外部サイトへ移動します
FASHION MAR 19,2022

BUYER’S ReSEARCH Vol.2 men’s ver.
硬派な表情のなかにクラフツマンシップを秘めたアイテム

URBAN RESEARCH 25周年を記念したテーマ〝ReSEARCH〟に基づいた別注アイテム。Vol.2では、これからの季節に似合う、クラフツマンシップに溢れた3品を紹介する。


クラフツマンシップが生む
極上のクラシックシューズ

Le Yucca’s × URBAN RESEARCH
別注 YEB2 URSP LOAFER ¥127,600 (税込)

URBAN RESEARCHが考える、いま最も美しくクラシックな靴を作る日本人デザイナー村瀬由香氏によるイタリアのシューズブランド〈Le Yucca’s(レ ユッカス)〉。今回の別注デザインのベースは、某イギリスブランドの90s名作。元々ビスポーク・テーラーのみで展開していた品番を、日本とイタリアでのリモートミーティングを幾度も重ね、〈Le Yucca’s〉流にアレンジしてもらった。デザイナーが師であるエンツォ・ボナフェから受け継いだ木型を日本人向けにモディファイし、素材にはイルチア社製のレザーを使用。フィット感とツヤ感のバランスが抜群の一足に仕上がった。また、シングルストラップには、1mm単位で調整を繰り返したオリジナルバックルを採用。表側と内側のライニングの間に極わずかに覗くグログランを挟み込むなど、さりげないこだわりがエレガントなムードをぐっと押し上げている。内側のヒールはスクエア型に落としたデザインに。足を組んだときに見える、靴のシルエットにまで配慮を欠かさない。ブランドロゴとURBAN RESEARCHのサインは、一足ずつデザイナーによる手書き。そんなスペシャル仕様もうれしい。上品だけれど歩きやすいので、色褪せたデニムやチノパンなどカジュアルなボトムスに合わせて、ガシガシ履きこなしてほしい。

オンリーワンがうれしい
アートピースのようなデニム

SEVEN BY SEVEN × URBAN RESEARCH
別注 5 POCKET TAPERED PT ¥30,800 (税込) ※店頭販売中、オンラインストアは近日発売

2013年にコンセプトショップを立ち上げ、2015年に本格的にオリジナルブランドとしてスタートした〈SEVEN BY SEVEN(セブン バイ セブン)〉との別注デニムは、同ブランドの2022年春夏コレクションでシャツやスウェットなどに採用されていた、マーブルプリント加工を施したもの。オリジナルの手法で一つ一つ染めあげているため、柄の出方や色のつき方はふたつと同じものがなく、すべてが異なる一点もの。角度や光の加減によっても、地の色によっても、その模様の見え方が変わるのがユニークだ。揺らいだ波のようにも感じられる、まるでアートピースのような一本。少し細身のシルエットが特徴のモデルは〈SEVEN BY SEVEN〉の新型だ。ホワイトシャツやカットソーなどを合わせて、クリーンなイメージでまとめるのがおすすめ。余談だが、デザイナーの川上淳也氏は、Mr.Childrenの曲を歌わせたら、右に出る者がいない。そんなデザイナーの人間性溢れるクリエイションに、今後も目が離せない。

プリミティブなバスクシャツを
モダンにアレンジした逸品

SEEALL × Le minor × URBAN RESEARCH
別注 GRAND AMI ¥20,350 (税込)

2019年にスタートした〈SEEALL(シーオール)〉。そのデザイナーである瀬川誠人氏のワードローブのマスターピースでもあるフランスの老舗ブランド〈Le minor(ルミノア)〉とのコラボレーションで、特別なバスクシャツが誕生した。ベースは〈SEEALL〉のインコレクションで展開されているオリジナルデザイン。前立てにふたつボタンを並べたヘンリーネックで、ヘビーオンスのハリ感が際立つミリタリーのスリーピングシャツのようなシルエットが特徴的だ。カラーは〈SEEALL〉の定番である白と、瀬川氏の『画家パブロ・ピカソが着ていたようなブルーを作りたい』 というリクエストにより、現在では未展開のジタンブルーを復刻。コーディネートによって選ぶことができる、異なる雰囲気を楽しめる2色展開が実現した。ディテールへのこだわりも熱く、オリジナルデザインのWネームを使用したタグにも要注目。オーセンティックなマリンテイストのアイテムが、華麗にモダナイズされた一着を、ぜひワードローブに加えてほしい。

PROFILE

佐藤祐輔
URBAN RESEARCH MEN’S BUYER
Instagram @ yskjohn


URBAN RESEARCH
ONLINE STORE
Instagram
urban_research
urbanresearch_men(メンズアカウント)

> ReSEARCH URBAN RESEARCH 25th

Edit & Text/Shoko Matsumoto

FEATUREおすすめしたい記事

page top