先染めチェックのウール素材を使用した別注コートが誕生した。デザイナーの瀬川氏が作り出す、グリーンやオレンジの糸が織り込まれ微妙にモダナイズされたチェック柄は、表情も豊かでオリジナリティがある。形はミリタリーのディテールを踏襲したショップコートのようなデザインで、非常に魅力的だ。無駄のない洗練された素材とデザインのコートは、2022年の秋冬シーズンのコレクションで展開されている同素材のブルゾンやパンツと合わせた、セットアップスタイルやアンサンブルコーディネートもおすすめ。スタンドカラーなので、タートルネックなどと合わせれば、首回りのレイヤードも楽しめる。ユニセックスで展開しており、メンズならジャストサイズをモードに、レディースならオーバーサイズをラフに、好きなサイズバランスで楽しんでほしい。

時を経るほどに深みが増す、トレンドや時代背景に左右されないバッグ

PIENI × URBAN RESEARCH 別注 SISKO ¥24,200 (税込)
PIENI × URBAN RESEARCH 別注 VELI ¥49,500 (税込)

素材、工程、デザイン、仕様、馬具屋の技術・・・すべてのカテゴリを最小限でプロダクトするバッグブランド〈PIENI(ピエニ)〉との初めての別注シリーズ。バイヤーが実際にブランドの拠点である軽井沢に出向き、プロダクトの背景をより深く理解することでより魅力を感じ、今回のコラボレーションに至った。まずは「DOGUBACO」シリーズをベースに、トラベル型の大きめサイズと、デイリーに使用できるスクエア型、2型のデザインを一からリクエスト。トラベル型トートは大ぶりながら、表面部分を2枚構造にすることで絶妙なドレープが生まれ、スタイリングのアクセントになるボリュームのある逸品に。スクエア型トートはユニセックスで使えるサイズ感で、さまざまなスタイルに合わせられる。またインラインにはない、馬具に使われる〝舌遊び〟というチャームを取り付けたり、ライニングにはブラックのピッグレザーを使用するなどし、よりミニマムなデザインに仕上げた。デザインはモダンだが、長く使い続けるほどに味わいが増していく、その魅力に捕われていくだろう。

トラッドなアイテムを、ラフに着崩す大人の愉しみ

YLEVE × URBAN RESEARCH WOOL CASHMERE FLANNEL JACKET ¥89,100 (税込)
YLEVE × URBAN RESEARCH WOOL CASHMERE FLANNEL TROUSERS ¥42,900 (税込)

2022年の春夏コレクションから本格的にメンズラインをスタートした〈YLEVE(イレーヴ)〉。クラシックだけれど、絶妙な色味や抜け感のある世界観に惹かれていたバイヤーの念願が叶い、アーバンリサーチでは初めてとなるコラボレーションが実現した。一から完全別注したのは、アメリカントラッドなムードが漂うボタンを2列に配したダブルブレストのジャケット。肩幅は広くありながら、ボクシーでリラックスしたシルエットで、肩パットや毛芯のバランスなど90年代を彷彿とさせる。素材はカシミア混の圧縮ウールで非常に軽く、着心地も申し分ない。カラーはクラシックなネイビーと着回しやすいチャコールグレーの2色展開。ジャケットに合わせてほしいトラウザーは、ワイドでストレート。タック入りで腰回りはゆったりとしながらも、美しいシルエットを保つ実力は、さすがのひと言。上質とシンプルを徹底しながら、今の気分を表現する〈YLEVE〉らしい逸品だ。パーカーやスニーカーに合わせてドレスダウンし、気負わずに着こなしてほしい。

PROFILE

佐藤祐輔
URBAN RESEARCH MEN’S BUYER
Instagram @ yskjohn


URBAN RESEARCH
ONLINE STORE
Instagram
urban_research
urbanresearch_men(メンズアカウント)

> ReSEARCH URBAN RESEARCH 25th

BUYER’S ReSEARCH ARCHIVES

Vol.1 スタンダードだからこそ光る 細部に宿るこだわり抜かれたセンス
Vol.2 硬派な表情のなかにクラフツマンシップを秘めたアイテム
Vol.3 着る人それぞれのストーリーを紡ぐ
Vol.4 今年の夏、装いのキーワードは〝都会的ムード〟
Vol.5 時代のムードを反映した、ニュースタンダード

Edit & Text/Shoko Matsumoto

FEATUREおすすめしたい記事

page top