外部サイトへ移動します
FASHION NOV 18,2022

人気ブランドが集合! 「“着たい”も“似合う”もあったかい♡も叶える、骨格タイプ別アウターコーデ」 ナチュラル編

似合うファッションを導き出してくれたり、自分の新たな魅力を知るきっかけになる骨格診断。冬の着こなしの主役になるアウターもこのメソッドを頼りにセレクトすれば、似合うのはもちろん、スタイルよくキマリます。


骨格診断とは

骨格診断とは、体の重心バランス、肌の質感、脂肪や筋肉のつき方、骨の出方から自分自身の体型を最も美しく見せてくれるファッションアイテムや似合うヘアメークを導き出すメソッドです。診断結果は、〝ストレート〟〝ウェーブ〟〝ナチュラル〟の3タイプに分かれ、それぞれ似合うものやテイストが異なります。自分の骨格タイプを知ることで、長所や短所がわかり、スタイリングもより洗練された印象に。

> 骨格診断チェック項目はこちら!

棚田トモコさん
雑誌CLASSY.やJJなどでファッション・美容ライターとして活動する傍ら、骨格診断アナリストとしても活動。Three PEACE所属。
著書に『No Kokkaku,No Fashion!』(光文社)
Instagram @ tomoko_tanada

URBAN RESEARCH

照喜名/167cm(URBAN RESEARCH キラリナ京王吉祥寺店)

URBAN RESEARCH ロングコクーンキルティングダウン ¥29,700 (税込)
URBAN RESEARCH Vネックチュニックニット ¥13,200 (税込)
URBAN RESEARCH ストレッチセミワイドデニムパンツ ¥13,200 (税込)
SUICOKE RON-M2ab-MID ¥25,300 (税込)
LAMPEYE エナメルトートバッグ ¥15,950 (税込)
URBAN RESEARCH リバーシブルボアハット ¥6,050 (税込)

スタイリングポイント

ナチュラルタイプは、骨やスジが目立つのが特徴です。それを活かすには、ゆったりとした大きめサイズの服をまとうこと。逆にコンパクトなものは窮屈に見えたり、物足りない印象に。小物も大きめのものをセレクトすると全体のバランスがとれます。

ざっくりとした大きなキルティング加工が施されたコートはナチュラルタイプのしっかりとした骨やスジと調和します。また、肌がドライな印象なので、生地をこすり合わせたときにカサカサという音がするような質感のものがしっくり。こちらのコートはまさにそうです。

なんでも“大きめ”が似合うので、バッグも靴もボリュームのあるものをセレクトしましょう。コートをはじめとした、ゆったりとしたサイズ感のアイテムともバランスがとれ、洗練度がぐんと高まります。靴も存在感のある、ぽってりとしたフォルムのものを。

URBAN RESEARCH DOORS

笠原/161cm(URBAN RESEARCH DOORS ららぽーと立川立飛店)

GERRY×DOORS 別注リバーシブルジップブルゾン ¥18,700 (税込)
DOORS UR TECH テレコタートルネックTシャツ ¥6,050 (税込)
O’NEIL OF DUBLIN×DOORS 別注Swing Skirt ¥28,600 (税込)
VINILO サイドゴアブーツ ¥19,800 (税込)
ORCIVAL メルトントートバッグS ¥12,980 (税込)

スタイリングポイント

肌の質感がドライに見えるのがナチュラルタイプの特徴のひとつです。そんな肌印象と存在感たっぷりの骨やスジを活かすのは、新しさを感じる生地よりも使い込んだような風合いのあるもの。色合いもスモーキーなものをセレクトするとより良さを発揮します。

ポコポコとした凹凸のあるボアはナチュラルタイプの味方になります。ほどよく厚みがあるので、ナチュラルタイプの大きな骨やスジをカモフラージュしてくれて、さらりとスタイルアップ。少しゆとりのあるサイズのものをセレクトするのがポイントです。

なんでも“大きめ”が似合う骨格タイプなので、柄スカートを穿くときも大柄なものを。小さい柄は骨やスジの存在感に負けてしまい、物足りない印象に。ちなみに、直線的な柄より曲線的な柄のほうが得意ですが、大柄で色味がアースカラー中心であればチェック柄もサマに。

URBAN RESEARCH Sonny Label

柳瀬/158cm(URBAN RESEARCH Sonny Label 錦糸町パルコ店)

Sonny Label フーディーダウンジャケット ¥20,900 (税込)
Sonny Label ハリスツイードポケットスウェットワンピース ¥8,470 (税込)
New Balance CM996 ¥15,180 (税込)
LE VERNIS キルティングクラッチバッグ ¥8,800 (税込)
CLIPPER ボブキャップ ¥4,950 (税込)

スタイリングポイント

マニッシュさを感じる骨格なので、男の子のクローゼットにあるようなアイテムがよく似合います。女の子らしい着こなしをしたいときもスウェットワンピースなどで気負わないカジュアルを体現するのがおすすめです。

リネンのような風合いを感じる肌質にリンクするのは、さらりとした質感の生地よりも、どこか素材感を感じるもの。色味も土っぽい印象があるものがよく似合います。ユニセックスに着られるスポーティなアウターはそんなナチュラルタイプにぴったりのアイテムです。

他の骨格タイプだとどこか野暮ったい印象になったり、着られた印象になりがちなスウェットワンピース。これがさらりとキマるのは、骨が目立ち、体に厚みがない骨格タイプだからこそ。スニーカーを合わせてヘルシーな着こなしを楽しんで。

KBF

遠藤/168cm(KBF ルミネ北千住店)

KBF ノーカラーロングボアコート ¥19,800 (税込)
KBF ラグランスリーブコンパクトスウェット ¥7,700 (税込)
KBF エクストラスリーブブラウス ¥8,250 (税込)
KBf ベロアセミフレアスカート ¥8,800 (税込)
KBF パッチワークストレッチブーツ ¥11,000 (税込)
KBF ロングショルダーソフトBAG ¥7,810 (税込)

スタイリングポイント

肌質がドライに見えることから、ナチュラルタイプは真新しさを感じる生地よりも使い込んだ風合いに見えるようなものが得意です。指で生地を触ったときにさらっとしていないようなもの、冬ならムートンやベロア生地がしっくり。光沢感が少ないもののほうがハマります。

体を横から見たときに、凹凸が少ないのもナチュラルタイプの特徴です。それを活かすのは、ボリュームのある生地を使ったもの。たとえばコートなら厚みのあるボアコートを。しっかりとした体のフレームをしているので、スタイリッシュに着こなせます。

ナチュラルタイプが女性らしさをまといたいときは、ほんのり風合いのあるものを取り入れるのが正解です。たとえば、ベロアのスカートはドライな質感に見える肌によくマッチし、こなれた印象をあと押し。スカートの丈は長ければ長いほうがサマになります。

SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH

小野沢/160cm(SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH ららぽーと湘南平塚店)

SENSE OF PLACE ウールライク2WAYステンカラーミドルコート ¥14,300 (税込)
SENSE OF PLACE サイドスリットルーズカーディガン ¥6,600 (税込)
SENSE OF PLACE グラフィックロングTシャツ ¥3,850 (税込)
SENSE OF PLACE ストレートデニムスカート ¥6,600 (税込)
SENSE OF PLACE トラックソールサイドゴアブーツ ¥7,150 (税込)
SENSE OF PLACE ビッグフリンジニットストール ¥3,850 (税込)
SENSE OF PLACE 2WAYアウトポケットミニトートバッグ ¥5,500 (税込)

スタイリングポイント

しっかりとした骨があるナチュラルタイプだからこそキマるのがレイヤードスタイル。大きめのサイズ同士のものを重ねても着られた印象にならず、リラクシーな雰囲気で着こなせます。トップスはもちろん、ボトムスもゆったりとしたものを合わせてこなれ感を。

まとうサイズはもちろん、柄も大きめのものが得意なので、チェック柄なら遠目からでもそれとわかるものを。また、ぱきっとしたカラーのものよりもスモーキーカラーで構成されたもののほうがドライに見える肌とマッチし、骨格タイプの良さを活かしてくれます。

重ね着をしても着太りしないのもナチュラルタイプの長所です。逆にレイヤードをすることで洗練度がぐんと上がるので挑戦してみて。コートの下にざっくりとしたカーディガンを忍ばせるのも大正解。冬もどこかリラックス感のある着こなしを意識するとうまくいきます。

URBAN RESEARCH ROSSO

木村/164cm(URBAN RESEARCH ROSSO ルミネ新宿店)

ROSSO フードコート ¥48,400 (税込)
ROSSO ボトルネックジグザグニットプルオーバー ¥15,950 (税込)
ROSSO オーバーロングシャツ ¥16,500 (税込)
ARTESANOS Mary Jane strap shoes ¥21,780 (税込)
ROSSO カシミヤストール ¥24,200 (税込)
ROSSO コンビデザイントート ¥10,450 (税込)

スタイリングポイント

ナチュラルタイプは、ゆるさのある着こなしのほうがしっかりとした骨を活かせます。ワンピースを取り入れたコーディネートをする日もそれを意識すると簡単にスタイルアップ。長めの丈が得意ですが、冬は地厚なタイツを合わせることで膝が出る丈も攻略できます。

バサッと羽織った感じになるテント型のコートは、肩がしっかりしているからこそ着こなせます。細身のシルエットは窮屈な印象になるので、ゆったりとした身幅のものを。また、コーディネートで使う布の分量が多いほうがキマるので、ストールなども積極的に合わせて。

ケーブルニットはナチュラルタイプこそ似合うデザイン。取り入れることで、骨やスジをカモフラージュしながらも活かしてくれます。それ一枚で着てもサマになりますが、シャツワンピースの上に重ねることで、洒落感をまとったレイヤードコーデに。

UR LIVE配信!

2022年11月18日(金) 20:30〜 本記事と連動したUR LIVEを配信! こちらもぜひご覧ください。
【LIVEで骨格診断!】棚田トモコが選ぶバランスで着こなす最旬アウターコーデ

骨格診断チェック項目

チェックが多いものがあなたの骨格タイプです

[ウェーブタイプ]

[ナチュラルタイプ]

[ストレートタイプ]

FEATUREおすすめしたい記事

page top